自民党総裁選「僕は安倍さんに『北朝鮮と一緒じゃないか』と怒った」田原総一朗が“ポスト安倍”を採点

文春オンライン / 2020年8月31日 17時0分

写真

田原総一朗氏 ©️文藝春秋

【ポスト安倍を辛口採点 柿崎明二】政権“居抜き”「河野首相×菅官房長官」なら長期政権も 問題は「みこしの乗り方」 から続く

 歴代最長となる政権を担った安倍晋三首相が8月28日、体調不良を理由に突然の辞任を発表。焦点は「ポスト安倍」の行方に移った。コロナ禍、東京五輪、経済対策など課題が山積する中で、次期宰相には誰がふさわしいのか。

「文春オンライン」では、各界の識者に連続インタビューを行い、「ポスト安倍候補」を5点満点で採点してもらった。今回は、ジャーナリストの田原総一朗氏に聞いた。

◆◆◆

石破茂 ★5.0 「唯一、イエスマンではない」

 今の自民党は民主主義とはかけ離れた“独裁政党”になってしまいました。森友・加計問題が起きても、「桜を見る会」問題が起きても、前法務大臣夫妻の買収問題が起きても、誰も「安倍総理に問題がある」と言わなかった。昔だったら、森友・加計問題が起きた時点で総理は辞職に追い込まれているはずです。

 そんな中、唯一安倍さんに対し「NO」を主張し続けているのが石破さんです。自民党内で唯一「安倍イエスマン」ではないのが石破さんだと言っても良い。

 しかし石破さんには反対勢力が多い。農林水産大臣だった2008年頃に石破さんは米の生産調整見直しなど大胆な農業改革を打ち出しましたが農協が反対し、農協と親しい自民党の人間も皆反対しました。そのおかげで結局、石破さんは改革ができなかった。

 石破さんに一票を投じる度胸のある人間が自民党内にどれだけいるかという点で、総裁選での石破さんの評価が決まると言っても良いでしょう。

岸田文雄 ★5.0 「ここぞという時の押しの強さが足りない」

 岸田さんは非常に人が良いし、実力があります。外務大臣を務め、党三役も経験していますしポスト安倍のなかでも最有力候補の一人として名が挙がるのも当然でしょう。

 しかし不安に思うところは、「次は岸田だ」という声の高まりに対して岸田さんがここのところ思い切った行動がとれないでいる点です。象徴的だったのが、新型コロナウイルス感染拡大に伴う経済対策。減収世帯へ30万円給付するはずが公明党の主張によって全国民に一律10万円給付で決定されたことで岸田さんのメンツは丸つぶれになりました。

 これがきっかけで、岸田さんは最近、自重気味になっていると感じます。総裁選には意欲的な発言をしていますが、ここぞというときの押しの強さが足りないのは、岸田さんの弱点です。

菅義偉 ★5.0 「実績によるアドバンテージがある」

 菅さんの強みは、駆け引きをしない手堅い性格と、自民党内での信頼の厚さでしょう。それに「ポスト安倍」という点でいえば、菅さんには7年半安倍さんの隣で官房長官を務めた実績がある。安倍政権の良いところと悪いところを熟知しているのは、確実に他のポスト安倍候補よりも有利に働くでしょう。

 菅さんに求められているのは、アベノミクスに代わる日本の経済政策をどのように打ち出すのかということです。国民の多くは、アベノミクスが成功しているとは思っていません。安倍さんと日銀の黒田総裁はお金を刷れば内需が拡大すると考えましたが、実際は財政が悪化しただけだったからです。日本の経済政策を考えると菅さんが最も適任だと言えるでしょう。

河野太郎 ★5.0 「度胸はあるが、反原発は?」

 イージス・アショア計画を撤回するなど非常に度胸があると評価できる政治家が河野さんです。

 僕は河野さんのことを幼い頃から見ていますが、彼の中にはずっと一つの悩みがあるように思います。祖父である河野一郎、父の河野洋平、2人とも総理大臣になれなかったことです。

 祖父も父も数々の功績を残した政治家ですが、あと一歩のところで総裁にはなれなかった。それはなぜなのか。河野さんはその答えを出せていないのだと思います。だから自分はどう行動したら総理になれるのか判断を決め切ることができずに、大きくブレることがある。行動が大胆になったり、消極的になったり曖昧になったりしてしまうのです。2011年の東日本大震災前から、河野さんは原発反対の代表的な政治家でした。でも今は何故かあまり反原発を主張しなくなりましたよね。

 河野さんが総理になるには、彼自身のなかで親子三代にわたる悩みを解決し、答えを出すことが必要だと思います。

小泉進次郎 ★5.0 「今は何もできない」

 進次郎さんは、彼自身が「まだ勝負しようと思ってない」というのが正しいと思います。

 環境大臣に就任しましたが、端的に言って環境大臣は何も権限を持っていない。例えば地球の気温がどんどん上昇しているときに再生可能なエネルギーにするかどうかを検討し決める権限は経済産業省が持っているんです。

 だから世間には「ポスト安倍に名前が挙がっているけど小泉さんが今何をしているのかわからない」と思う人がいるかもしれませんが、彼がいくら奮闘したところで今の段階では「何もできない」のです。

 小泉さんへの注目度は確かに高いと思います。ですが「ポスト安倍」という点で考えると彼はまだ勝負しようとしておらず、何か権限を持って実績を残したわけでもない。

 小泉さん自身もこれが分かっているのでしょう、このギャップが埋まらない限りは、彼の勝負は始まらないと思います。

野田聖子 ★5.0 「僕が怒った2015年の総裁選」

 総裁選に出馬すること自体に大きな意味を感じているのが野田聖子さんです。僕は50年ほど前から自民党総裁選を取材していますが、2015年9月の総裁選では大変な危機感を覚えました。安倍首相の対抗馬がいない状況で、唯一出馬への意欲を見せていた野田さんが20名の推薦人を集められず、無投票で安倍首相の続投が決まったからです。

 その時、本当は野田さんには25人の推薦人が集まっていたのに、自民党執行部が「野田の応援をしたら公認しない」と働きかけ、7人が降りてしまった。それを知り、僕は安倍首相に「野田さんが立候補しても総裁にはなれないだろう。でも野田さんが立候補するから日本は自由で民主的な国なんだ。野田さんが立候補できなかったら北朝鮮と一緒じゃないか」と怒りました。

 イエスマンばかりの安倍政権ですが、野田さんのように真っ向勝負をしかけようとする人が「ポスト安倍」には必要なのではないかと思っています。

 僕はすべての「ポスト安倍候補」に★5.0を付けました。それは前述したように、いまや“独裁政党”と化した自民党においては、誰が総裁に選ばれてもいいと考えているからです。それぞれの素晴らしい個性を活かして、自由闊達な政治の気風を取り戻してもらいたいのです。

(田原 総一朗/Webオリジナル(特集班))

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング