手足をバタバタと……法廷で明かされた8人目の被害者、25歳女性へのおぞましい犯行

文春オンライン / 2020年11月12日 20時0分

写真

9人が殺害された座間市内のアパート ©渋井哲也

「昏睡状態の女性をレイプすることが……」すでに7人を殺害した白石被告が犯行をやめなかった理由 から続く

「18時以降から大丈夫です」

 座間9人殺害事件で8人目の被害者となったHさん(当時25、女性)は、自殺を呼びかける白石隆浩被告(30)のTwitterアカウント「@終わりにしたい」にこんなDMを送っていた。

コンビニで働き始め、明るくなっていたのに……

 なぜ、Hさんは「18時以降」と言ったのか。それは週2、3回しているコンビニのアルバイトの勤務があったからだ。母親の証言によると、犯行のあった前日の10月17日は、いつも通り、午後1時からアルバイトのシフトが入っていた。

「以前は引きこもりで、部屋でゲームをして、食事の時だけ部屋から出るような生活でした。しかし、コンビニで働くようになって、ハキハキ喋るようになり、表情も明るくなりました。家では冗談を言ったり、明るいのですが、外では引っ込み思案な性格です」(11月10日、母親の証人尋問)

 しかし、Hさんは、自殺願望が強まり、「自殺募集」する前日、10月16日、自殺関連のキーワードを検索している。例えば、「ストレス」「息苦しい」「うつ病」「精神安定剤 市販」「殺され願望」「殺されたい願望」「睡眠薬 首吊り」「自殺オフ会」「とにかく死にたい」「なんかもう疲れた」「今すぐ死にたい」などだ。

 その中には、「酸欠少女」も入っている。シンガーソングライターだが、どんな曲を検索していたのか明らかになっていない。あえて死を連想するものとしては「来世で会おう」があるが、アニメ「僕だけがいない街」や、アニメ「僕のヒーローアカデミア」のエンディングテーマ曲も歌っているので、必ずしも「死」を連想させるものばかりではない。

白石被告が相模大野駅まで足を運んだ理由

 白石被告の犯行手順であれば、それまでは相模大野駅で待ち合わせをしたとしても、最寄駅である相武台前駅まで相手を誘導していた。しかし、Hさんの時は、相模大野駅まで白石被告も行っている。

「相武台前駅は、神奈川県の中では田舎な方です。もし、相武台前で待ち合わせをしたら、Hさんが来る気をなくしてしまうのではないかと思ったからです。ネットの出会いの話になりますが、直前になって会うのをやめたり、当日来なかったりのようにバックれられたとしても、自分の時間が無駄にならないようにしていました」

「悩んでいるようには感じませんでした」

 Hさんに会ったとき、「私の部屋で一緒に死にましょう」といい、白石被告のアパートに行くきっかけにしたという。そんなHさんの印象としてはこう答えている。

「悩んでいるようには感じませんでした。シンプルに言えば遊びに来たような感じでした。補足が必要ですが、『寂しい』『疲れた』『死にたい』と呟いている人の中には、出会い目的の人もいます。Hさんも、出会い目的なのではないかと推察します。なぜそう思ったのかといえば、出会った後は深刻そうには見えませんでした。『今すぐ死にます』という感じではなかったです」(弁護人への回答)

 殺害状況については、「今は記憶にない」「覚えていない」を繰り返した。

「お酒や薬が効いていたと思ったため、背後に周り、胸を触り、突き倒して、馬乗りになり、首を絞めました。この記憶はありますが、はっきり説明すると、全体的な意識として、一人ひとりにしていることは同じなので、Hさんも同じ手口でやったと思います」(裁判長への回答)

初対面で外見を褒められた

 つまりは、最初の3人と、寝ているときに縛った人(Fさんと思われる)の4人については「腹を殴った」ことはない、ということになる。Hさんをどうしたのかは記憶が曖昧だ。ただ、Hさんの個別の記憶については「明確な記憶はない」としながら、こう話した。

「部屋に入って、30分から1時間、長くても2時間ほどは雑談していました。自殺の話は、会った直後はしていました。私に好意があるかどうかを確認しようとしました。私に対する好意の面では、笑って話をしていましたし、態度や雰囲気でイケそう(=口説けそう)でした。他の人からのDMで『胸は何カップあるんですか?』というものがあって、『気持ち悪いね、変態だね』と言って、打ち解けていました。また、初対面で外見を褒められたというのもあります。しかし、収入がなさそうだったので、レイプして殺害し、所持金を奪おうと思いました。奪ったのは数百円です」

 失神させる過程で腹を殴った人もいる、との捜査段階での供述ついても聞かれたが、「Aさん、Bさん、Cさんと、(寝ているときに)縛った人以外で、殴った人がいるという記憶はあるのですが、具体的に誰かは覚えていません」と答えるのみだった。

ぶら下がっているときに上着をはいで……

 抵抗の有無についても、殺害の承諾があったかどうかの争点の一つになっているが、裁判長の質問にこう答えた。

「Hさんの抵抗については具体的には覚えていません。しかし、全員が、首を絞めている私の手を外そうとしたり、手足をバタバタさせたり、体を動かすことはしていたのは間違いない。縛った人のときはものすごく簡単に失神させることができました。他の人は、その記憶がありません」

 失神後はどうか。

「レイプした後、首を吊る状態にしたときに、ロープと首の間にはタオルを使いました。縄があたるあたりの、あごの、喉側の部分です。警察の科学捜査がどこまでできるかわからないのですが、仮に遺体を埋めたときに、死因がわからないようにするためです。また、失禁して飛散するのを防ぐため、ズボンは履かせました」

 また、「上着はどうしたのか?」と検察官に聞かれた。

「Hさんは、ぶら下がっているときに、上着をはいで、胸をみていた記憶があります。ハサミで切っていたので、胸の部分が開いていたのを覚えています。これを理由に、Hさんの首つりのことは覚えています。しかし、首を絞めたあたりの記憶が薄れてきています」

母親は「自分の命にかえても、罪を償ってください」

 Hさんの母親は、証人尋問で「ビッグサイズのポテトチップスを買って、ケンタッキーを買って、10月31日にハロウィンパーティーをしようと言っていました。7年間引きこもって、バイトの面接も20回以上しました。やっとコンビニに合格したのです。ほっとしたのも束の間で、こんなことになってしまいました。残念で悔しいです。生きていれば、いろんな未来がありました。(白石被告は)それを壊したのです。十分に反省して、自分の命にかえても、罪を償ってください」と訴えていた。

(渋井 哲也)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング