2020年6月30日の札幌ドーム──上沢直之の1年、中島卓也の12年

文春オンライン / 2020年7月3日 11時0分

写真

378日ぶりの登板を果たした上沢直之

 6月30日、ファイターズ対ホークス1回戦。この試合はいろいろと感慨深いものになりました。

 まず軽いところでいうと、ファイターズの今季ホーム初戦。6月19日の開幕以来、ずっとビジターゲームが続いておりました。遂に、ようやく、10試合目にして待ちに待ったホームゲーム! もちろん今年の場合、待ちかねたファンで札幌ドームのスタンドが埋まる訳ではないのですが、それでもやっぱり心持ちは違います。思えば開幕前の練習試合もずっとビジターで、本当に久し振りの札幌ドーム。やっと、この日が来たんですねえ。

 といってもこれは前座といったところ。「やっと、この日が」のメインイベントは、ファイターズの先発投手です。前日に予告先発が発表された時から、ツイッターのTLは一気に色めき立っておりました。上沢直之378日ぶりの復帰登板!

 この文春野球でも何度もファイターズコラムの題材となっておりますが、打球が直撃して左膝の皿を骨折したのは去年6月18日のことでした。整復固定手術を受け退院したのが30日。そのあと初めてブルペンに入ったのは今年2月の春季キャンプ。実戦復帰は6月2日の練習試合で2イニングでした。12日には3イニング。20日のイースタンリーグ開幕戦で更に5イニング。そしてとうとう1軍のマウンドに戻る日が来たのです。怪我をしてから378日。退院してから丸1年。長かった。長かった!

堂々と札幌ドームのマウンドに帰ってきた上沢

 予告先発の報を受け、《コーヒー豆買ってきます》とツイートしたのは文春野球ファイターズえのきど監督。そう、えのきど監督はこの1年間、快癒祈願のコーヒー断ちを続けていたのです。エースを待ちわびるファンの写真やイラストもいくつもTLに流れてきました。開幕からの9試合は4勝5敗、全部ビジターだったことを考えればそこまで悪い結果でもないと言えましょうが、イーグルスとの6連戦では何と18失点という大敗も喫したりして、どことなく何となく心なしかファンはおとなしくなっていたような空気があったのです。それがこの予告先発で一変しました。彼の元気な姿を早く確かめたくて、皆そわそわし始めたんです。

 とはいうものの最初からあまり過剰な期待はかけちゃだめだと自分に言い聞かせておりました。滅多に聞かないような大怪我だったんです。長い長いリハビリ期間だったんです。試合勘もまだそれほど戻っていないかもしれません。練習試合や2軍戦でも長いイニングを投げた訳ではないのだし。もしかしたら3回ぐらいまでかもしれないけれど、それでもいいじゃないか。とにかく1軍に戻ってきたんだから。

 そう思って迎えた翌日の試合、上沢直之が投じた初球は150キロのストレートで見逃しのストライク。1回表は15球で三者三振という立ち上がりです。病み上がりだからとあらかじめ言い訳を用意していたような態度でいたのを大いに反省しなければなりません。彼は堂々と札幌ドームのマウンドに帰ってきました。

 5回を投げたところで69球。この時、試合は1-1の同点でありました。復帰初戦であることを考えるとベンチも無理はさせますまい。6回から継投に入るんじゃないかしら。でもそうなると、彼に勝ちがつくためには5回裏に勝ち越さなければならない。

 いや、勝ち星なんておまけです。小さなことです、再び投げられるようになったということに比べたら。こんなに好投しているだけで十分ではないかと思いながら、その好投に「勝利投手の権利」で花を添えられたら、という気もやっぱりしてしまうのですね。

 という観点のみで5回裏を注視していたものですから、気がつくのが少々遅れてしまいました。期待もむなしくファイターズは三者凡退の無得点に終わった訳だったのですが、この回のラストバッターだったのが中島卓也。彼のセカンドゴロでスリーアウト、これで5回が終わって試合成立となりまして。

 中島卓也、1000試合出場達成。

 この日この試合の意味がもう1つ増えました。

偶然のきっかけから……中島の12年

 2008年のドラフト会議でファイターズが福岡工業高・中島卓也を指名することになったのは、当時の岩井隆之スカウトの眼力によるものです。ただ、これは安倍昌彦氏が何度も書いているように、偶然のきっかけからでありました。2011年の安倍氏の単行本『スカウト魂 たたき上げの詩』では岩井さんは福岡工業高のエース三嶋一輝を見に行っていたと書かれていますが、2015年6月9日付の安倍氏のNumberWebコラム「マスクの窓から野球を見れば」では、《相手チームのバッテリーを見に行った試合》という岩井さんの言葉が引かれています。どちらにしても《目当ては中島じゃなかったんだ》というのが12年前の岩井さんでした。しかし次々とショートゴロをさばく中島少年の動きは、自身が名ショートであった岩井さんの目にとまります。

《何日かして、今度は練習を見に行った。ショートのフィールディングを見に来ましたと言ったら『ええっ、ピッチャーじゃないんですか?』って、監督、びっくりするんですよ。ほかはノーマークだなって、ちょっとホッとしてね》(『スカウト魂 たたき上げの詩』より)

 今日スカウトが来ていたぞと監督から言われた中島少年は、ああ三嶋を見に来たのか、でも何で自分に言うんだろうと思った、という記事を読んだことがあります。いやおまえを見に来ていたんだよと聞くその瞬間まで、高校からのプロ入りなど彼は考えてみたこともなかったのかもしれない。それを思うと、いつも不思議な気がしてくるのです。

 1軍初出場は3年目の2011年4月20日のことでした。それから10年かけてたどり着いた1000試合目。守備はよくても打撃が非力過ぎると高校の監督にも思われていた少年が、平均引退年齢の29歳も平均在籍期間の9年もクリアして、長いプロ野球の歴史の中でも彼以前に504人しかいない1000試合出場を成し遂げた。これは静かな快挙でありましょう。

 このあと試合は結局双方譲らず、1-1の引き分けとなりました。試合後のTLの雰囲気はいたって和やかなもの。投手陣が皆好投して負けなかったんだからナイスゲームだったよねという明るさの中、うわっち卓ちゃんおめでとうと2人の笑顔を並べたイラストや、中村勝・高梨裕稔など元チームメート達からの祝福ツイートが次々と流れてきました。

 勝たなかった試合でも、こんな風になることがあるんだ。楽しそうにさざめいて。別に誰も何の無理もせず、心から嬉しそうに。

 2020年6月30日。ファイターズの新しい記念日です。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2020」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/38668 でHITボタンを押してください。

(青空百景)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング