1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

原因は新型コロナにあらず…街で美容師に声をかけられる「モデハン」激減の理由

文春オンライン / 2021年3月21日 11時0分

写真

©iStock.com

 皆さんは、街で美容師から声を掛けられたことはないですか? 美容界では「モデハン(モデルをハントする、の略)」と呼びますが、突然人から声を掛けられると、びっくりしますよね。

 なぜ、美容師はモデハンをするのか。モデハンはなぜ減っているのか。今回はそんなあるある、美容師のモデハンについてです。

美容師とは切っても切れない「モデハン」とは

 かつて火曜日の原宿や表参道には、モデハンする美容師が溢れていました。ガードレールに腰掛けているお洒落な人は、ほとんど美容師だったんじゃないか、というほど。

 ここ数年で街で声を掛けるケースは減ったと思いますが、美容師が声を掛けるのには3つのパターンがあります。

1.ヘアスタイル写真のモデルさん

 写真映えする方に声を掛けるパターンです。業界では「サロンモデル」と呼ばれます。
 ヘアカタログによく載っている方はプロのファッションモデルとは違いますが、写真を撮られることに慣れている、ポージングが出来るセミプロです。多くはバイトや副職として行なっており、撮影の際のカットやカラーは美容室が負担するためお金がかからず、少額ですが報酬を得ることができます。

 サロンモデルを経て有名俳優さんになった例もあるため、ステップアップの手段として考えている方もいるようです。

 美容室の専属モデルとして契約する方もいます。

写真を撮らせてもらうのではないパターンは?

2.アシスタントの練習台

 美容師は「スタイリスト(一人前)」と「アシスタント(見習い)」にランク分けされます。アシスタントの間は沢山練習が必要なため、練習させてもらえるモデルを探し続けています。

街で声をかけられた場合、多くは「人の頭で練習したいから、やらせてください」というオファーです。これには、先輩に教えてもらう「授業」形式と、個人の責任でやる「自主練」形式とあります。

「授業」形式

カラーやカット等、先輩美容師が監修しながら覚えたての技術を実践する形です。

「自主練」形式

 覚えた技術を駆使する、実践形式の練習です。材料費程度のお金をいただきながら、ある程度の経験値を得たアシスタントが、自分の力でヘアスタイルを作ります。

 モデルは格安でカット等をしてもらえる反面、まだ練習中のためオーダー通りにいかず、多少の失敗をする可能性もあります。また営業時間外に行うことが多いため、モデルには夜遅い時間や、朝早い時間に美容室にお越しいただくことが多いです。

まだキャリアが短い美容師がよくやるのは…

3.営業のキャッチ

「お店が近くなんですけど、値引きするので今からカットしませんか?」と営業をかける、いわゆるキャッチです。ブランドイメージに影響するため、お店によってやるかやらないかは、はっきりと分かれます。

 キャッチと聞くとあまり印象が良くないかもしれませんが、表参道や繁華街などには美容室が多数あり、その中から自分の美容室を選んでもらうのは至難の業です。ネットで集客しても、人気店に顧客は集中するため、お客様がなかなか来てくれません。ですので、ただお店で待っているのでなく、能動的に街で歩いている人に声を掛けて、顧客を取りに行くのです。

「今から髪を切る気になってもらう」のはハードルが高いので、キャッチは値引きを売り文句にしています。自分の顧客を増やしていけばお客様から予約が入り、キャッチをやる必要は減っていくので、ジュニアスタイリスト(スタイリストになって間もないスタイリストのこと)がやることが多いです。

声を掛けられる人はこんな人

「練習台」の場合、美容師は自分の練習課題にあった髪の人を探すため、髪の長さや髪質を見て声を掛けることが多いです。

「キャッチ」の場合は、根元だけ髪が染まっていない「プリン」になっていたり、髪が伸び伸びだったり、ボサボサだったりする方がターゲットです。「ちょうど、美容室に予約しようかと考えていた」方に声を掛けると成功確率が高いためです。

 ちなみに美容師あるあるですが、自分も美容師なのに美容師にキャッチで声を掛けられると、ちょっと恥ずかしいです。

モデハンが激減…美容業界に起こった革命

 モデハンはモデルさんに来てもらう時間が美容室の営業後など、限られていることが多いため、声を掛けても断られることがほとんどです。必要な練習のモデルが見つからない時は、1日に20人も30人も声を掛け続けることがざらにありました。 休みの日の時間をほぼモデハンに費やしていたと言っても過言ではありません。
 
 元々その手のことが苦手な僕としては辛い日々でしたし、ついぞ得意だと思うこともありませんでした。声を掛けた方にすごい形相で逃げられたこともあるし(不意に男性に声を掛けられ、怖かったのかもしれません)、寒い日にも駅前に立ち続ける辛さといったら……。

 なので、モデルを探している美容師と、モデルをやりたい個人をつなぐマッチングサイトができて、モデハンをほとんどしなくて済む現代の後輩を本当に羨ましく思います。 料金が格安で済むため、割り切って毎回マッチングサイトを利用する一般の方も増えているようです。

 しかし、マッチングサイトで気軽にモデルを探すことができるようになった一方、格安がゆえにドタキャン等のモデル側のマナーの悪さが目に付いたり、やりとりをして聞いていた髪の状態と、実際の髪の状態が著しく違っていたり、アシスタントが振り回される場面もよく目にしています。

 モデルさんを使っての練習はお互いの理解があって成り立つものですが、ネット上では写真や文面だけのアポイントメントのため、説明が足りずトラブルになるケースもあるようです。

練習台になって頂いた方に、感謝

 モデハンは「ナンパ」に近く、イメージが悪いと思います。

 しかし、どれだけマネキン(美容師は「ウィッグ」と呼びます)で練習しても、人の頭では同じようにいきません。頭の形や髪質、生えグセや毛量など、人の頭でケーススタディを重ねて、沢山経験をしないと上手にはなれないのです。

 さらに、限られた時間のやりとりで髪を切ることを了承してもらうには、営業力やコミュ力が必要です。モデハンによってそうした力が鍛えられた部分もありますし、モデルを依頼して以降、お客様としてのお付き合いが続いている方も多くいます。

 貴重な時間を割いて頂いた方々があってのプロの美容師。依頼の仕方は変わっても、結局は人と人。善意でお手伝いいただいた方には、頭が上がりません。あの時練習台になっていただいた方に、感謝です。

(操作イトウ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング