「初見でホームランを打っちゃった」藤井聡太、戴冠への道中で何が起きたのか

文春オンライン / 2020年7月23日 11時0分

写真

史上最年少でのタイトル奪取を果たした藤井聡太棋聖 代表撮影

 藤井聡太七段が、渡辺明棋聖とのヒューリック杯棋聖戦五番勝負を制して、17歳11カ月で史上最年少でのタイトル獲得者となった。

 そんな彼については、連日「すごい」と賞賛する報道がなされているが、具体的に何がすごいのか――。よく言及される「終盤力」や「AIを用いた研究」というのは、彼の「すごさ」の一要素ではあるだろう。しかし、それがすべてではないことは、多くのファンが感じていることだろう。

 本稿では、この「藤井聡太のすごさ」を改めて考えてみようと、彼の将棋をデビュー当時から見てきた記者が集まり、その「すごさ」を具体的に語ってもらった。記者が感じる藤井聡太の凄みは、果たしてどのようなものなのだろうか――。さっそく本論に入りたいところだが、その前に、編集部から提案されたひとつのルールについて触れておきたい。

「藤井聡太棋聖の快挙を報じる記事が増えるなか、私たち表現する側も試されているのではと感じています。食レポであれば『おいしい』ということばは使わずに味を表現するのが作法です。藤井棋聖は、デビュー以来数々の記録を打ち立てるたびに『すごい』と言われてきましたが、ことばの重みが薄れてきてしまっているのではないかと。そこで今回は、『すごい』という表現を使わないというルールを設けたいと思います」

 突然の提案に「えー!」と不満気な声も上がったが、こういったルール設定で鼎談は始まった。原稿内に時折出てくる、やや不自然な「めっちゃ」や「グレート」といったことばは、こういった縛りゆえとご理解いただきたい。

( 後編 を読む)

小学校6年生のとき、とんでもないスピードで初優勝

 まずは、各記者に藤井聡太という名前を知ったときと、デビュー当時の印象を語ってもらった。最初に話してくれた小島記者は、その当時は、今の力はつかみきれていなかったという。

小島渉 私は、詰将棋解答選手権の速報スタッフをしていたので、藤井さんの名前を知ったのはそのときでしょうか。彼が小学生のときだと思います。

君島俊介 私は詰将棋解答選手権に回答者として5回出場しました。詰将棋解答選手権のいいところは、同じ会場でプロ棋士も同じ問題を解いている空気を感じられる点ですね。たとえば、自分がまだ2問目を解いているときに、宮田敦史七段(第10回大会など過去6回優勝)が席を立ったりして、本当にすごいなって思える。藤井さんは小学校6年生のときに初優勝するんですが、宮田さんよりも早く解き終えた。藤井さんは別会場ではありましたが、とんでもないスピードなので、彼が小学生のときから、詰将棋の能力は実感として知っていました。

相崎修司 私も以前から名前は知っていましたが、初めて間近で見たのは、彼が四段になったその日です。マスコミがたくさん押し寄せた三段リーグ最終日。記者会見後、新四段を囲む関係者の打ち上げがあるんですが、そこにお邪魔して、大橋さんと一緒に飲み食いしているところを見ました。

報道陣が対局者をグルっと取り囲み

――一緒に四段に上がったのが、大橋貴洸六段でした。藤井さんは、まだ中学生でしたが、一人で参加を?

相崎 お父さんも一緒に来られていましたね。もちろん彼は未成年ですからジュースを飲んでいました。

――では、初めて藤井将棋を仕事で取材したのはいつでしたか。

小島 私が初めて藤井さんの棋譜中継を行なったのは、竜王戦6組決勝の近藤誠也戦でした。

相崎 私も藤井さんの将棋を初めて間近で見たのは小島記者と同じ竜王戦の近藤戦でした。この時を含め、それから合計5回、藤井さんの将棋を新聞観戦記で書く機会がありました。

――この対局は2017年の5月25日のことですね。デビューから続いていた連勝記録が19を数えたときですが、やはり注目度は高かったですか?

小島 報道陣が対局者をグルっと取り囲み、すごかったですよ。この日の将棋は、藤井さんがペースをつかんでから押し切って勝ちました。ただ、当然のことながら、研究勝負や作戦の相性が大きくて勝つというケースもあるわけです。ですからこの対局だけで、藤井さんの力は、よくわかりませんでした。中終盤でねじりあいになったときにどうなるか――。このあたりは、まだまだ未知数でしたね。

ちゃんと力が溜まっている状態で反撃に転じる

君島 私は、加藤一二三九段とのデビュー戦(2016年12月)の棋譜中継を担当したのが、最初ですね。そのとき感じたのは、受けがしっかりしているということでした。

――加藤先生の攻めをしっかり受け止めたと。

君島 そうですね。その印象は今でもあまり変わらず、藤井さんはよく「終盤の切れ味」とか「寄せ」と言われますが、受けに強みを発揮する方なのかなと思っています。そして、反撃に転じるタイミングを慌てない。ちゃんと力が溜まっている状態で反撃に転じて、勝ち切る――。そういうところはデビュー当時からあるのかなと感じています。

相崎 詰将棋を解く能力は藤井さんほどではないにしても、トップ棋士ならば、似たようなレベルの終盤力を持っていると思うんですよね。実際、藤井さんといえども終盤で常に最善手を指し続けているわけではない。自分が観戦した将棋で例を挙げると、昨年の竜王戦における対豊島戦がそうだと思います。混沌とした終盤で、最後に間違えたのが藤井さんという一局でした。

――つまり、終盤が藤井聡太棋聖の強みともいえないと。

相崎 ただ、終盤で間違える率はトップクラスの中でも極めて低い。かつ、中盤力もあるから、相手からするとやりようがない印象です。最近は、中盤において、リードしている場合はその差の広げ方が、また逆の場合は差の詰め方が、より向上しているかなと思います。おそらく藤井さんに序盤で作戦負けしてから巻き返して勝った人ってほとんどいないと思うんですよ。

「空白期間」によって実力が大幅に上がった

 ちなみに相崎さんが直近で、藤井聡太棋聖の対局を観戦したのは、2020年2月18日に行われた王位リーグでの羽生善治九段との将棋。「イメージですが、羽生九段が普段以上に中盤を悲観的に見ていたような」という印象が残っているという。その後の緊急事態宣言により2カ月ほど対局はなかった時期が生じたが、その間に、実力が一段階、二段階上がったのではないかと指摘する。

君島 実は、似たような「空白期間」によって藤井さんの実力が大幅に上がったことは過去にもありました。藤井さんが三段に上がったときは、2015年後半の三段リーグが始まった直後で、次のリーグが始まるまで5カ月くらい奨励会での対局がなかったんですよ。そのときに師匠の杉本さん(昌隆八段)が、いろんな棋士と指す機会を設けたりして、結果的に三段リーグを一期抜けした。

――その期間が、藤井棋聖にとってよかったと。

君島 三段リーグを指す前のころは、突出して強いわけではなかったという話も聞きます。ですから三段リーグのときに強くなったのは、その前の指せない時期があったからなのかなと。こじつけかもしれませんが、少し今の状況と重なって見えますね。

顔がこわばっているように見えました

ーー君島さんは、藤井聡太棋聖にとって初めてのタイトル戦となったヒューリック杯棋聖戦の第1局で観戦記者を務めたそうですね。そのときはどのような印象でしたか。

君島 序盤は定跡形でしたが、戦いになってからは、藤井さんの間合いの取り方が普通じゃないなと感じました。それと終盤の踏み込み方が、あまり検討されていない手順で印象的でしたね。あと、緊張は感じました。

――藤井さんの緊張を?

君島 終盤の王手が続いていたときですね。ミスが許されない場面でした。本人的には詰まないと思っていたはずですが、顔がこわばっているように見えました。今までもそういったことはあったかもしれませんが、間近で見ていたのでそう感じましたね。

 観戦記者ならではのことばである。

名人との対局でも、勢いに力を借りない

 藤井聡太少年が「詰将棋解答選手権」で初優勝したのは、小学6年生のときのこと。それから2019年の第16回大会まで5連覇しているわけだが、その詰将棋の力が藤井聡太棋聖の将棋の強さだとは、お三方とも言及しない。むしろ、そこではないところに「藤井聡太の強さがある」とした点が印象的だった。具体的なシーンや印象に残る対局など挙げてもらいながら、より掘り下げてもらうこととしよう。

小島 私がすごいなと思ったのは佐藤天彦名人(当時)と朝日杯将棋オープン戦で対局したときです。

――2018年1月14日、朝日杯将棋オープン戦の本戦トーナメント2回戦で佐藤天彦名人に対して横歩取りの先手番で勝った対局ですね。どこが印象に残ったのでしょうか?

小島 勢いに力を借りないところです。そこがすごい。私のイメージにおいて、そこはずっと変わりません。

――勢い?

小島 つまりとにかくパンチを浴びせていると、相手は守勢になるので間違えてくれやすい。実戦的に勝ちやすいんです。早指し棋戦だから余計にね。でも藤井さんはそういうことをしない。逆転勝ちを狙うときは別ですけどね。詰将棋が得意なら終盤が強いわけで、それだったら、最善じゃなくても難解ならさっさと終盤に持ち込んで、あとは力で勝負! そんな将棋にしてもおかしくないと思うんですけど、中学生の彼はそれをしなかった。

――指した手よりも、指さなかった手が印象的だと。

小島 そうです。相手は名人ですから、明らかにチャンスがありそうなときに踏み込まないと、そのままジリジリ圧されてしまうかもしれない――。そう誰もが考えそうなとき、そういう手を指さず、遊び駒を使ってじっと手を渡した。それが印象的でしたね。

ちょっと遠いところを見ている

 小島さんは、この佐藤天彦戦と同じような印象を今年行われた王位戦の挑戦者決定戦の対永瀬拓矢二冠戦や、渡辺明棋聖に完勝したヒューリック杯棋聖戦の第2局でも感じたという。

小島 ヒューリック杯棋聖戦の第2局で、自陣に打った△3一銀(将棋ソフトに6億手読ませると最善手として出現すると話題になった)が藤井七段じゃないと指せなかったのか、正直よくわかりません。あの受けが第一感だという棋士は、私の知る限り何人もいました。ただ、あの手がすごいというよりも、見送った手がすごいんですよね。水面下で読んだ変化を思うと、△3一銀の裏付けに重みを感じます。私は基本、棋譜しか見ません。その棋譜だけ見ていると、強い相手でも堂々と組ませて、間合いを測っているのがすごいと感じるわけです。

――間合い、ですか。

小島 自分より強い相手とやるときは、遠くから石を投げるか、バッと間合いを詰めて首を切るかという両極端の戦いしかできない気がするんですよ。普通は、強豪と将棋盤を前にして戦っているのは、ストレスだと思うんです。形勢は互角でも、何時間も相手の堂々とした姿勢を見ているうちに、最初に間違えるのは自分なのかなと妙に焦ってしまいがちでしょう。だからさっさと自分の得意分野に持ち込んでペースをつかんだほうが楽だと思うんだけど、それをしない。この一番の勝利、今の自分の強みとかを考えるのではなくて、なんかもうちょっと遠いところを見ている気がします。

「派手な手があっても、それを指さないのが印象的」というのは、「棋譜しか見ない」と言い切る記者ならではの、重みがあることばではないだろうか。

「自分の課題は中盤や形勢判断、時間の使い方」

君島 藤井さんは、毎年各媒体に新春用のインタビューなどで抱負や課題について述べていますが、これまでに「自分の課題は中盤や形勢判断、時間の使い方」と述べていました。そもそも中学生や高校生の年代で、自分の課題を明確に挙げて、それに取り組もうとしている姿勢が、なかなか普通じゃないと思いました。

――その課題は、改善されていると思いますか?

君島 ご自身が満足しているかはわかりませんが、現状は、改善していると思います。そもそも中盤を強くなるって、すごく難しいことだと思うんですよ。序盤の勉強だったら定跡を研究する。終盤の勉強だったら、アマチュアの目線からすれば詰将棋がある。じゃあ中盤の勉強ってなんぞやって話になって、ひとつには、棋譜並べもあるでしょうけど、中盤に特化した勉強方法でもないような気もします。こんな難しい課題を挙げて、実際に取り組み、結果を出している。ここが「モノが違う」と感じますね。

相崎 藤井さんの将棋で、大きく騒がれた一手としては、竜王戦の△6二銀があります。

――2019年3月27日、竜王戦4組のランキング戦、中田宏樹八段戦でした。

相崎 ただあの局面は、中田さんが正しく対応すれば、藤井さんの負けは確定しています。だから、あの手を「妙手」と評価するのではなく、私はあの手を指そうと思った勝負術を買いたいと思います。悪くなったときに諦めず、最後まで逆転の目を探す藤井さんの勝負術がグレートなのかなと。羽生マジックも、そういうところがありますよね。

初見でホームランを打っちゃった

 このように相崎記者は「勝負術」ということばを用いたが、君島記者はこれと少し対極に位置するような「自然体の強さ」も感じるという。

 君島 ヒューリック杯棋聖戦の第2局に渡辺さんが採用した急戦矢倉というのは、渡辺さんが実戦では、ほとんどやったことのない作戦なんです。それを敢えて出してきたというのは、かなり戦略的なことだと思うんですよ。

――渡辺さんが戦略的だと。

君島 渡辺さんは、羽生さんや、中原先生といった、他の超トップ棋士と比べてもかなり戦略家だと思います。2局目の先手番で、普段やらない作戦をやってきたのは、けっこう「ひねっている」印象ですよね。野球でいえば、突然、今まで投げていなかったシンカーを投げてきた――といった感じでしょうか。それに対して、藤井さんは、対局後のインタビューで、みんなが目を見張った「△5四金」という手を「やってみたかった手だった」と話しています。

――その局面のことを事前に知っていたわけですね。

君島 ある程度、その局面自体を研究していたんですね。ただ、渡辺さんは、戦略的にやったんですけど、藤井さんはそうじゃない。戦略的にその局面を研究したんじゃなくて、普段の将棋の勉強のなかで、自然とこういう手があるということを知っていたんだと思います。つまり急にシンカーみたいな、変わった球種を投げられたのに、初見でホームランを打っちゃった。動体視力がすごすぎるわけですよ。グレートすぎるわけです。

 藤井聡太棋聖の強さの根源を探っていくと、「間合い」「勝負術」「動体視力」と、思いがけないフレーズが出てくるのが、実に面白い。

藤井聡太棋聖には「羽生世代」に相当するライバルは存在するのか へ続く

(岡部 敬史)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング