1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

高橋由美子47歳の“略奪婚” 夫を奪われた元妻が告白「身体が震えるほどショック。養育費払って」

文春オンライン / 2021年4月24日 11時0分

写真

高橋由美子氏

〈4月1日に入籍をしました。(中略)皆様への感謝を忘れず活動を続けてまいりますので、これからも温かく見守っていただければ幸いです〉


 4月2日にツイッターで結婚を報告した高橋由美子(47)。その相手はなんと、「週刊文春」が3年前に不倫を報じたB氏(43)だという。

高橋のファンだった妻子持ちB氏と不倫

「20世紀最後の正統派アイドル」と呼ばれ、30代からは女優としても活躍していた高橋。私生活では酒好きとして知られていた。

「週刊文春」は2018年3月22日号で、高橋が妻子持ちのB氏と連日飲み歩き、歌舞伎町のラブホテルに入っていく姿をスクープ。直撃には「アタシ、もっと色々やってっから!」と交際を否定するも、後に〈理性を欠いた時間を過ごしてしまったのは確かです〉とコメントし、不倫を認めた。

 B氏はもともと高橋のファンで、のめり込んだ挙句、妻子を捨て離婚。経営していた居酒屋2店舗は潰れ、自己破産した。高橋も所属事務所との契約を終了した。

ぴったりとくっついて夫婦のよう

 だが、結婚をスクープした4月2日のスポーツニッポンによれば、2人は同居を始め、飲み歩きを続けてきたという。2人を目撃した芸能関係者が語る。

「昨年6月、高級スーパーの青山の紀ノ国屋で2人がステーキ肉など食材を買っていました。ぴったりとくっついて夫婦のようでした」

 埼玉県で理容室を営む高橋の父が明かす。

「今年に入ってから結婚すると聞きました。ああいう商売だから、一緒に寄り添ってくれる人ができればいいなと思ってましたよ。エイプリルフールじゃねえのかい? って話したら、『1日に(籍を)入れます』と言うから、そうか、と」

娘の養育費を支払わないB氏

 19年から新たな事務所に所属し、舞台を中心に活動してきた高橋。今年は6月に芸能生活30周年を記念したコンサートを行うなど、節目の年となる。

 だが、“略奪婚”を果たした2人はこの春、もう一つの節目を迎えていたのだ。

 B氏の前妻・A子さんの知人が語る。

「BさんにはA子との間にこの春、小学校に上がる娘さんがいます。その養育費の最初の支払い期限が今年の3月末日だったのですが、Bさんは全く支払っていないそうで、A子は困り果てているのです」

 18年の離婚の際、収入がないというB氏は、数百万円の養育費を分割で支払うと約束。しかし、期限までに払わなかったにもかかわらず、その翌日に高橋との入籍を済ませたのだった。

 A子さんを直撃すると、胸の内をこう語った。

「飲み歩くお金はあったんですね」

「結婚のニュースを知って、身体が震えるほどショックでした。飲み歩くお金はあったんですね。それなら養育費を払ってと言いたい。あの(不倫騒動の)あと、夫に『家賃滞納で追い出されるから家を出て行って欲しい』と言われ、専業主婦で収入がなかった私は、行政の母子支援施設を頼るしかありませんでした。1食100円くらいで食べられる子供食堂が本当に有難かった」

 離婚後、B氏は一度も娘に会おうとしないという。

「『パパは保育園の卒園式になんで来ないの?』と泣かれました。『今は一緒に住めないの、いつか会えるよ』とごまかしています」

 さらに、A子さんは高橋への思いをこう語る。

「高橋さんにも養育費とその期日は伝えてあります。そういうのをうやむやにして、エンターテインメントという人に夢を与える仕事をするのって……」

高橋の回答は?

 高橋の所属事務所は、

「本人に確認したところ、3月31日が期限とは全く存じませんでした。新しいスタートを切るのにふさわしいと4月1日に入籍させて頂きました」

 と回答した。

「出会いは別れの始まり」というが、さて……。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年4月15日号)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング