「日本人はなぜ“民主の女神”周庭にハマる?」香港メディアも驚く“日本的ガラパゴス感覚”とは

文春オンライン / 2020年8月31日 6時0分

写真

8月23日夜、新宿駅東南口で香港民主化運動への支援をうったえる在日香港人ら。彼らの故郷ではすでに違法になってしまった「光復香港、時代革命(香港を取り戻せ、革命のときだ)」というスローガンも登場 ©安田峰俊

 先日、ちょっと興味深い光景を目にした。2020年8月23日夜、新宿駅東南口で在日香港人ら約50~60人が手をつなぎ、香港民主化運動への支援を訴える「人間の鎖 香港の道」と呼ばれるイベント(主催:Stand with HK @ JPN)が開かれた際のことだ。

 イベント参加者らの主張のひとつは、8月10日に国安法違反で逮捕された女性活動家・周庭(アグネス・チョウ)の無罪を訴えるものだった。

 だが、そのときの香港人スタッフの掛け声の発音が面白かったのだ。当初、彼らは「フリー・アッネース!(Free Agnes!)」と、流暢な英語発音で周庭の英語名を叫んでいたのが、途中から「あ・ぐ・ね・す(A・GU・NE・SU)」と母音をはっきり強調する日本語式のカタカナ発音に変えたのである。

 英語をそのまま発音しても、大多数の日本人にはあまり通じないことを一瞬で見て取った、香港人らしい語学センスの高さを感じさせる行動だろう。さておき、このメッセージが同胞の香港人向け以上に、日本人に向けて強く発信されていることがよくわかる光景だった。

「逮捕中は欅坂46『不協和音』を思い出した」

 国安法の施行前まで香港自決派の政党・デモシスト(すでに解散)のメンバーだった活動家・周庭が8月10日に逮捕された事件は、日本の世論に非常に大きな衝撃を与えた。

 ツイッターでは彼女の釈放を求める「#FreeAgnes」のハッシュタグがトレンド入りし、テレビや新聞・週刊誌などが大きく報道。彼女が11日深夜に保釈された後は、拘置所内で欅坂46の『不協和音』の歌詞を思い出して耐えていたとするエピソードも大きく伝えられた。

 さらに12日には、自民党の中谷元らが前月末に結成したばかりの「対中政策に関する国会議員連盟(JPAC)」が緊急の抗議集会を開催する。このJPACは西側諸国の国際議連対中政策に関する列国議会連盟(IPAC)」の日本版で、現時点ではほぼ香港問題を中心に声を上げる立場にある。

 JPAC緊急集会の壇上では、議連提唱者の1人である国民民主党の山尾志桜里が「香港国家安全維持法に基づくジャーナリスト・民主運動家の逮捕に関する声明」を読み上げたが、ここでも周庭の逮捕がまっさきに言及された。香港の23歳の女性活動家の受難が、日本の政治をも動かした瞬間だった。

井上雄彦や百田尚樹よりも「有名人」

 周庭は外見的魅力と流暢な日本語もあって、これまで「民主の女神」のあだ名で日本のメディアにしばしば取り上げられてきた。日本の一般人には、彼女こそが香港デモを指導するリーダーなのだと考えている人も多く、日本国内で刊行される香港デモ関係の書籍では、かなりの割合で彼女の顔が帯にプリントされている。

 日本での周庭の人気がよくわかるのは、2020年8月末現在で約49.3万人のフォロワーを集めている公式ツイッターアカウントだ。なお使用言語は、ニュースのリツイートなどを除けばほぼ日本語だけである。

 彼女のフォロワー数は、たとえば漫画家の井上雄彦(約49万人)、起業家の与沢翼(約48.1万人)、作家の百田尚樹(約46.2万人)、政治家の山本太郎(約43万人)、歌手でGLAYのヴォーカルのTERU(約42.2万人)らの錚々たる面々をも追い抜いている。

 井上雄彦や百田尚樹を上回る「有名人」である以上、周庭の逮捕で日本のメディアから政界まで大騒ぎになったのも当然のことだろう。

 ──もっとも、こうした日本の状況は、世界的に見ればかなり「異質」だった。

「香港のナベツネ」逮捕さる

 なぜなら、日本以外の世界各国のメディアの報道は、同じ8月10日に香港の大手新聞『蘋果日報(アップル・デイリー)』創業者の黎智英(ジミー・ライ)と、彼の親族や会社スタッフらが国安法違反で逮捕されたことに圧倒的な重点を置いていたからだ。

『蘋果日報』は香港で最も人気の高い新聞だ。香港の他紙が中国資本に組み込まれて親北京的な論調に転換するなかでも姿勢を変えず、特に2019年6月の香港デモ開始後はデモ応援の論調を明確に打ち出して人気を得ていた。

 黎智英が国安法違反で逮捕されたことについては、海外からのクラウドファンディングを用いた多額のデモ支援資金の調達行為が問題視されたもので、報道内容を理由としたメディア弾圧ではないとするタテマエの説明がなされている。ただ、いずれにせよ北京の共産党政府(及びその意に従う香港政府)にとって、黎智英が目の上のたんこぶだったのは間違いない。

 無理に日本に置き換えるなら、讀賣新聞グループ主筆の渡辺恒雄が発行部数日本一の讀賣新聞を使って1年半にわたり反政府運動を煽り、さらにデモ隊にカネを出していたことが問題視され、本社内で逮捕されるようなものである。かなり強引な説明ではあるが、メディア王・黎智英の逮捕がいかなる大事件かは察せられるだろう。

 いっぽう、黎智英と同日、同じく国安法違反で逮捕されたのが周庭だ。他にも学生団体「学民思潮」の元メンバーでフリーランス記者の李宗澤、政治団体「香港故事」メンバーの李宇軒らの活動家も逮捕されている(余談ながら李宇軒は保釈後の8月27日、台湾に密航亡命を試みて中国当局に拘束された)。

 周庭はこうした活動家たちのなかでは比較的知名度が高いほうだ。しかし当然ながら、香港社会に対する影響力の高さは黎智英に及ぶべくもない。

「日本担当の営業さん」周庭

 周庭が黄之鋒らと所属していた組織「デモシスト」は、香港民主化問題についての海外へのロビー運動やPRを活動の中心に据え、ゆえに中国当局から完全に目の敵にされてきた。中国共産党は伝統的に、自国の反体制勢力が「海外勢力と結託」する行為に対して異常なほど神経質であるためだ。

 だが、実はデモシストの規模は数十人程度で、対外的な知名度はともかく香港内部での影響力は強くない。動員能力もなければ、もちろん香港デモ全体に号令をかけられるような立場でもない(デモシストの前身になった学生運動組織は、2014年の雨傘革命当時は中心的な立ち位置にあったが)。

 しかも、周庭はデモシストの党首ですらなく、同団体における日本向けのロビー運動・PR活動担当者だ。なお、アメリカやイギリスへの働きかけは、先日亡命した党首の羅冠聡(ネイサン・ロー)や黄之鋒ら、英語が上手で欧米圏での知名度が高いメンバーが担当している。

 もちろん、強大な権力に対して健気に立ち向かっている周庭の活動は尊敬に値する。だが、日本の報道のなかであたかも香港デモ全体の代表者のように報じられ、その逮捕が政界までも巻き込むことになった「民主の女神」の実像は、会社組織に置き換えれば「自社担当の営業さん」ポジションの人であるにすぎない。この点については、やはり指摘せざるを得ないところだろう。

「民主の女神」は日本側の造語

 日本における周庭人気の高さと、いち政治活動家にすぎない彼女の逮捕に対して日本社会が際立って強い関心を示したことは、逆に中華圏メディアの側からは不思議な現象として受け止められた

 ゆえに台湾や香港を中心に、最近はこの珍現象それ自体を報じる動きが目立っている。以下、周庭逮捕後に発表された日本絡みの中国語記事のごく一部を紹介してみよう。

「 日本のネットユーザーはなぜ周庭を応援するのか? 国安法制定後に揺れる中日関係 」(香港『端伝媒』8/18)
「 日本ではなぜ、李登輝を懐かしみ周庭を応援するブームが盛り上がったのか 」(香港『端伝媒』8/22)
「 周庭は日本人にとって、ずいぶん珍しい『隣の家の女の子』なのだ 」(香港『明報』8/23)※日本人研究者の倉田徹氏による中国語記事
「 周庭が揺り動かした不協和音。日本社会はどうやって『香港』に集まったのか 」(台湾『聯合新聞網』8/13)
「 周庭──清水潔──そして欅坂46 」(台湾『風伝媒』8/23)
「 日本人はなぜ周庭にハマるのか? 学者が緻密に分析 黄之鋒・羅冠聡もイチオシ 」(台湾『自由時報』8/23)
「 日本人の心の中の香港の民主の女神周庭は、日本政府の対香港方針を左右するに足る 」(アメリカ(華字)『自由亜州電台(RFA)』8/12)

 ちなみに周庭を指す「民主の女神」という別名は、実は日本メディアを中心に広められたもので、中華圏(特に香港)の報道では従来使われていなかった。だが、最近は日本側の造語が逆輸入されてしまい、特に台湾を中心に「民主女神周庭」という表現がしばしば見られるようになっている。

“隣の家の革命アイドル”

 いっぽう、各記事の分析は興味深い。たとえば香港の人気ウェブ論壇誌『端伝媒』の8月18日付け記事「日本のネットユーザーはなぜ周庭を応援するのか?」はこう書いている。以下に翻訳して紹介しよう。

“周庭が日本のインターネット上で巻き起こしたウェーブは、事態(香港問題)に関心を持つ多くの人にとって予想外のことだった。一つの理由は、日本の若者の目から見て、過去に知っている社会運動家の姿と比べて、周庭はよりいっそう隣の家の女の子のような「アイドル」っぽさがあったからだ。

 もうひとつの理由は、周庭の清純派の日本っぽい雰囲気と、流暢な日本語のコミュニケーション能力が、日本人から非常に身近な感覚を持たれたことだ。これは周庭の逮捕をして、少なからぬ日本人に、ある意味では「うちの子」が傷つけられたような感覚を生じさせることになった”

“周庭の成功の一因となったのは、彼女が「オタク」的な文化を入り口とし、日本の若者とつながるチャンネルを開くという選択をおこなったことである”

“周庭には一種の「ギャップ」による魅力がある。往年の艱難辛苦と権力への怒りをみなぎらせていたような革命家の姿とは異なって、周庭のパブリックイメージは「隣の女の子」的な「かわいい」要素と、「革命家」的な「粘り強い」要素があり、これはまさに一種の「ギャップ萌え」であって、周庭の逮捕後に多くの日本の若者の注目を集めさせることになった”

 周庭ファンの日本人は果たして「若者」なのかという大きな疑問はあるが、興味深い指摘だろう。この文章の筆者はおそらく香港人で、日本に滞在している模様だ。

「親日」的外国人を望む日本人

 また、『端伝媒』8月22日付け記事の「日本ではなぜ、李登輝を懐かしみ周庭を応援するブームが盛り上がったのか」も興味深い。こちらの執筆者は台湾人で、北海道大学で助教として教鞭を執る許仁碩である。

 許はこの論考で、まずバブル以降の日本が「失われたXX年」のなかで政治・経済・社会の活力・国民の経済的平等・報道の自由などが大幅に下落したことを論じ、日本人の自己認識における自国の姿と、日本社会の実態との大きなギャップを指摘。ゆえに近年の日本人が強いいらだちを覚え、「日本スゴイ」ブームや「反中反韓」ブームが庶民層にまで浸透しつつあると述べている。そしてこう書く。

“「反中反韓」意識と表裏一体をなすのは、すなわち「親日国」のポジティブな言説(とそうした言論)ばかりを好んで消費する行動を通じて、日本のアイデンティティを得ようと望むことである。いわゆる「反日的人物」からの批判がキツければキツいほど、「親日国」の温かみもいっそう明確になるわけである”

 許の論考からすれば、周庭(及び李登輝)が日本で受け入れられたバックグラウンドには、自国の衰退のなかで自信を喪失した日本人による、「親日」外国人を望む心理が関係していたということになる。流暢な日本語を話し、日本を好きだと話す著名な外国人の人物は、近年の日本ではなかば自動的に、強い好感を持たれるのである。

 また、もちろん許は、周庭が日本語のSNSやYouTubeを使いこなし、日本のアニメや流行曲にあえて言及してみせることで巧みに日本の大衆文化と香港の社会運動を結びつけることに成功した点も指摘している。

周庭の印象的な一言は?

 上記の記事に限らず、香港人や台湾人による「周庭が日本で人気が出た理由」についての議論で興味深いのは、「主張が腑に落ちるから」「話の中身が心を打ったから」といった、本来ならば政治活動家として重要となるはずの要素に誰も言及していないことだ。

 事実、非常にプロフェッショナルな広報担当者である彼女は、インタビュー時に言質を取られないためなのか、紋切り型の公式アナウンス的な発言が非常に多い(デモシストの党首の羅冠聡も同様の傾向がある)。

 ゆえに、周庭本人のキャラクターの魅力はさておき、彼女の話の内容は目新しさや魅力に欠けたものであるケースが少なくない。そのため、動画で登場するテレビはともかく、話自体を原稿にしなくてはならない紙媒体の記事の場合、実は周庭はかなり記者泣かせの人物でもある。

 事実、日本国内で周庭を応援している人たちも、彼女が残した感動的な一言や、インタビューでの印象的なやりとりなどを鮮明に記憶している人はほとんどないはずだろう。ちなみに今回の逮捕で「『不協和音』を聞いていた」という言葉が有名になったが、実は周庭は2017年6月に逮捕された後も同じことを言っている(野嶋剛『香港とはなにか』)。

ガラパゴス香港認識はなぜ生じた?

 もちろん本記事は、政治情勢が刻一刻と厳しさを増す香港の内部で声を上げている周庭本人を批判することが目的ではない。むしろ活動家として見た場合、日本での高い知名度は、彼女が香港で活動するうえでの最大の政治的資源にすらなっている

 だが、香港デモを報じる際にはとりあえず「民主の女神」を引っ張り出しておけば事足りる、という安易な姿勢をとり続けてきた日本のメディアの問題点はやはり指摘せざるを得ないだろう。

 本来、運動全体から見れば実はそこまで重要ではなかった人物を、マスコミ向きの外見と日本語力を理由に各メディアで取り上げ続けた結果、多数の国民や政界の認識まで歪ませてしまうほどの、他国とは乖離したガラパゴス的な香港観が作られてしまった。これはよく考えてみると、かなり危ういことなのだ。

※月刊文藝春秋9月号では、安田峰俊氏による香港民主派の若者たちへの連続インタビュー「<潜伏する民主派の肉声>香港は習近平に屈しない」を掲載しています。

(安田 峰俊)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング