ヤクルトの新人広報・三輪正義が今季期待する「3人の男」

文春オンライン / 2020年6月19日 11時0分

写真

©三輪正義

 皆さん、初めまして。今回から「文春野球コラムペナントレース」に選手として参加することになりました、東京ヤクルトスワローズ広報部の三輪正義と申します。

 私のことをご存知ない方も多いと思いますので、自己紹介をいたしますと、2007年の大学生・社会人ドラフト6巡目でスワローズに入団し、12年間の現役中は、バントや走塁を得意とするユーティリティープレイヤーとして所々に輝き、昨年2019年に惜しまれつつ引退。今年からユニフォームをスーツに着替え、球団広報として日々奮闘しております。

 今回「文春ヤクルト」からオファーを受けまして、バットからペン、いやパソコンに持ち替えて、コラムの世界にも活躍の場を移すことになりました。どうぞよろしくお願いします。

広報という職に就いて驚いたこと

 ようやく2020年のプロ野球が開幕します。選手はもちろん、我々球団職員もこの日が来るのを今か今かと待ちかねていました。現役時代だったらこういうときは「あれこれ考えても、仕方ないや」とある意味割り切った気持ちで過ごしていたんでしょうが、球団職員は違います。「野球がないと、自分たちはなんにもできないんだなぁ」というある種の寂しさと無力さを感じつつ、ファンのためにできることは何かを考えなければ、と思い日々を過ごしていました。

 今年から広報という職に就いてみて、選手時代には知らなかった、思いもよらなかったことを多く経験し、いろいろと学ばせてもらっています。

 僕個人のことを言えば、現役中は100%あったら0.2%しかその能力を発揮させてやることのできなかったパソコンです。入社当初はPDFとかギガファイル便とか知らない単語ばかりで頭が真っ白に。今担当しているTwitterも、現役時代はやったことなかったし、「リツイート」という言葉の意味もわかりませんでした。しかし、今では画像の添付もできるし、エクセルの表計算も使いこなせるようになりました。エクセルの賢さには本当に驚いています。

 また、コロナが深刻化する前の今年の2月には、地元の青山外苑前商店街のみなさんとの新年会に出席しました。そこで他の商店街との野球の対抗戦があると聞かされ、思わず「現役ではレギュラー取れなかったですが、ここではしっかりとレギュラー取れるように頑張ります」と挨拶して、少なからずの笑いを取りました。

 またスワローズ主催の「投げ方教室」にも参加。子どもたちに野球の楽しさを知ってもらう授業を行っています。コロナの状況が変われば、ずっと続けていきたい僕の大事な仕事です。

在宅勤務中に考えたSNS企画

 この仕事に就いてからは、ほとんど内勤でしたが、2月のキャンプには少しだけ参加しました。期待の新人・奥川恭伸投手の「初ブルペンの日」にお呼びがかかったのです、群衆整理として。押し寄せる観客を誘導したりもしましたが、あまり役に立たなかったのか、ブルペンで奥川くんの後ろから動画を撮る大役を任されました。

 全国から注目の的の投球。一球たりとも逃すまいと、集中して動画撮影用のスマホを構えていたら、ポケットの中で突然、私用のスマホが震えました。「なんだよ!」と画面を見ると「高津臣吾」という四文字。慌てて出ると「お前映りすぎじゃ〜」となぜか怒号が。ネットでの生中継、その画面に僕がバッチリ映っていたそうです。

「監督、これ仕事なんです!」と言いましたが「隠し撮りしてんじゃないだろな」と返され……高津監督流のイジりにビックリしました。しかもその後はバッティングピッチャーやランナーもやらされて……。2軍の選手の前で現役時代さながらのナイスランをかましましたよ。

 4月、緊急事態宣言が出て職員は在宅勤務になりましたが、その間はずっと企画を考えていました。ファンの方々が、野球がないときでも楽しんでもらえるSNSの企画を考えました。そのとき思いつき、最近ようやく形になったのは「スワQ ~選手が選ぶ忘れられない名場面~」という動画です。選手たちが自分のプレーに関する問題を出すという球団公式YouTubeで見られるものです。今まではTwitterが広報のメインツールでしたが、YouTubeの登録者数も増やして、SNSを強化したいと考えていたんです。

 こういうときは去年まで現役だった強みで、選手にはグイグイ行きたい。でも、ユニフォームを脱いだんだし、あまりに馴れ馴れしい関係も良くないのかな、と悩んだりもしています。でも、僕のことを先輩とも思っていない後輩たちから「三輪さん相変わらずだな」と思われるのもしゃくなので、適度な距離を保って接しているつもりです。

 動画は結構苦労して撮影し、ある程度のところまで編集もしているのですが、ファンのみなさんからは「問題が簡単すぎる」という“苦情”も寄せられたので、今度からはもっと難しいものにしようと思っています。

広報三輪が今シーズンに期待を寄せる3人の男

 今年は120試合、かつホームでいきなり15連戦と超変則日程となってしまいましたが、選手たちは準備万端です。

 そのなかで、広報として期待する選手を野手、投手、捕手で3人あげたいと思います。

 まずは野手。坂口智隆。坂口は首位打者を取ります。もうこれは決まっていることなんです。昨年、ケガをして坂口がファームにいるときに僕はずっと言い続けていました。「大丈夫、大丈夫。来年は首位打者なんだから、これは決まっている。安心しろ」って。

 そんな坂口は「いや、ワシ手ぇ痛いやん」とかボヤくんですけど「大丈夫、治るから」って僕は勝手に言ってたんです。全国5000万人の坂口ファンの皆さん、安心してください。とにかく明るい安村じゃないけど、坂口は首位打者を取ります。これは決定事項なんです。

 投手は2年目の坂本光士郎。左でストレートは140キロ後半が出て、本当にいいピッチャーなんですよ。でも気持ちで負けることがある。それまでいい球投げてるのに、フォアボール出したりすると、急にふっと気持ちで負けることがある。

「ふざけんなお前! お前は誰と勝負してんだ!」と去年はわざわざベンチで活を入れた男です。なぜ坂本が気になって仕方がないかと言うと、坂本の高校時代の恩師・如水館高校の迫田監督(現・竹原高校監督)が僕の高校時代(下関中央工業高校)の恩師・山崎康浩監督(現・南陽工業高校監督)の恩師なんです。言ってみたら全く縁のない後輩ではない。だから面倒見るといったら偉そうかもしれないけど、どうしても今年は活躍してもらわなきゃ困るんです。

 最後は3年目のキャッチャー松本直樹。彼は香川出身で、僕が独立リーグ・香川オリーブガイナーズにいた時、小6の松本少年にサインをしたそうなんです。聞けばそれはプロ野球選手からもらった初めてのサインだとか。そんなこと言われたら絶対放っておけないじゃないですか。

 しかも、松本は去年の僕の引退試合でプロ入り初ホームランを打ってくれた情に厚い男。確かに楽天から嶋も入ってきて、キャッチャーの層は厚くなったけど、松本は捕ってから早いし、セカンドスローはチームで一番。1軍で出られないわけがない選手なんです。

 さて、文春野球でこうして初めての打席に立ったわけですが、開幕戦の相手と同じドラゴンズと、HIT数の多さで白黒をつけるというルール、実は監督さんに言われるまで知りませんでした。

 現役時代からプレッシャーには強いほうですが、果たしてHITを押してくれるか少し心配になってきました。僕のことを慕う後輩は多いはずなんで、大丈夫だとは思いますが……。

 頼むよ、原樹理。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2020」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/38499 でHITボタンを押してください。

(三輪 正義)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング