小学4年生の私にサインをくれた選手、くれなかった選手――初優勝に沸いた昭和50年、広島カープの場合

文春オンライン / 2020年8月31日 11時0分

写真

1975年、リーグ初優勝の祝勝会で大喜びの衣笠祥雄(左)、山本浩二(右)と古葉竹識(中央) ©共同通信社

※こちらは公募企画「文春野球フレッシュオールスター2020」に届いた原稿のなかから出場権を獲得したコラムです。おもしろいと思ったら文末のHITボタンを押してください。

【出場者プロフィール】小玉 山彦(こだま・やまひこ) 広島東洋カープ 54歳。幼少時は広島県で過ごし、修道中学、修道高校を卒業。2017年にサラリーマンをしながら、社会情報学博士を取得。現在は、在京キー局で働きながら、東洋大学と実践女子大学の非常勤講師、広島大学特別講師などを務めており、テレビマンと研究者の二足の草鞋を履いて活動中。専門はメディア論とカープ論。

◆ ◆ ◆

  昭和50年(1975年)は、広島東洋カープが3年連続最下位から一転して初優勝を果たした、忘れられない一年となった。その年に、小学4年生となった私は、カープのファンクラブ組織「赤ヘル友の会」の入会資格を得て、子供同士で広島市民球場のデーゲームに観戦に行くようになる。入会特典として、5枚の外野席無料券やイヤーブックと共に、この年から「赤」に変わった帽子がついてきた。当時、まだどこにも売っていなかったので、自慢げに毎日かぶって歩いた覚えがある。

 その帽子に、カープの選手のサインを書いてもらおうと、試合後に市民球場の正面入り口で選手の「出待ち」をしたのが、私がサインを集めるきっかけとなった。当初は、大事な赤い帽子なので、ツバの部分だけにと思っていたが、最初にサインをもらった深沢修一外野手(背番号31)に、前面部のCのマークの真横に、でかでかと書かれてしまった。それからは、堰を切ったように、だれかれ構わず、背番号でわかる選手のサインまで集めるようになり、気が付けばその日のうちに、自慢の赤い帽子がサインで黒くなっていた。

 さて、このサイン集めであるが、すぐ応じてくれる選手と、全く書いてくれない選手がいる。例えば、両雄であった衣笠祥雄内野手(背番号3)と山本浩二外野手(背番号8)は対照的で、鉄人は立ち止まって、出来る限り多くの子供たちにサインをくれていたが、ミスター赤ヘルは歩きながらの対応が多かったように思う。当時のカープの選手の中に、極めて紳士的な態度で、優しく子供たちに接してくれた天使のような3人が存在しており、ここからは、彼ら「三聖人」について詳しく書いていく。

紳士的な態度でサインしてくれた「三聖人」

 1人目は、池谷公二郎投手(背番号11)。昭和50年は、日本楽器からドラフト1位で入団して2年目のシーズンであったが、18勝をマークしてローテーションの一角として、カープの初優勝に貢献する。実は、私がファンクラブから招待されて初めて観戦した5月の阪神戦で池谷は先発して、自らもホームランを放ち快勝したのであった。

 その試合後に、疲れているにもかかわらず、池谷は我々子供ファンに、最後の1人までサインを書き続けてくれた。しかも、池谷は若きエースでありながら親近感にあふれ、どことなく左とん平に似た憎めない風貌で、軽く話をしながらサインをする、子供好きの好青年であった。当然、私は一瞬にして池谷の大ファンになり、「ぎったん、ばったん投法」と呼ばれた独特の投球フォームを真似たり、体操服の胸に11と油性ペンで書いて、先生に怒られた覚えもある。

 その後、池谷はカープ一筋で103勝を挙げているが、現役引退後もカープや巨人で投手コーチを務め、現在も野球解説者として活躍中であり、彼の人柄の良さと親しみやすさが、表れているといえるだろう。

一言も話すことなく、黙々とサインを書いていた男

 2人目は、永本裕章投手(背番号26)。盈進高校からドラフト2位で入団して、カープ初優勝の年は5年目で、速球投手として期待されながらもコントロールが悪く、前年まで9連敗していた。

 市民球場で出待ちをしていると、永本は池谷と共に出てくることが多く、まず池谷にサインをもらってから行っても、まだ長蛇の列ができていた。永本も、最後の1人までサインをくれたが、池谷とは対照的に目鼻立ちのはっきりした美男子で、一言も話すことなく、黙々とサインを書いていた。おそらく、シャイな人だったのであろうが、この誠実な男が昭和50年に、ここ一番で大仕事をやってのけた。

 私は、この試合で負けていたら、初優勝はなかったと確信するのだが、6月のヤクルト戦で5連敗をしていた中で先発して、6回1/3を1失点で抑えて勝ち投手になり、これでカープは息を吹き返した。その後、永本は阪急、巨人に移籍して、長嶋茂雄監督には抑え役を期待されたが、少し荷が重かった。

 しかし、阪急に戻った1982年にはサイドスローに転向して15勝を挙げている。引退後は、プロ野球に携わることはなかったが、実直な性格を生かしてしっかりとした人生を送っていることであろう。

どことなく都会風の雰囲気を漂わせていた男

 3人目は、木下富雄内野手(背番号25)。駒澤大学からドラフト1位で初優勝の前年に入団していたが、当時はバッティングが非力であり、試合後半の守備固めで使われていた。

 木下は、どことなく都会風の雰囲気を漂わせており、流ちょうな東京弁を使い、当時のプロ野球選手としては服のセンスも良く、いつもいい香りがしていた。ただ、本当に優しい人で、最後の1人までサインをくれていたし、常にニコニコ微笑みながら、物腰柔らかく対応していた。

 その後、木下はチームに不可欠なユーティリティー選手としてカープ一筋で、1364試合に出場して、チーフコーチや二軍監督も務め、現在は野球解説者として活躍中である。後年は、口ひげをはやしたことから「パンチョ」の愛称で親しまれたが、広島ではダンディーな風貌を生かして、「地方タレント」としても人気を博している。

 このように、「三聖人」の選手たちは、子供たちに優しい選手に留まらず、プロ野球選手としてもきちんと足跡を残している。ただ、それ以上に、当時はまだファンサービスに対して、球界全体の意識が今ほど高くない時代であったにもかかわらず、プロとしてファンへの最高の接し方を具現化しており、数多くの子供たちに与えた好影響は計り知れないものがある。次回は、彼ら「三聖人」とは対照的に、決して子供たちにサインをしなかった「三魔神」について、詳しく書いてみたい。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム フレッシュオールスター2020」。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/39998 でHITボタンを押してください。

(小玉 山彦)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング