「若頭の刺傷からガタガタし始めた」名門・山健組が神戸山口組から独立宣言《勾留中の組長が指令》

文春オンライン / 2020年9月19日 17時0分

写真

山健組が神戸山口組からの離脱することを伝えたとされる書面

〈今般私儀 諸般の事情に鑑み神戸山口組を脱退いたす事を決意致しました〉

 9月上旬、「御挨拶」とのタイトルの達筆な毛筆で書かれた一枚の書状が、暴力団関係者の間で出回った。文末には〈令和二年八月 五代目山健組々長 中田浩司〉とある。

 山健組といえば、6代目山口組から5年前に分裂した神戸山口組の中核組織。5代目時代には、「山健組にあらずんば、山口組にあらず」とまで評された業界の“ブランド”的存在だ。その組長である中田自身が、神戸山口組を離脱し、独立することを対外的に明確に宣言したのだ。

 神戸山口組は5年前の結成当初こそ加入組織が相次ぎ、勢いを見せていたが、昨年から離脱を表明する組織が続いていた。今回の山健組の“独立宣言”は、山口組の分裂抗争の新たな不安定要素となる。新たな抗争の火種になりうる山口組内の動きに、警察当局は監視の目を強めている。(全2回の1回目/ 後編 に続く)

神戸残留組には「絶縁」「破門」を断行

 山健組内では7月ごろから、神戸山口組から離脱を目指すグループと、残留派のグループ間で数回にわたって会合が持たれていた。しかし、山健組組長の中田が殺人未遂容疑で逮捕、起訴されて勾留中だったため本人の意向が分からず、断続的に開かれていた会合では結論が出なかった。このため、噂ばかりが飛び交う事態となっていた。

 結果がはっきりしたのは、8月に入ってから。冒頭で紹介した書状によって、中田の意志が示された格好だ。中田は面会を許された弁護士を通じて意思疎通したものとみられる。

 中田の書状には、次のような一文がある。

〈今後は五代目山健組と致しまして侠道に邁進致す覚悟で御座居ますれば(中略)組員達も大半は従前通り山健組に生き侠道に精進致しますので……〉

 つまり、山健組が抱える多くの傘下組織の直系組長やその配下の組員たちも行動を共にするとも述べているのだ。実際、組長の中田をはじめほぼ半分の傘下組織の直参組長が離脱するとされる。

 では、神戸側に残留する山健組系の組織はどうなるのか。実は、中田は8月下旬に残留を主張していた傘下グループの直系組長である直参約20人に「絶縁」「破門」などの処分を通知していた。この処分に暴力団業界に波紋が広がっているという。山健組の事情に詳しい指定暴力団幹部が指摘する。

「山健のところで揉めていたとは聞いていたが、残った幹部を絶縁、破門と一斉に処分を出したのは、かなり強硬策に出たなと思った。これから一本(独立して)でやっていくという決意表明だろう」

 今回の「山健組分裂」の背景についても、このように解説する。

「そもそもカネの問題があったが、ガタガタし始めたのは山健の(若)頭が刺された事件あたりからだったのではないか」(同前)

 幹部が言う「山健の頭が刺された事件」とは、2019年4月、神戸市内の路上で山健組若頭の與則和が刃物で切り付けられた刺傷事件を指す。事件後、山口組弘道会系組員2人が出頭した。

「通常であれば親分がやられたら、與の若い衆が返し(報復)を行うというもの。しかし、この事件後、與が率いる與組では誰も動かなかった。これも不思議なことだった。そのためなのか、返しを実行したのは(山健組組長の)中田だった。親分自ら動くことなどあり得ない。不自然なことが次々と起きた」(同前)

 中田が勾留されているのは、この“返し”のためだ。中田が若頭である與の事件の報復として弘道会系組員を銃撃したのは2019年8月のこと。同年12月には殺人未遂容疑で逮捕された。

 ちなみに当の與則和は今回、神戸側から独立した中田と行動を共にしなかった。中田が神戸側に残る傘下団体に下した処分のうち、與は「絶縁」となっている。

池田組若頭銃撃でも……

 この事件同様、神戸山口組系の幹部が襲撃されたまま報復がない事件は、他にも発生している。

 2016年5月、岡山市内で神戸山口組系池田組(当時)の若頭、高木昇が射殺される事件が発生。弘道会系組員らが逮捕された。今年5月にも、同じ池田組の若頭、前谷祐一郎が銃撃され重傷を負った。事件を引き起こしたのは山口組系大同会幹部で後に逮捕されている。いずれの事件も、池田組からの報復はなかった。

 こうした経緯について、警察当局の幹部が「(神戸山口組組長の)井上(邦雄)が止めたようだ」と指摘する。

「池田としては自分のところの頭を撃たれたのだから、当然のこととしてやり返したかっただろうが、井上は報復を許さなかった。警察としては抗争が起きないことは歓迎すべきことだ」(同前)

 別の警察幹部は「山健組の頭が刺された事件の返しで、中田本人が報復の実行犯として銃撃した事件を聞いた井上は激怒し中田を叱責したようだ」とも指摘する。

 さらに、前出の指定暴力団幹部が解説する。

「井上がダメだと言ったとされているが、表向きは『分かりました』と返事をしておいて、返しをしておく。それで『若い衆が勝手にやりました』と言っておけばよかった。やられたのは末端の組員でなく、組織のナンバー2の若頭。それが2回ともなると、何もしない池田組はそれでいいのかと、業界内で器量が問われかねない。池田組としては憤懣のやりどころがなかっただろう」

 この指定暴力団幹部らが指摘するとおり、池田組は不満を募らせることとなり、山健組に先立って、今年7月に神戸山口組を離脱することになった。

 離脱後は、2017年4月に神戸山口組を離脱した「絆会」と合流する可能性が関係者の間では指摘されている。池田組と絆会との間では今後の活動について断続的に協議の場が持たれているという。

山健組と6代目山口組の今後は?

 神戸山口組から離脱した“名門”とされる山健組。今後、山口組分裂抗争の中で、どのような立場に置かれることになるのか。6代目山口組との関係はどうなるのか。

 紐解くヒントは「処分」にある。暴力団業界では「破門」は場合によっては復帰を許されることもある処分だが、「絶縁」は永久追放を意味する。絶縁者と縁を持つことは、処分を下した組織への敵対行為ともみなされ、業界では絶縁状を通知することで交流を持たないよう注意喚起する意味もある。

 5年前の2015年8月、6代目山口組は、離脱した山健組など13組織のうち、当時の山健組組長の井上邦雄、池田組組長の池田孝志ら5人を最も重い処分の「絶縁」としていた。

 ただ、6代目側が「絶縁」処分としたのは当時山健組組長だった井上であって、山健組全体を処分した訳ではない。このため、今回独立した現・山健組組長の中田は、6代目山口組としては処分対象外といった理屈が成り立つ。

 6代目山口組は、山一抗争で暗殺された4代目組長、竹中正久の出身組織である竹中組を復活させるなど、“ブランド”を組織内に残そうとしている。

 山健組は、組を全国に拡張した3代目組長の田岡一雄を支え続けたナンバー2、山本健一が創設した組織だ。このため、警察庁幹部の中には「6代目には、山健の名を惜しみ山口組に復活させたいという意向があるだろう」と口にする人もいる。

 さらに6代目山口組組長の司忍は、山口組分裂後、離脱グループについて「若い衆に罪はない」といった意向を表明している。暴力団組織だから親分が上部団体から出ていくと言えば付き従うことになる。この司のメッセージには、6代目山口組に戻りたい若い衆は受け入れるという意味が込められているとされる。

 警察当局によると、当然のことながら6代目山口組若頭の高山清司も司と同じ意向だという。独立した山健組組長の中田は、ここで言うところの「罪のない若い衆」ということになる。

 ただ、中田が勾留中なのは、2019年8月に6代目山口組の中核組織である弘道会系組員を銃撃し重傷を負わす事件を引き起こしたからだ。6代目山口組としても、いきなり「歓迎」という訳にはいかない。そのため当面は、山健組も独立組織として活動を続けるとみられる。

 6代目山口組と神戸山口組、そして絆会、さらに独立を宣言した山健組。国内最大の暴力団組織の分裂騒動は5年を経過してなお混迷を深めており、事態収束の道筋は見いだせていない。(敬称略)

大物幹部も“音信不通”、銃撃事件直後に寝返り…神戸山口組の瓦解で危惧される「新たな抗争」 へ続く

(尾島 正洋/Webオリジナル(特集班))

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング