「中国人が消えることはない」 歌舞伎町と中国マフィアの切れない関係

文春オンライン / 2020年10月12日 17時0分

写真

©iStock.com

「売春するって、自分で自分をつぶすことよ」 新宿・歌舞伎町が“日本一の歓楽街”になるまで から続く

日本一の歓楽街、新宿・歌舞伎町。コロナ禍でも、感染源である”夜の街”として名指しされるなど、目の敵にされることが多かった。欲望・エロス・犯罪の都は、いかに生まれ、どこに向かうのか。暴力団や組織犯罪を長年取材してきた溝口敦氏の著書、『ヤバさの真相』(文春新書)より、一部を抜粋して紹介する。(全2回の2回目、 #1 より続く)

◆ ◆ ◆

あからさまな求人広告

 2002年ごろから歌舞伎町のアジアン・エステではホンバン(性交)が当たり前の行為になり、ポン引きの外国人女性が「1万円で最後までOKよ。かわいい子一杯いるよ」と道行く男たちに堂々と声を掛けるようになった。

 2003年、歌舞伎町を中心に配布されている中国語紙には、次のようなエステ店の求人広告が出た(原文の中国語を和訳)。たいがいの日本人はこれを見て、その違法を承知の図々しさに驚こう。中国人の仲間内では日本の法律や取締りは問題にもされず、意識にも上らなかったかのようにみえる。また日本人は中国女性に約束される高額報酬を知って、ウソだろうと思うだろう。

〈エステ『K』新宿歌舞伎町超一流チェーン(六店)大型店 連合 急募 女性
月150万円の収入は軽い まじめにやれば250万円も可能 300万円以上の月収も難しくない
○店に住み込み可 ○収入は店と女性との間で五分五分の配分、日払い、税金の徴収なし
○年齢三十歳まで ○ホンバンをやる ○ビザ不要、不法滞在者大歓迎〉

 連絡先として店長と店のママの携帯電話番号が記されている。ちょっと容姿に自信があり、体を売ってでもカネを掴もうという考えの中国女性なら、月収150万円、250万円を目の前に突きつけられて、ムラッとやる気を起こすかもしれない。

 歌舞伎町が長い中国人男性Qが解説する。

「エステでホンバンは2万円。私が知ってる子は1日最高25人の男を相手にした。これで1日の売上は50万円。女性の取り分は半分の25万円です。1日10人を相手にして月に20日働いたとしても、月収200万円になる。ちょっと体を酷使すれば、300万円以上になるというのはホントなんです」

エステ王、荒稼ぎの構図

 不景気と経済危機に見舞われている日本人としては、なんとも複雑な気分になる。違法の商売とはいえ、とんでもない額を日本の男たちは支払い、中国人に稼がせている。店で働く女性がこうも高額なら、エステ店の中国人経営者はさらに目玉の飛び出る額を稼いでいるはずである。

「Kチェーンを経営しているのは南京出身、37歳の中国人Kです。この男は最近逮捕されたから言うけど、97年ごろ歌舞伎町で外国人相手にガイドを始めた。それが6年たった今、エステを6店も経営している。1軒の店に女の子が5人いれば、月の売上が1000万円はいく。6店で月6000万円。年間約7億円。儲けの凄さが分かるでしょう。

 それに中国エステの内装は中国人の内装屋がやる。内装屋は工事に使う木材やセメントなど材料にカネを使わず、日本人の業者が道に出している材料をトラックで盗んでくる。だから工事費が安く、想像するより安いカネで店をオープンできるんです」(前出のQ)

 エステの経営者Kのケツ持ち(用心棒)は極東会系の組と自称マカオや上海のマフィア、あるいは中国東北幇(中国東北部=旧満州=遼寧、吉林、黒竜江三省の出身者から成る中国マフィア、または日本に帰った中国残留孤児の二世)だった。

「東北三省には傾いた国営工場が多く、中国の中でも貧しい地域です。それに旧満州時代の遺産で身近に日本語を話す人が多く、高校で日本語も教えている。だから彼らにとって日本は取っつきやすく稼ぎやすく、争って日本に来ることになる。一時期、歌舞伎町に多かった上海、福建、北京の出身者は最近地元に帰って少なくなり、東北三省の出が多いんです」(Q)

 かつてこのKにひどい目に遭わされたという南京出身のエステ店経営の女性が語る。

「Kは3年前、私のところに上海出身の男を連れてきて、『この男が3万円出すからエステ商売の勉強をしたいと言っている。希望を叶えてやってくれ』と言い出した。私は引き受け、2時間ほど教えてやった。男は『自分でもエステ店をやりたい。手伝ってくれないか』というので、私はいいよ、と引き受け、それでこの男とつき合いが始まったんです。

 そのうちKがまた私のところに来て、店に雑用役兼用心棒を紹介する。月40万円やってくれないかというので、上海出身、40歳くらいの男を雇いました。この男は来日3ヵ月で、まだ日本語をしゃべれない。おまけに働かないし、雇って1ヵ月後、私のカバンから売上金を盗んだ。当然、首にしました。

 そうしたらKがやって来て、『俺が紹介した人間をなぜ首にした。俺のメンツがない』って、私を脅しに掛かった。私には娘がいるんですけど、『1000万円出さなければ娘を誘拐する。2日間、時間をやる。カネを出すか、娘をさらわれるか、どっちが得か、よく考えろ』と言いました」

 来日した中国人は旧知の関係でも教示料や紹介料など、依頼事にカネを介在させる。Kとのもめ事にもそうした習慣がかいま見える。

パリジェンヌ事件の背景

 女性経営者は日本の警察に知り合いがいたから、警視庁深川署に被害届を出した。警察は話し合いの場になる喫茶店に盗聴器を仕掛け、店内に私服の警察官を配置した。Kの一派は4人でやってきた。1人が「今1000万円を出さないと娘を誘拐する」と、また脅し言葉を吐いた。女性経営者が「殺されてもカネは払わない」と答えたとき、警察官がいきなり一派に襲いかかり、その場で2人を逮捕した。

 Kはこれで怯え、「悪かった。賠償金200万円を払うから被害届を取り下げてくれないか」と女性経営者に泣きついた。彼女は警察にも相談して被害届を取り下げ、Kと示談にした。だが、Kの恐喝未遂は消えず、裁判で懲役2年6ヵ月、執行猶予3年の判決が出た。2003年11月満3年がたつはずだったが、その前にKは別の事件で逮捕され、執行猶予は取り消された。

 エステ店の女性経営者は、これで当分の間、Kはシャバに戻れないと喜んでいる。出所後、Kは中国に強制送還され、再入国するにしろ、歌舞伎町人生は終わるにちがいない。

 だが、こうした中国人同士のもめ事を見聞きするにつけ、歌舞伎町では、豊かであるはずの日本人が想像さえできないほどの巨額が中国人の間で飛び交っていることが分かる。カネに狂奔する中国人は同胞相はむカネの争奪戦を演じて、ときに中国人、日本人を問わず誘拐し、殺す。

 2002年9月、歌舞伎町風林会館1階の「パリジェンヌ」で中国人マフィアが住吉会系幸平一家の幹部組員2人を拳銃で殺傷する事件が起きた。警視庁は事件で共犯の8人を逮捕したが、うち5人が吉林省の出身だった。前記の東北幇と見ている。

 銃撃の実行犯で主犯格の男は黒竜江省出身で、日本名を村上と名乗る金石(40)だが、事件後、中国に逃げ、03年3月、マカオに入ろうとして、中国の捜査当局が身柄を拘束、黒竜江省に移送した。

 事件の概要は公表されていないが、警視庁に逮捕された銃撃犯の一員、金在宇(38)の論告求刑によれば、金石がリーダーである強・窃盗専門の中国人犯罪グループが住吉会系幸平一家と揉め事を起こし、パリジェンヌで両者の話し合いが持たれた。話し合いの前、金石は「日本のヤクザは俺たちからカネを取るつもりだ。カネを渡したら、歌舞伎町での俺のメンツがつぶれる。今日はみんなに集まってもらい、ピストルを持って奴らと戦う。俺が一発撃ったら、みんな撃て」などと仲間に指示していた。犯行に使用した拳銃はマカロフで、殺傷力が高い中国軍の制式拳銃だった。中国人グループは店内に七名の一般客がいたにもかかわらず、銃を乱射した。この強・窃盗グループは羽振りがよく、他の不法滞在者から羨ましがられる存在だったという。

背水の陣の警視庁

 組員2人を中国人に殺傷された住吉会系幸平一家は02年10月、村上こと金石を追う過程で、中国側の運転手役をつとめた日本名熊谷俊男こと張立濤(26)に暴行し、胸や腹など14ヵ所を刺して殺し、死体を新宿区上落合に遺棄した。

 この報復行為で幸平一家は03年4月、組員五人が警視庁の指名手配を受け、数人が逮捕された。日本のヤクザは警察の徹底摘発も覚悟の上、中国マフィアに総力戦を挑む時代を迎えた。もはや日中マフィアの歌舞伎町での棲み分けは不可能になったのか。

 前出のQは中国人の姿が歌舞伎町から消えることはないと、棲み分け不可能説を否定した。

「中国人は不法滞在で警察や入管に挙げられれば、強制送還される弱みを持っていたわけですが、最近はビザの取得も簡単です。女なら日本の男と偽装結婚する。男が本気で結婚する場合もあるけど、中国女性はわざと夫と喧嘩し、家を出てしまう。月に一回ぐらいはサービスで夫にセックスを許し、カネを稼げる自由を得るわけです。

 男の場合は知り合いの日本の会社に自分を招かせ、そこに雇用された形を取る。会社から名目上もらったことにする給料にかかる所得税などは自分で支払う。給料をもらうどころか、逆に日本の会社に月7万円ぐらいをお礼で払う。それでも歌舞伎町で稼げる額と比べれば、ごくごく安い必要経費と考えてます」(Q)

「パリジェンヌ事件」は暴力団ばかりか、警視庁にも衝撃を与えた。歌舞伎町の裏社会を仕切っているはずの暴力団が逆に中国人マフィアに襲われ、死傷者を出した。このまま放置しては歌舞伎町は中国人マフィアに征圧されてしまう……と考えたのだろう。

 03年、警視庁は組織体制を改めて歌舞伎町に臨んだ。すなわち刑事部内の捜査第四課、暴力団対策課、国際捜査課と、生活安全部内の銃器薬物対策課をそれぞれ廃止した。代わりに組織犯罪対策部(組対)を新設し、組織犯罪対策総務課、組織犯罪対策第1課~第5課を創設し、同年4月1日から実施に移した。歌舞伎町のハイジアビルには前から国際捜査課が置かれていたが、同じビルに組対を持ってきた。

 しかもハイジアビルの8階には東京入国管理局の新宿出張所が新設され、同じく4月1日から稼働を始めたことは前に記した。当初、入管新宿出張所は所長以下41人の陣容で発足し、05年には所長以下、統括入国警備官2名、入国警備官60名、入国審査官9名、総勢72名の体制になった。

 新宿出張所は、開設してわずか22日後、品川の東京入管本部からも入国警備官70人の応援を得、また機動隊を中心に千人もの警察官を動員して歌舞伎町を包囲した上、不法滞在外国人の一斉摘発に踏み切った。

(溝口 敦/文春新書)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング