《箱根駅伝2021準優勝》創価大の大躍進 聖教新聞はどう報じたのか

文春オンライン / 2021年1月5日 6時0分

写真

創価大学の5区を走った三上雄太選手 ©AFLO

 今年の箱根駅伝、主役は創価大だったのではないか。

 往路優勝を決め、復路も優勝争い。最後は駒大が逆転して総合優勝したが創価大の躍進が注目を集めたのは間違いない。

 新聞マニアとしては記事でもじっくり読みたくなった。そこで考えた。

 巨人の優勝記事を味わいたいならスポーツ報知だ。阪神が優勝したらデイリースポーツだろう。では創価大の記事を読むならどの新聞がふさわしいか――。

 聖教新聞である。この一択しかない。ほかに何がある。

 こういうときの「専門紙」は面白い。今から3年前、2018年の夏の高校野球で秋田県の金足農業高校が活躍した。あのときは「日本農業新聞」も金足農業を連日報道していたのだ。私は大会期間中の日本農業新聞をすべて読んでみたが独自ネタが満載だった。

 たとえば応援団は広い甲子園球場でも声が届くように学校にある水田で声出し練習をしたという。金足農業を通じて農業にたずさわっている人たちの人生も日本農業新聞は報じていた。「専門紙」「業界紙」ならではの熱さ。

 というわけで今回は「聖教新聞は箱根駅伝をどう伝えたか」。

聖教新聞が報じた創価大陸上部の躍進

 さっそく1月4日付の聖教新聞を読むことにした。電子版なら会員登録をすればある程度の記事は読めるだろう。しかし私はやはり「紙」にこだわりたい。なので最寄りの聖教新聞の新聞販売店を調べ、電話して聞いてみることにした。

 1月4日の昼すぎに電話すると何回かけても留守電。ようやく13時過ぎにつながった。

「すいません、聖教新聞を購読していないのですが駅伝の記事を読みたくてお電話しました。一部売りは可能ですか」

「ああ(笑)、いいですよ」

 朗らかに答えてくださった男性。店主だろうか。すると、

「私、1人で集金や配達をやってまして留守が多いんです。今からまた出ますので新聞を袋に入れて置いておきます。お金は店先の箱に入れておいてください」

 値段を聞くと一部「77円」。安い!

 丁寧に対応してくださったのでうれしくなり「100円入れさせて頂きます」とつい小さな見得を切る私。それにしても何度電話しても出ない理由がわかった。1人で切り盛りしてるならそりゃ忙しいだろう。いや、配達する部数が以前ほど多くないから1人でも可能ということか? 新聞販売店の現状を少し見た思いであった。

 ちなみに、

「今日こうして電話での問い合わせって結構ありましたか」と尋ねると、「電話は今回が初めてですけど、店頭に買いに来る人は多いですよ」とのこと。

 ラグビーW杯2019では「にわか」ファンが出現したが、今回の駅伝では創価大の「にわか」ファンが誕生しているのか⁉

 というか私も「にわか創価」だと思われたかもしれない。…表現がややこしいのでこのへんでやめておきます。

 では聖教新聞の1月4日付の紙面を見てみよう。1月2日と3日は休刊だったので駅伝の記事は往路も復路も本日付の紙面にまとめて載っているという。

 パッと開くと一面には大きな写真。往路初優勝のゴールテープを切る5区・三上雄太選手。

 見出しは『箱根駅伝 創価大学が往路優勝

 2面と3面を開くと『創価旋風 箱根路を席巻』『大活躍に喝采

 壮観! 圧倒的な「優勝」感!

専門紙ならではの「お祭り紙面」

 かつてデイリースポーツは金本監督の初開幕戦を『超攻めた開幕戦 金本監督最強のチームを作ろう』(2016年3月26日)と劇的に伝えた。一面の真ん中は金本監督の満面の笑みで見出しも写真もお祭りモード。しかしよく読むと試合は負けていた。あの紙面を今回の聖教新聞で思い出した。

 でもいいんです。往路優勝したことは間違いない。このお祭り紙面は「専門紙」ならでは。

 一面記事の冒頭には「おめでとう! 開学50周年を飾る歴史的快挙!」

 そんな節目の年だったのか創価大。そりゃ盛り上がる。

 私が今回、聖教新聞を読むにあたり注目したポイントは2つ。

 1つは「創価大躍進の秘訣」。本紙ならではの情報が載っているか?

 あと1つは「信仰のおかげ」に触れた解説があるかどうか。この2点である。野次馬ですいません。

 まず躍進の秘訣を探すと2面に榎木和貴監督のインタビューが載っていた。

――就任2年目で総合2位の結果を残せたことを、どう捉えていますか。

 そうそうこの質問。監督はなんと答えているか。

「私の指導というよりも、選手たちが純粋に“箱根に出たい”“シードを取りたい”“3位を目指したい”と真摯に取り組んでくれ、普段の苦しい練習に耐えてくれた結果が、選手たちの成長につながっていると思います。」

…真面目な答えだった。

 スポーツ紙で補足しておこう。

《往路で強豪をまとめて倒し、箱根駅伝史に残る“ジャイアントキリング”を成し遂げた創価大の榎木和貴監督は「ミスター箱根駅伝」と言っても過言ではない。》(スポーツ報知1月3日)

 中大時代からスターだった榎木監督は卒業後に旭化成に入社。創価大監督には19年に就任し、いきなり初シード権を獲得。

《2年目の今季は、まさかの往路優勝。「学生時の練習をもとに旭化成の選手時代の経験も落とし込んでいる」と話す。榎木監督の在籍当時、学生トップクラスだった中大と実業団の強豪・旭化成の練習の“いいところ取り”で創価大を成長させた。》(報知・同)

今回の躍進に「信仰のおかげ」はあったのか?

 では聖教新聞に戻る。私が読みたいポイント「信仰のおかげ」について書かれているか。

 一面を読んでいて目立つのは「希望・勝利の年」というフレーズ。

 朝日新聞でいうと天声人語にあたる聖教新聞の一面コラム「名字の言」の後半に出てきた。

《「希望・勝利の年」が開幕した。師弟共戦の祈りと誓いという“襷”を胸に、栄光のゴールを目指して、勢いよくスタートしよう。》

 いきなり慣れない言葉がたくさん出てきた。「にわか」には難しい。

 ただ、その上を見ると『「希望・勝利の年」晴れやかに各地で出発』という記事があり、

《学会創立100周年へ、“勝負の10年”を決する「希望・勝利の年」が晴れやかに幕を開けた。》

 創価学会は2030年に100周年を迎えるようだ。

《2021年は、今後10年にわたる「勝負の時」の勢いを決する最重要の一年である。希望あるところに勝利があり、勝利あるところに希望がある。》(創価学会HPより)

今後10年は創価学会「勝負の時」?

 私はてっきり駅伝に感銘を受けて「希望・勝利の年」なのかと思ったがまったく違った。今後10年にわたる「勝負の時」は以前から掲げられていたのだ。菅首相は先日「勝負の3週間」に敗れたが、レベルが違うのである。

 それにしてもそんな節目の年に駅伝で創価大が総合2位ってたまらないだろう。

 紙面には私が注目していた信仰のおかげという解説はとくに見当たらなかった。考えてみれば信仰の厚い方々が毎日読む新聞なのでとりたてて「効果」を書くことではないのかもしれない。

 さらに言えば「池田先生と共に希望・勝利の師弟旅」という新連載や、一面コラムでは《池田先生は「祈りとは本来、『誓願』である。『必ずこうする』という誓いであり、明確な目標に挑み立つ宣言である」と。》など“池田大作先生”という文字が。定期購読者は駅伝もうれしいがここを読むだけでも十分価値があるのだと思われる。

 というわけで「聖教新聞は箱根駅伝をどう伝えたか」。

 手に入れて読むまで販売店までの往路・復路は小走りだったことを思い出した。

 正月明けにはキツい1人駅伝でした。

(プチ鹿島)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング