1995年地下鉄サリン事件 なぜ理系の高学歴者は、麻原彰晃にのめり込んだのか

文春オンライン / 2020年12月19日 17時0分

写真

©iStock.com

 1995年3月、地下鉄サリン事件が世間を震撼させた。事件から2日後の3月22日に、警視庁はオウム真理教に対する強制捜査を実施し、やがて教団の犯した事件に関与したとされる信者が次々と逮捕された。地下鉄サリン事件の逮捕者は40人近くに及んだ。この事件で同時に起訴され、主張や弁護人の足並みの揃った実行犯である廣瀬健一と豊田亨、それに送迎車の運転手役だった杉本繁郎の3人がいっしょに並んで、同じ法廷の裁判に臨んでいた。

 その判決公判廷の傍聴席にいたのが、ジャーナリストの青沼陽一郎氏だ。判決に至るまでの記録を、青沼氏の著書『 私が見た21の死刑判決 』(文春新書)から、一部を抜粋して紹介する。(全2回中の1回目。 後編 を読む)

◆◆◆

地下鉄サリン事件の実行犯たち

 地下鉄サリン事件──。渋谷のマンションの一室から、5台の車に分乗して実行役を担当路線の駅に送り、そこから乗り込んだ地下鉄車輛内にサリンを散布して下車。送迎車は降車駅に先回りして彼らをピックアップすると、再び渋谷に戻る。標的は霞ケ関。同駅を通る3路線上下5方面。散布方法は、新聞紙に包んだサリン入りポリエチレン袋を車床に落とし、尖った傘の先で突いて漏出させると同時に降車するという、単純なものだった。

 これが各路線で同時多発的に実行されて、1995年3月20日の東京の朝は、大混乱に陥った。

 その時、実際に地下鉄に乗り込んでサリンを撒いたのは、理科系の高学歴者が多かった。

 林郁夫も慶応大学を卒業した心臓外科医であったし、また、日比谷線東武動物公園方面往きを担当した豊田亨は東京大学理学部を、丸ノ内線荻窪方面往きを担当した廣瀬健一は早稲田大学理工学部の応用物理学科を首席で卒業していた。この豊田と廣瀬に、送迎車の運転手役だった杉本繁郎を加えた3人がいっしょに並んで、同じ法廷の裁判に臨んでいた。

 そもそも、同じ事件を犯した共犯者であるならば、全員が一堂に会して同じ裁判長の前で裁かれるのが本筋だった。しかし、同じ共犯者であっても、主張が異なったり弁護方針が違うような場合には、同じ裁判長のもとでも、分離されて公判が開かれる。あるいは、このオウム事件の場合には、地下鉄サリン事件とは別に起訴された事件の関係で、他の裁判長(東京地裁には刑事第1部から第16部まであった)のもとに配置されていたりで、なかなかまとまって裁判を受けるケースは少なかった。運転手役とはいえ杉本などは、日比谷線中目黒方面往きを担当して最多の死者8名を出した林泰男を送迎していたのに、裁判がはじまっても当の林泰男はいまだ逃走中だった。豊田、廣瀬を送迎した運転手もやはり、捕まっていなかった。

実行役の違和感

 それで、同じ事件で同時に起訴され、主張や弁護人の足並みの揃ったこの3人がいっしょに裁かれることになった。

 因に、麻原の専属の運転手も任せられていたという杉本繁郎は、最終学歴が岡山商科大学卒。なにも学歴で人をみてはいけないが、とはいえ、同じ法廷に肩を並べる豊田と廣瀬はいつも黒のスーツでやって来るのに、杉本だけはなぜかジャージやスウェット姿だった。そんなところにも、生い立ちの違いから、教団内での処遇や、犯行の役割も異なっていたことを感じさせていた。

 しかし、それにしても、だった。

 いったい、どうして理科系の高学歴者が、麻原彰晃という男にのめり込んでいったのだろうか。彼の説く世界の、どこに彼らを魅了するものがあったのだろうか。

 それに、いわば理科系のエリートともなれば、教団組織の中でも上層部に位置する幹部クラスだった。宗教的なステージも高いとされていた。それが、組織犯罪の実行役として現場で直接手を染める。普通なら考え難いことだった。

 例えば、暴力団の犯罪。幹部は、指示は出しても、直接手を下すことはない。抗争事件にしても、鉄砲玉とか兵隊と呼ばれる、いわば下っ端が事件を起こして、上層部には手が回らないように組織防衛を張る。

 豊田、廣瀬、そして杉本と並べば、それこそ杉本が実行役であるのが自然だった。ところが、彼らはそうではなかった。地下鉄サリン事件の「自首」が認められた林郁夫も、最初に自白した時には取り調べの警察官でさえ、その話を信じられなかったと、法廷で証言している。まさか、エリート医師で「治療省大臣」と呼ばれた教団の幹部に、そんなことをさせるとは思えなかったからだ。

3人が並んだ法廷

 3人が並ぶ法廷は、この事件の異質さを象徴的に表現していた。

 それにもうひとつ。法廷での彼らはよくしゃべった。それは、おしゃべりという意味ではない。死刑相当事犯の裁判だけに、彼らにはそれぞれ3人以上の弁護人が就いていたが、彼らの質問に対しても、実直に自分のことを語った。麻原や他の共犯者の公判に証人として呼び出されても、臆することなく、事件の全てを語っていった。同じ事件の内容を繰り返し証言するにしても、ぶれることなく、あるいは当時の心境を聞かれても、取り乱したりすることもなく、粛々と理路整然と説明していった。それでいて、必要以上のことは口にしない。一言でいえば、真面目なのだ。時として、麻原の運転手をしていた杉本が、麻原のプライベートを暴露して奇をてらったこともあったが、他2人の理数系の頭の良さと誠実さが伝播していくように、脇道にそれるようなことはなくなっていった。だから、彼らが拘置される東京拘置所の独居房から出されて、毎回法廷で顔を合わせることになっても、決して言葉を交わすことはなかった。決まりをきちんと守って、裁判に臨んでいた。

 そして、結論から言ってしまえば、彼ら3人は並んで判決を受けた。

 判決の理由から入って、最後に言い渡される判決の主文。それまで、被告人席に座っていた3人を裁判長が証言台の前に呼び寄せた。

 黒いスーツの豊田、廣瀬、そしてこの日もラフなジャージ姿だった杉本の順番に、裁判長の正面に並んだ。傍聴席からは、彼らの背中が横一列に見渡せる。

 それから、裁判長が言った。

生死を隔てる壁

「被告人豊田、並びに被告人廣瀬を死刑に、被告人杉本を無期懲役に処す」

 目の前ではっきりと、それでいて目には見えないのだけれど、明らかな死刑と無期との境界線が引かれた瞬間だった。

 人間を3人並べて、お前とお前は助からない、だけどお前だけは助けてやる、そう言ったに等しかった。

 3人が並んで判決を受けるというのもぼくにとってははじめてだったが、これほど残酷な瞬間もはじめてだった。

 その瞬間、明らかに動揺したのは、杉本のほうだった。生かされることが決められた側が、まるで罪悪感を認識したかのように、顔を真っ赤に膨れ上がらせて、豊田と廣瀬のほうを見た。2人は正面を見据えてじっとしている。杉本は、何かを語りかけたかったのかもしれない。しかし、生死を隔てる壁の向こう側に行ってしまった2人に、届く声などなかった。

 95年の初公判以来4年。ずっと同じ法廷の裁判で、その度に幾度も顔をあわせながら、一度も言葉を交わすことのなかった3人の末路は、2人の死刑判決をその場で聞かされた杉本にとってこそ悲痛なものだったのかも知れない。いまにして思えば、2人がいつも着てきた喪服のようなスーツは、最初から壁のあちら側にいる人間の立場や役割の違いを、ずっと暗示してきたようなものだった。

「無常を感じる」

 それは、廣瀬が法廷で語ったことだった。

 その言葉を、豊田と杉本も聞いている。

「高校3年にあたり、進路を決めるのにいろいろ考えることがありました」

 それが宗教に結び付いたのだと言った。

「当時、無常観というものを持って、それが宗教の分野かと思った、ということです」

 いったい、彼は何に無常を感じたのだろう。

地下鉄サリン事件、死刑囚の母の“告白”「息子のことではない、別の人間だと思ってました」 へ続く

(青沼 陽一郎/文春新書)

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング