「ショート2万、朝まで4万。置屋ではママが…」“ヤバい島”の実態を元ヤクザが赤裸々証言

文春オンライン / 2020年9月20日 20時0分

写真

売春婦たちが暮らしたアパート(著者提供)

「5人ほど売り飛ばしましたよ」ヤクザが暗躍、公然と女性が街中で…三重に実在する“ヤバい島” から続く

 今も公然と売春が行われ“売春島”と呼ばれている三重県の離島・渡鹿野島――。「ヤバい島」として長くタブー視されてきたこの島の実態に迫ったノンフィクションライター、高木瑞穂氏の著書『 売春島 「最後の桃源郷」渡鹿野島ルポ 』(彩図社)が、単行本、文庫版合わせて9万部を超えるベストセラーになっている。

 現地を徹底取材し、夜ごと体を売る女性たち、裏で糸を引く暴力団関係者、往時のにぎわいを知る島民ら、数多の当事者を訪ね歩き、謎に満ちた「現代の桃源郷」の姿を浮かび上がらせたノンフィクションから、一部を抜粋して転載する。

(全3回の2回目。 #1 、 #3 を読む)

◆◆◆

元暴力団組員が語った人身売買の実態

 ここに、一人の男がいる。元暴力団組員の、X氏。人物の特定を避けるため、名前や年齢、組織名などは伏せさせていただくが、かつて、この“売春島”で人身売買ブローカーとして名を馳せ、約2年で1億ほど稼いでいた人物だ。

 Xとは、ある暴力団幹部を通じて知り合った。低姿勢なうえ、顔つきも温和だが、大柄でがっしりとした骨格とサングラスの奥から覗く鋭い眼光からは、長年、裏街道を歩んできた凄みが滲みでていた。Xの住む関西某所の喫茶店の片隅で、話を聞いた(※一部、後の取材で本人や別の取材対象者により否定された部分が含まれている)。

 この商売に手を染め始めたのは、1997年頃のこと。Xは才覚のある暴力団組員として既に、ある程度の地位を得ていた。

 きっかけは、“売春島”に女を送り込んでいた広域暴力団組織配下のA組、その現役組員からの紹介だった。自分でもこれほど稼げるシノギだとは考えもしなかったと話す。

「最初に入れたのは大阪でナンパした20才の女だった。女を置屋に入れるにはA組の姐さんの口利きがないとダメで、その姐さんに口を利いてもらって。姐さんは、提携する渡鹿野島のBホテル配下の置屋の面倒を見ていた。いわゆるミカジメ関係だね」

女を惚れさせ、「俺のために島に行ってくれ」

 Xは女を惚れさせ、「俺のために島に行ってくれ」と背中を押した。女は「Xのためなら」と、島での売春を了承。女は売り飛ばされ、置屋からはその対価として200万円ものバンス(前借り金)が支払われた。仲介した組員に10%を支払ったものの、労せず180万もの大金が懐に転がり込んできた。

「これはシノギになると思って、方々でナンパした女を立て続けに3人、島に送り込み、瞬時に600万ほど儲かった。それからのべ30人以上は入れたかな。バンスに加え、女には貯金させ毎月、私の口座に振り込ませていた。だからバンス分に加え1人平均5万円の実入りがあった。もうウハウハだよね」

 Xによればこの“売春島”、以前は漁師の船着き場として栄え、元々は女を買う島ではなかったという。

「当時の漁師は裕福で、そこに女を宛てがったらどうなるか……。それでA組が島を仕切り、売春婦を入れこんだのがこの島の始まりだと聞いているよ」

 名古屋から近鉄列車に2時間ほど乗り、終点前の鵜方駅で下車。ここから的矢湾に向かって車で15分ほど走ると渡鹿野渡船場が見えてくる。ピストン運行を繰り返すポンポン船(小型船)に乗り、ものの3分もすれば“売春島”だ。

 メインストリートを中心に点在する、一部のパブやスナックが女を買える売春置屋だが、それ以外の民宿、ホテル、喫茶店、居酒屋などでも女を紹介してくれる。女は日本人に加えタイ、フィリピンなど東南アジア系の出稼ぎ売春婦たち。料金はショート(60分)が2万円、朝まで(夜11時から朝6時まで)過ごせるロングが4万円だ。

「脱走防止には女の心のケアが最も大事」

 渡鹿野島へ女を入れるルートは当時、3つあったとXは言う。1つは前出A組の関西ルート。1つは組織Bの関東ルート。そしてもう1つは島で働いている女のコの紹介で来る、“ブッコミ”と呼ばれる直取引だ。

 バンスは女の手に渡ることはない。それはXのようなブローカーが手にする紹介料に過ぎず、女は端から200万円分のタダ働きを強いられることになる。このバンスには、さらに月1割の金利がつくという。

「当時はショートが1万2000円、ロングは4万円。例えば女が日に5万を稼ぐとするよね。うち半分は置屋の取り分で、残りの2万5000円からバンス分と女の維持費や生活費を引き、女の手元には5000円ほどしか渡らない」

 しかし、実際には、女のコにはこの5000円すらマトモに渡っていなかったという。

〈今日の分はママが預かって、明日渡すね〉

 そう置屋のママが言い、カネを翌日払いにすることで、継続して島で働くよう仕向けるのだ。

 もっとも、次の日も女が全額手にすることはない。島内でのタバコ銭として1000円ほどしか渡さない。脱走防止のためだ。

「当然、女のコは納得しないよね。そこでママがバンスのことを懇々と説明して脅したり、俺がマメに電話を入れ甘い言葉を投げかけるなどの色管理をして、飴と鞭の両輪で島での売春を続けざるをえない状況に追い込むの。

 脱走防止には、女の心のケアが最も大事なんだ。電話は3日に1回と決まっていた。当然、女のコにはケータイなど持たせない。俺が店に電話をして、店のママが取り次ぐかたちでね」

 置屋にはママの他に、飲み屋で言うチーママのような長く働き信用を得た女がいる。そのチーママがリーダーとなって少数のグループを作り、女を管理している。「島を出たい」などの不平不満を吸い上げ、それをママに報告。ママから外出の指示が出ると、1人2000円程度の現金を持たされ、チーママの監視下の元にポンポン船に乗り、賢島の駅前での買い物などの気晴らしをさせるのだ。

「それも週1回、1日だけ。こんな感じで、女が逃げ出す前にママと俺とで対処するシステムが確立されていた」

 それでも逃げ出すチャンスなどありそうだが、島民やポンポン船の船頭はもちろん、賢島の商店街や周辺のタクシー会社まですべてがグルのため、それも難しい。加えて、宿の部屋に盗聴器が仕掛けてあり、客も監視されているという噂もある。

「それは嘘だけど、客の顔写真を撮影し、ポンポン船の船頭に渡す。客に女を逃がす手引きをさせないよう監視するためにね。加えて新人売春婦の顔写真が貼ってある。それにサービス時に女に持たせるポーチの中には、コンドームなどの他に置屋のライターが必ず入っている。そのライターが実は探知機で、部屋に入った時間と出た時間が分かる仕組みになっているの。今はそんな厳しくないけど、当時の監視体制は相当に厳しかったみたいだね」

 ちなみにチーママは借金が終わっている女で、稼げば稼ぐ分だけ自分の実入りになる。島の出入りが自由のため、島が職場なだけで、追加の借金が無ければほとんど自由の身だ。

“水シャワー”でお灸を据える

 自然、逃げられないと悟った女たちはいかに島での生活を快適にするかに全力を注ぐようになる。長くいればいずれチーママになることができ、自由が得られる。こうして女たちは逃げる思考を奪われていくのだ。

 が、それでも脱走を目論む女がいる。

「俺が売り飛ばした女で、海に飛び込んで泳いで逃げようとした21才がいた。ロングで仕事に就き、夜中の2時頃、客がシャワーを浴びている隙に部屋を飛び出した。

 その数分後に客から店に連絡があり、手分けして島中を探したがいなかった。島にいないことが分かれば、すぐに対岸に連絡が入る。で、女が海を渡りきって防波堤に手をかけたところで捕まえたんだ」

 こうした女には“水シャワー”でお灸を据える。部屋のガスを止めて温水を使えなくする体罰だ。この水シャワーには警告の意味もある。

「チーママが女の不穏な動きを察知してママが指示するんだけど、それがバレてるよと知らせる合図にも使う。島に長くいるコはそれを知っているから、水シャワーになれば自ずと態度を改めるの。同時に私のところにもママから連絡が来るから、女に電話して、悩みを聞いてやってね」

 Xがブローカーから足を洗うことになったのは、1年が過ぎた1998年5月のことだ。爪を伸ばし、ある女を、バンスを手にしたらすぐに島から逃がし、また新たな女を入れてバンスをせしめる悪事を働いたのが運の尽きだった。逃がした女に警察に駆け込まれ、挙げ句、売春島への斡旋をチンコロされ御用となったのだ。

「逃がした女をソープに沈めてさらに稼がせていたから、さすがに罰が当たったんだろうね。当時は置屋が8軒で、女は100人くらい。しかもすべて若い日本人。だから客も多く、俺の女は逃げるって悪評だったけど、背に腹はかえられないのかママはすぐにバンスをくれたんだ」

暴力団組員が売春島でシノギ

 かつて、これほど島の実態が赤裸々にされたことがあっただろうか。偶然とは言えXに出会い、貴重な話を聞けたことに僕は、興奮を隠せないでいた。

 この告白からは、暴力団組員が、カネのために売春島でシノギをし、女に裏切られ逮捕の憂き目に遭ってしまったまでの顛末が分かる。関係者しか分からぬ実態も語られており、それなりの説得力も感じられる。

 このXへの取材は、こうして僕が“売春島”について調べ始める5年前、2012年のことだった。

 男は言っていた。

 置屋のママと直に仕事した方が稼げると思って、途中からA組の姐さんを飛ばして取引した。以降は、自分が直で、島に女を連れていった。だから一介のブローカーでは知り得ない話を知っている、と。

 しかし、である。1990年代当時、ライター式の探知機のような精巧な機械があったのだろうか。また、それを導入するほど島は厳戒態勢にあったのだろうか。

 さらに“水シャワー”も疑わしい。200万ものバンスを出すことをかんがみれば、女は引く手あまただったはずである。数ヶ月もすれば完済して自由の身になれるわけだし、脱出方法も海を泳ぐしかない。たとえ不満を漏らしていても、お灸を据えるより、心のケアを優先して気分よく働かせた方が得策ではないのか。

 僕には正直、Xのリップサービスがあったのではとの疑念があった。Xにもう一度会い、顔と顔を突き合わせ、その是非を確かめなければならないだろう。

 幸い、本名や組織名などと摘発事例を照合した結果、男が売春島の人身売買ブローカーであった裏取りはできている。そこには、もっと生々しいドラマがあったに違いない。そんな、前回は語られなかった事件の詳細も明らかにしたい。

 ふたたび僕は、Xを訪ねるため関西某所へと飛んだ。

「夕方には女とポン引きだらけでまっすぐ歩けなかった」なぜ寂れた離島が“ヤバい島”になったのか? へ続く

(高木 瑞穂/Webオリジナル(特集班))

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング