「恩返しのためにもコーチに呼ぼうと思ってるんや」野村監督があの日、車中で明かした“池山隆寛への思い”

文春オンライン / 2020年3月22日 6時0分

写真

1993年の日本シリーズ。日本一を決め、胴上げされる野村克也監督

 数々の名言をたくさん残した野村克也だが、時にその言葉と行動が矛盾することがある。ヤクルト、阪神、楽天で監督をしていた時はグラウンドを見渡すたびに、「○○は評論家になっても挨拶をしないな」と不満を言っていた。だが文句を言っていた割には、評論家時代の野村は挨拶どころか、試合前にグラウンドに降りたことは皆無に等しい。だから現場の監督やコーチは「ノムさんはよく言うよな」と呆れていた。

「感謝の気持ちが大切」も、私がサンケイスポーツで野村担当をしていた2003年から05までの3年間で頻繁に聞いたが、ボヤキはあっても野村自身が「○○さんに感謝した」というセリフはあまり聞かなかった。

けっして面倒見がいい「親分」ではなかったが……

 大物OBや選手を「○○は人望がないからな」ともよく批判していた。しかしヤクルト、阪神、楽天で監督を務めた野村が、根本陸夫、星野仙一、古葉竹識、原辰徳のように自分を慕う後輩を「軍団」として新チームにつれていくことはなく、コーチに呼んだのはヤクルトの高畠導宏、阪神の柏原純一(いずれも南海での後輩で、打撃コーチ)の二人くらいだ。

 もっとも呼ばなかったのは理由があって、野村は「俺は星野みたいにマスコミや他球団への人脈がないから、クビになったらそいつも失業や」と言っていた。そしてもう一つは野村自身の影響力の大きさ(=敵の多さ?)。南海監督を解任された時、江夏豊、柏原といった「野村一家」と呼ばれた選手たちがトレードになった苦い思い出がある。

 けっして後輩や教え子の面倒見がいい「親分」ではなかった野村だが、楽天時代には一軍コーチにヤクルト時代の主力を呼んだ。それが池山隆寛である。

千葉マリンスタジアムまでの道中で

 あれは来季からの楽天監督の就任が決まった05年の日本シリーズ中だった。野村担当だった私は、サンスポで連載していた「ノムラの考え」執筆のため、都内の自宅から千葉マリンスタジアムまで送迎ハイヤーに同乗した。首都高速に乗ってしばらくして、野村からふとこう訊かれた。

「おい、池山ってなにしてるんや」

 02年に現役を退いた池山は、引退式ではファンに「(指導者として)ヤクルトに帰ってきます」と約束していた。サンスポやフジテレビで評論家をしていたが、ヤクルトは同じ歳の古田敦也が監督になっていて、池山に声がかかる環境ではなかった。

「どうして急にそんなことを言うんですか」

「俺が心配なのは池山だけなんや」

 不思議に思った私はそう聞き返した。というのも野村と池山との強い接点を感じなかったからだ。「ブンブン丸」と呼ばれて三振の多かった池山は、野村チルドレンの優等生ではなく、野村がヤクルト監督に就任した90年の開幕戦(巨人戦、篠塚利夫の疑惑のホームランで巨人が勝利したゲーム)は8番まで打順を落とされた。

 池山はそこから打率. 303、31本塁打、97打点と遊撃手としては史上初の「3割30本」を達成、キャンプでの毎晩のミーティングでは、達筆な字でこまめにノートを取っていた。それなのに見た目の豪快なイメージが強すぎるのか、勉強熱心さが野村にまで伝わらない。評論家野村の横に座って野球を見ているとたくさんの選手の名前が出てきたが、池山の名前はほとんど聞いたことはなかった。

 ところがハイヤーの中で、野村は目を細めてこう続けたのだった。

「俺がここまで来られたのは野手では古田、広澤(克実)、池山の三人のおかげだ。古田は監督になった。広澤は星野が阪神でコーチとして育てている。俺が心配なのは池山だけなんや。恩返しのためにも楽天でコーチに呼ぼうと思ってるんや」

投手コーチ就任を断った川崎憲次郎

 思わぬところで「恩返し」という言葉を聞き、私は心にじんときたが、問題は時期である。シリーズが始まった頃には評論家も来シーズンの契約が決まっている。実際、野村はその直前、投手コーチとして要請した川崎憲次郎から「テレビの解説が決まったので、すみません」と断られた。その途端、「川崎は感謝の気持ちがない」といろんな人に触れ回っていた。一度怒りに火が付くと胸の中に隠し切れずに人前で口に出してしまう。「大好き」がふとしたきっかけで「大嫌い」になるのも、野村克也の性格なのだ。

 野村が今にも池山に電話しそうだったため、私は「ちょっとトイレに寄ってもらえませんか」と腹を抑える振りをして、高速を降りてコンビニに寄ってもらった。車から見えない場所に移動して池山に連絡を入れる。

「監督が『ここまで来られたのは古田、広澤、池山の三人のおかげだ、その中でも池山が心配で、恩返しのためにも楽天でコーチに呼びたい』と言っているよ。断るなら監督が電話する前に、池山はヤクルトでコーチをやらなくてはいけないとか言っておくから」

野村の情に、池山は男気で応えた

 一気に喋った。正直、指導者としてヤクルトに戻るとファンと約束した池山は困惑するだろうと思ったが、池山は即座にこう言った。

「楽天のコーチやるよ。監督からの連絡を待ってるから」

「だけど球団(ヤクルト)やファンは大丈夫なの?」

「監督にそう言われたらやるしかないやろ。ヤクルトファンだって許してくれるよ」

 野村の情に、池山は男気で応えたのだ。その言葉に安心した。同時に外野にいる人間が余計な気をまわし過ぎたかなと反省した。電話を切った私がハイヤーに戻ると、野村は沙知代夫人が作ったおにぎりを食べていた。

「腹の具合は大丈夫か?」

「はい、もう平気です」

野村監督が見せた“感謝の気持ち”

 球場に着いてから野村は何度か席を離れた。なにをしていたのか聞くのも野暮だと、私も気づかない振りをした。シリーズ終了後、野村楽天の組閣の目玉として、池山打撃コーチが発表になった。そして池山は野村が楽天を去る09年までスタッフの一員として、「ノムラの考え」を楽天の若い選手たちに伝えた……。

 私はスポーツ紙記者時代の野村担当の一人として、「文藝春秋」4月号および「文藝春秋digital」に「 ノムラの考えはこうして創られた 」を寄稿した。数々の名言を残し、監督としてはつけいる隙のないパーフェクトな野球人だった野村克也が、こと野球以外となると、他人に厳しいくせに自分には甘い……確かに「挨拶しない」は他の球界OBたちが言う通りだったし、他にも人の不摂生には煩いくせに、本人はまったくの運動嫌いで食べ物の好き嫌いが激しいなど、言行不一致が大いにあったことを私はけっして否定しない。むしろそうした一面が見えたからこそ、長嶋茂雄、王貞治の偉大さとは違った親しみやすさが生まれ、野球に興味のないお茶の間にまで愛されたのだろう。

 ただし「人望」や「感謝の気持ち」については大いにあったと、弟子のコーチ就任の瞬間に少なからず関わった者として、私は答えるようにしている。

※「文藝春秋」編集部は、ツイッターで記事の配信・情報発信を行っています。 @gekkan_bunshun  のフォローをお願いします。

(本城 雅人/文藝春秋 2020年4月号)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング