Go To見直しは“説明ナシ”では乗り切れない 産経師匠からも菅総理へ「どうかしている」の叱咤

文春オンライン / 2020年11月24日 8時0分

写真

菅義偉首相 ©JMPA

コロナ対策は後回し』という見出しがあった(11月7日産経新聞)。

 学術会議に固執するばかりで野党はコロナ対策については後回しなのか、という産経師匠のお叱り。

《1月~6月の通常国会で野党は新型コロナウイルスの感染が広がる中、「桜を見る会」などの政権追及に固執し、支持者からも批判を浴びたが、今国会でもコロナより「学術会議」を優先する姿勢が目についた。》(同)

 もっと大事なことをやれ、という産経の主張。

 しかし私はこんな心配もしてしまう。学術会議の件ですら説明できないなら、さらに大きい問題が起きたら説明できないのでは? と。倍返しになってしまう恐れ。

 それは今年初めもそうで、当時の政権は「桜を見る会」の説明を曖昧なままで乗り切ったように見えたがコロナ禍でフラフラになってしまった。政策決定の「過程」を国民注視の中で相次いで問われたのだ。

「説明しない」強硬姿勢が持つ危険性

 つまり、説明しないまま押し切る成功体験はむしろ政権にとって危険なのである。だからこそ学術会議の件は任命拒否の理由を答えるまで聞いてあげなければいけない。菅首相のために、国益のために。

 ここで産経師匠をフォローしておくと新聞の中で政府の対応、たとえば「Go Toキャンペーン」に対して厳しくかつ具体的に言い続けていたのは産経新聞だった。

 11月20日の社説は『「Go To」の一部停止も』と踏み込んで訴えていた。朝日新聞は『「Go To事業」の扱いも検討事項の一つだ。』という表現にとどまっていた(11月13日)。

 社説とはいかに曖昧な表現で何か言ってるように思わせるかという芸だと私は思っているが、産経は「Go To」に関しては細かかった。

産経師匠から菅総理へ「どうかしている」の言葉 

 産経師匠のお叱りは止まらない。菅首相が「Go Toキャンペーン」の見直しの方向を表明した翌日22日の社説を見てみよう。『具体策を一日も早く示せ』と尻を叩いている。そして、

《政府が今ごろ会合を開き、方針を決めたことすら遅いのに、具体的な実施対象、期間を示さないのはどうかしている。》

 どうかしている! 菅さん、どうかしてるって言われてますよ。一面記事では「生煮え」とも。ああ。

 21日の『首相、記者会見開かず』という記事では菅首相は情報発信に消極的とし、

《国民の不安や疑問に応える情報発信は政府トップの役割の一つ。感染状況が悪化した11月以降、首相は記者団のぶら下がり取材には応じるものの、記者会見は開いていない。》

 出ました記者会見問題。なぜ菅首相はコロナ感染拡大の中でも会見をしないのか。そもそも首相に就任してから国内では2カ月以上も記者会見を行っていない。驚愕の事実である。

 ぶら下がり取材は記者会見ではない。一方的な発信であるから説明しなくてもいい。実際こんな光景もあった。

《首相は記者団に「Go To」を一時停止すると重ねて説明。ただ、「タイミングは遅くなかったのか」「一時停止はいつから始まるのか」などと問われても答えることはなく、すぐに背を向けその場を後にした。》(朝日11月22日)

 記者会見じゃないから「すぐに背を向けその場を後に」することも可能なのである。「答えない」「説明しない」という悪癖がこの大一番で出てしまっている。

《口を開いても発信力への不安からか、ぶら下がり取材に応じるだけで記者会見も開かない。》(日刊スポーツ11月23日)

 前面に出ない首相のために《国民に危機意識が浸透せず、「コロナ慣れ」を招いているとの指摘もある。》(信濃毎日新聞11月21日)

 産経にはこんな証言も。

《首相の心境について、周辺は「記者会見で丁々発止のやり取りとなれば、強気の姿勢が国民の反発を招いてしまうと自覚しているからだろう」と推察した。》(産経11月21日)

記事の行間からにじみ出る「イラ菅」ムーブ

 この行間は読ませる。

 丁々発止のやり取りで「強気の姿勢」が出てしまうというのは、普段どれだけ裏では「強気」の態度なのだろうと思ってしまう。すぐイラっとなっちゃう方なのか。これまで「イラ菅」とは菅直人のことだったが今後は「イラ菅」(いらすが)と読まなければならないのか。

 そういえばこんな奇妙な言葉も注目されている。「お答えを差し控える」。

 立命館大の桜井啓太准教授(社会福祉学)が調べたら、2012年の第二次安倍政権から増えたという。「ああいった答弁を繰り返しても政権を維持できたので、味をしめたのでは」(東京新聞11月21日)。

 しかしあらためて申し上げたいのは「説明しない」で押し通したとしてもコロナ対応という非日常ではボロが出る。その態度がブーメランとなって返ってくる。

 首相は記者会見をしてほしい。国民のために働いているという姿勢を見せてほしい。自分が首相を目指すのはコロナ対策に力を入れるためだと総裁選の時に言っていなかっただろうか。

 そのコロナ対策が「経済を回す」のだというなら、それならそれで国民の前であらためて堂々と言えばいい。それがリーダーの振る舞いではないだろうか。

「お答えを差し控える」はもう差し控えてください。

(プチ鹿島)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング