1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 政治

麒麟の次は…小池がくる! “政局の鬼”小池都知事と菅首相の日本シリーズ その行方やいかに

文春オンライン / 2021年3月16日 6時0分

写真

小池百合子都知事 ©文藝春秋

『麒麟がくる』は終わりましたがお気づきですか。「小池がくる」がもう始まっています。

「政局の鬼」小池都知事が折った森喜朗の心

 ここ最近の新聞で見かけた最高のフレーズをご紹介します。それは小池百合子・東京都知事を評したもの。

「政局の鬼」。

 せ、せいきょくのおに!

 これは“あるベテラン自民党議員”のコメントである。森喜朗元東京オリパラ組織委員長の女性蔑視発言に批判が高まる中、森会長も出席する予定だったIOCとの4者会談に小池知事が出席しないと表明した際のコメントだ。ではフルバージョンでどうぞ。

小池氏はずるい。政局の鬼だ。森氏の心を折りにきた」(産経新聞・2月12日)

 なんかすごい。『鬼滅の刃』みたい。

隙があればイメージ戦略を仕掛る「鬼」

 この流れで思い出したのは東京アラートである。コロナに警戒を呼びかけるために都庁やレインボーブリッジを赤くライトアップしたアレ。「都庁が赤になるだけ」「何の意味もない」という都民の声も(東京新聞2020年6月27日)。

 そんな意見に対して小池知事は「話題になったことが意義」と答えた(昨年6月11日の知事会見)。

 話題になることが大事。小池政治とは東京アラートそのものといえまいか。

 今年は7月に都議選があり、秋までに衆院選がある。つまり「小池アラート」の季節である。政局の鬼は隙があればイメージ戦略を仕掛けてくる。

 すでに振り回されているのが菅首相ではないか。首相は3月3日に首都圏の緊急事態宣言を延長する「思い」を突然に表明した。急に「思い」なんか語り始めてどうしたんだと思ったら理由がわかった。政府関係者や与党内の声が翌日紙面に載っていた。

『小池リスク』(日経新聞)
『小池潰し』(毎日新聞)
・「小池知事に『やられた感じ』を出さないためだ。ゲームになっている」(朝日新聞)

菅首相はゲームに気をとられるあまり…

 いかがだろうか。コロナ対策というより小池対策。ゲームとすら言われている。そういえばこんな見出しがあった。

首相、小池氏の機先制す』(産経3月4日)。まるで日本シリーズ第1戦の見出しである。

 菅首相は緊急事態宣言延長について先手を打てたと思っていたようだが、ゲームに気をとられるあまりに「2週間程度」という延長の根拠が問われることになってしまった。官邸幹部は「合理的な理由はない」と語っている(朝日3月4日)。ああ、小池に気を取られるあまりに…。

「麒麟がくる」斎藤道三のような“マムシ”っぷり

 そして小池自身はこの仕掛けの裏を神奈川県の黒岩知事にテレビ番組でバラされた。事実と違う説明をされたと。

 宣言延長に向け、黒岩知事には千葉や埼玉の知事が賛成しているといい、両知事には黒岩が賛成すると説明したという小池知事。イソップ童話のコウモリみたいな振る舞いである。

 思い起こすと1月2日に4都県の知事が揃って緊急事態宣言の発令を西村大臣に要請した。『「政府に責任」印象付け』(読売2月22日)ともいわれた。1月の成功に味をしめた小池は今回も仕掛けた。何でもありなのだ。「小池がくる」と冒頭に書いたがキャストで言えば斎藤道三のようなマムシの小池。コウモリとかマムシとか鬼とか例えるのも忙しい。

 菅首相と小池知事の因縁をおさらいしよう。

小池と菅の確執は根深い。自民党衆院議員から転じた小池は2016年の都知事選で自民都連批判を繰り返し、初当選を果たした。菅は小池の対抗馬に肩入れしていたこともあり、「あのやり方はひどい」と憤った。》(読売2月22日)

 新型コロナ対応でも舌戦は続く。

官房長官だった菅は昨年7月、都の対応を「東京問題」と批判した。小池は新型コロナ対策のかたわらトラベル事業を進める菅を「冷房と暖房を両方かける」と当てこすった。》(読売・同)

 さらにここで私は菅首相の「ある文書」を読み返してみた。

「自己PRが苦手」という悩みへの菅首相の回答は…

 現職の官房長官の人生相談として話題を呼んでいたビジネス誌「プレジデント」の「菅義偉の戦略的人生相談」である。これを読むと菅首相のその時々の気持ちがもろに反映されていて面白いのだ。

 今読んでもハッとするのは第4回の人生相談である。

「自己PRが苦手」という“お悩み”に対して菅氏はこう答えている。「アピール力などまったく不要」と。

 “お答え”の冒頭も凄い。

政治の世界ではアピール力が大事だと一般的には思われているかもしれません。実際、アピールに余念のない政治家はたくさんいます。しかしアピールばかりで結果を出さない政治家は、評価も信頼もされない。

 これって小池知事を念頭に置いているとしか思えない。しかもこの号の発売は昨年6月だった。東京都知事選が間近であり、小池氏のコロナ対策で国と都がやりあっていた頃だ。自分の連載でわざわざ小池ネタを投入するほど過敏になっているようにみえる。

 菅氏が官房長官時代には公文書を廃棄したことが大問題となったが、「菅義偉の戦略的人生相談」は当時の菅氏の気持ちや状況がわかる貴重な公文書なのです。私、大事に保存しています。

菅首相「いつまでもあると思うな親と金」

 ついでに今読むと第2回の相談も味わい深い。というのも「40代ニート」を名乗る相談者が「父の遺産で食いつないでいる」と菅氏に相談しているのだ。「母は働けと言う」と。

 菅氏の答えはこれ。

いつまでもあると思うな親と金

 他人の息子には厳しい。今読むと泣いちゃう。

 それにしてもこの人生相談はすごい。「菅義偉の戦略的人生相談」というが全然戦略的じゃない! やはり「公文書」は大事である。

 菅首相は小池知事に振り回されてますが、過去の人生相談にも振り回されてます。

(プチ鹿島)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング