「愛の不時着」北朝鮮出身女子大生が語るリアル 北の女性は本当に“闇市”で服を買わなきゃいけない?

文春オンライン / 2020年6月9日 11時0分

写真

韓国の財閥令嬢のセリ(左)と、北朝鮮軍将校のジョンヒョク(左から2人目)(韓国tvNホームページより)

北朝鮮の男女はどこでデートするのか? ドラマ「愛の不時着」8つの疑問に脱北した女子大生が回答 から続く

 いま人気の韓流ドラマ「愛の不時着」。その魅力の1つが、ドラマの舞台である北朝鮮の描写だ。ドラマで描かれる女性たちの生活はどこまでリアルなのか。北朝鮮出身の女子大生、キム・イェリさん(29歳、仮名)に聞いた。( 前編 から続く)

(*以下の記事では、ドラマの内容が述べられていますのでご注意ください)

◆ ◆ ◆

Q5:北朝鮮の女性はどこで服を買う?

 ドラマでは、北朝鮮に不時着した韓国の財閥令嬢・セリ(ソン・イェジン)が、社宅村の主婦たちと日本の終戦直後の闇市を思わせる市場「チャンマダン」で服を買うシーンがある。実際はどうやって、ファッションを楽しんでいるのか。

「デパートがあるのは平壌だけなので、やはりドラマのような市場で買い物をします。市場で扱われているのは北朝鮮製品や中国製品がほとんど。ときには韓国や日本、米国から入ってきた古着もあって、アクセサリーも売っています。

 ただ、本当に良い製品を買いたい人は、市場よりは密貿易をしている人から直接購入する。韓国や日本の製品を市場で売っていると、取り締まりに遭って押収される場合も多いので、高級品は家でこっそり売ったり、直接顧客の家まで持って行って売ったりします。このような物の中には、中国のデパートで買い付けてきた高級品も多く、市場の商品よりはるかに高いですが人気も高いです。   

 私の親族も、中国から持ち込んだ韓国や日本の製品を売買する仕事をしています。顧客からあらかじめ金を預かって、希望する製品を買ってくるサービスもしていました。娘の結婚を控えた夫人に頼まれて、冷蔵庫やテレビのような大きなものも持って来たこともあります(笑)。その親族は『お金さえもらえば、飛行機も買い付けてこられる』というのが口癖でした」(キムさん、以下同)

Q6:北朝鮮の女性には、どんな化粧品が人気なの?

 北朝鮮軍将校のジョンヒョク(ヒョンビン)がセリに頼まれて、市場で韓国製のシャンプーやリンス、化粧品などを買うシーンがある。実際に、北朝鮮ではどんな化粧品が流通しているのか。

「北朝鮮でもいろんな化粧品を生産しています。平壌化粧品工場で作る『ウンハス』(天の川)が最も有名なブランドです。商品としては、一般化粧品(スキンケア製品)、頭化粧品(ヘア製品)、顔化粧品(メーキャップ製品)、香水化粧品があります。最近は、男性化粧品も生産しています。若い女性はマスカラや口紅をよく使います。

 色はあまり目立たない色を好みますが、化粧法を韓国ドラマを見ながら学ぶためか、韓国製の化粧品が人気です。北朝鮮のおしゃれな人たちの間では、『雪花秀(ソルファス)』のような天然材料を使った韓国の漢方化粧品も好まれます。ヘア製品は日本製が人気。私も北朝鮮で資生堂のシャンプーとリンスをよく使っていました。私が住んでいた町の美容室では、パーマ剤やカラーリング剤は主に中国産を使っていたんですが、平壌の高級美容室では日本製品が多く使われています」 

Q7:北朝鮮にもウエディングドレスがあるの?

 ドラマには、闇営業のウエディングドレス店が登場するが、北朝鮮でも結婚式でウエディングドレスを着るのだろうか?

「ドラマとまったく同じですね。平壌の高級オーダーメード店では、密輸業者に依頼して、中国のデパートからウエディングドレスを買い付けて、密かに売ります。富裕層が主な顧客。扱うのは、中国製や韓国製、日本製のものが多いです。

 ただ、当然ながらウエディングドレスを買っても、それを着て結婚式を挙げることはできません。ウエディング写真を撮って記念するだけです。一般的な結婚式は主に食堂で行いますが、女性はチマチョゴリ、男性はスーツを着るのが一般的です」

 では、結婚する際にはどんな準備をするのだろうか。

「嫁入り道具としてはドラマのように6大家電(テレビ、冷蔵庫、扇風機、洗濯機、カメラ、CDプレーヤー)が必須です。韓国ドラマが見られるDVDプレーヤー、コンピューターを準備する花嫁も多いです。

 よく停電するので『家電なんて何の役にも立たないのではないか』と思うかも知れませんが、ある程度の収入のある層は、中国製の発電機や軍用トラックから取り出した蓄電池を利用して自家発電します。最近、平壌から脱北した友人の話によると、富裕層の間では婚礼には、携帯電話、オートバイ、アパート、そして持参金が必須だといっていました」  

Q8:ダンのようなお金持ちのオシャレな女性はいるの?

 ロシア留学の経験もあるソ・ダン(ソ・ジヘ)の一家は、母親が平壌のデパート社長。自宅には豪華な家具が揃い、母は外車を乗り回している。実際にそんなオシャレなお金持ちがいるのだろうか。

「おそらく0.01%くらいじゃないでしょうか? 北朝鮮の富裕層は、主に党幹部や軍幹部、そして新興資本家階級です。ダンのような資本家階級の子どもは、ファッションや生活水準がソウルの人と同じくらいといわれます。

 私は2度だけ平壌に行ったことがありますが、人々の表情が明るくてファッションも洗練されていて驚きました。冬の平壌の町には、ミンクやラクーンのようなファー製品、高級そうに見えるロングダウンを着ている人も多かったです。

 平壌に住む親戚の話によると、オーダーメード服店では、シャネルやヴィトンのような高級ブランド品も買えるそうです。富裕層の必需品はブランド品のほかは、ピアノや自動車でしょうか。党幹部は、国産自動車に乗り、資本家階級はアウディやBMWのようなドイツ車、ホンダのような日本車に乗っています。外車は海外から中古を買ってくるため故障も多いですが、ステータスになるようです。ドラマではダンの叔父のコ・ミョンソク(パク・ミョンフン)が外車に乗っていますが、実際には、軍幹部は平和自動車のような国産車に乗っていると思います。 

 個人的には、平壌に住んでいる貿易の仕事をする親戚の家に行ったとき、洗面所に日本製のビデがあるのを見て、驚いたことがあります。使い方が分からず戸惑いました。あの時、『平壌の人々は、私たちとはまるで違う世界で生きているんだ』と実感しました」 

◆ ◆ ◆

 キムさんは、北朝鮮国内で韓国ドラマを楽しんでいるうちに、「自由に歩き回れる暮らしがしたい」という思いから、韓国に脱出したという。家族はまだ北朝鮮に残っており、それを考えると憂鬱になるという。

「韓国に渡って、世界のどこでも自由に行けるようになりましたが、肝心の故郷には帰れなくなってしまいました。これまで意識的に、北朝鮮のことを思い出さないようにしていましたが、それでも『愛の不時着』を見ているうちに懐かしく思えてきました。このドラマに描かれている北朝鮮は、私が暮らしていた故郷よりずっと良いところでしたが……」

(金 敬哲/Webオリジナル(特集班))

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング