1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 政治

西新宿から「職員が死にそうだ」とうめき声が…… 元幹部職員が明かす、小池百合子が招いた東京都庁の悲惨な「緊急事態」

文春オンライン / 2021年6月15日 6時0分

写真

©iStock.com

 コロナ対策やオリンピック開催に揺れる東京都。澤章氏は、東京都庁に30年以上勤め、知事のスピーチライター、人事課長を務めた元幹部だ。澤氏は、築地の現状を提言し、2020年に刊行した 『 築地と豊洲  「市場移転問題」という名のブラックボックスを開封する』 (株式会社都政新報社)がきっかけで、都庁をクビになった。

 そして、都庁とマスコミの関係、都庁職員の人間関係や、小池百合子知事の本当の姿について明らかにした書籍が『 ハダカの東京都庁 』(文藝春秋)だ。実際に見て聞いた、その驚くべき内幕を、同書より一部を抜粋して紹介する。(全2回の1回目。 後編 を読む)

◆ ◆ ◆

発禁本再び?

 西新宿の都庁第一本庁舎の2階には書店が入っている。今頃、『ハダカの東京都庁』はちゃんと並べられているだろうか、ちょっと心配である。

 というのも、1年前の春に出版した拙著『築地と豊洲』は、発売当初こそ平積みにされたものの、いつの間にか店頭から消え、店員に尋ねるとレジの後ろからこっそり取り出してきたという話を都庁職員から聞いたことがあるからだ。

 まさか、7階(知事室があるフロアだ)から圧力がかかって発禁本扱いにされたのではあるまい。書店にしてみれば都庁は大家さんだ。忖度しないとも限らない。幹部職員に対しては、「あの本は買うな」指令が小池知事から発出されたというから笑ってしまった。

 そうかと思えば、本を全ページ、コピーして職員に配布・回覧し、記述内容のファクトチェックが総動員で実施されたそうだ。ちょっと待て。そのコピー、著作権の侵害に当たるのではないか、こっちのほうも心配である。

『ハダカの東京都庁』でも同様のことが繰り返されないことを願うばかりだ。

五輪は道具、都知事は踏み台

 それはそれとして、五輪開催か中止かを巡り、日本中が侃々諤々の大騒ぎになっている。IOCも菅政権も開催強行に前のめりである。

 だが、当事者の一人である小池知事の口から「さあ皆さん、コロナを何としても抑え込んでオリンピックの開催にこぎ着けましょう。皆さんの力で大会を成功に導きましょう」といった熱いメッセージはとんと聞こえてこない。何を聞かれても、「安全安心な大会のために準備を着々と進める」と事務的な文言を繰り返すだけである。テンションは極めて低い。

 6月1日、令和3年第2回都議会定例会の開会に当たって、小池知事は本会議場で所信表明を読み上げたが、開会50日前の高揚感はなく、むしろ冒頭では、コロナワクチンの接種の遅れを強調し、責任を国になすりつけることに余念がなかった。

 コロナ禍であることを差し引いても、開催都市のトップであれば、開催に向けて都民に協力を仰ぐのは当然のことだと思うのだが、小池知事がそんなことをする訳がない。なぜなら、政治家・小池百合子にとって東京2020大会は、自分を引き立たせ、政治的な立場を優位に持って行くための道具立ての一つに過ぎないからである。五輪への思い入れや選手への配慮など、小池知事にはこれっぽっちもない。

 5年前の夏、初当選直後のリオ大会に駆けつけた小池知事は、閉会式に和服で登場し五輪旗を受け取った。その直後から、都内の会場の見直しを言い出した。アスリートにとって云々とか、東京の街にとって云々という話ではなかった。すべては政治的な駆け引きのためであり、五輪も市場移転問題も、これは道具として使えそうだと踏んだから、ちょっと利用してみただけのことである。

 案の定、五輪会場の見直しも豊洲への移転延期も、結局はぐるっと一周して元に戻って決着した。だが、小池知事が騒動のための騒動を引き起こした責任について、都民に謝罪した姿を見たことはない。

 そもそも、都知事の椅子でさえ、小池氏にとっては政治的な野望の踏み台でしかない。都民の付託を受けて当選した人間が、1年後に国民政党を立ち上げて国政選挙に打って出るなどという、都民を小馬鹿にした行動を誰が取るだろうか。いや、小池氏は平然と希望の党を立ち上げたのだ。彼女の頭の中には、最初から壮大なシナリオがあって、都知事のポストは三段跳びの一歩目の役割を担っていたに過ぎないのだ。

 この時のシナリオは見事に破綻したが、そんな程度でへこたれる彼女ではない。「小池の小池による小池のための」政治を実現するまで、小池氏の政治的な駆け引きは続くだろう。しかし、その陰で置き去りにされて割を喰わされるのは、いつも都民であることを忘れてはいけない。

小池マジックに惑わされるな

 ここまで書いてきて、なぜか一抹の虚しさを感じてしまうのはなぜだろう。未だに小池知事を女性政治家のフロントランナーだと勘違いしている都民・国民が多数存在しているからである。

 実は少し前まで、筆者の妻も、そんな小池マジックに引っかかった典型的な都民の一人だった。5年前の秋、突然の人事異動によって環境局次長から中央卸売市場次長に任じられ、その直後から市場移転問題にドップリ浸かる毎日を送るハメになった筆者は、小池知事と嫌というほど直接やり取りすることになった。

 数か月も経たないうちに、「あ、この人、信用できない」と直感した。人間、どう取り繕っても地金というヤツは早晩あらわれるものである。小池知事は、その場を取り繕うような笑顔を時折見せる。特に、テレビカメラを前にした時は格別だ。引きつり気味の笑顔と軽妙なコメント、その場を巧みに仕切る腕前は、何も知らない都民を幻惑するに十分である。

 だから、小池知事は本当はとんでもないヤツなんだといくら力説しても、妻から返ってくる言葉はそっけないものだった。「あらそう? 小池さん、意外と頑張ってるじゃない」

いやいや、そうじゃないんだよねー、という具体的な反論証拠については、今回出版した『ハダカの東京都庁』と前述の『築地と豊洲』で嫌というほど書かせていただいた。

築地跡地利用は唐突に

 そして、筆者の粘り強い説得の甲斐あって(?)、妻も今では小池マジックから解き放たれ、小池知事の言動の裏に隠された真意を見抜く眼力を体得するに至った。ついこの間も、小池知事が突如、築地市場跡地を大規模ワクチン接種会場にすると表明した際には、「あれ? 小池さんは国が設置する大規模会場と区別がつきにくくなるから作らないって言ってたじゃない」と小池知事の手のひら返しを的確に指摘していた。

 事実、築地跡地の利用は唐突に発表され、コロナ対策を所管する福祉保健局の上層部にも知らされていなかった。だから、事務方は大混乱である。築地市場跡地を接種会場とするためには、医療機関として保健所に届け出て登録する必要があるが、こうした手続きはまったくできていない。ただただ、国との対抗意識に駆られた小池知事の露骨なスタンドプレーなのである。

 加えて申し上げれば、そもそも築地跡地は五輪の車両基地として整備が進められている。ワクチン会場としての利用は6月末までだ。本当に付け焼き刃もいいところである。その代わりとして、今度は代々木公園のパブリックビューイング会場を活用すると小池知事は言い出した。会場設営のため公園の木々を伐採することへの批判と反対の声をかわそうとする姿勢が見え見えではないか。

 今、この手の小池知事による生煮え・思いつき指示が雨あられと降りそそぎ、都庁職員は疲弊しきっている。西新宿からは「職員が死にそうだ……」とのうめき声しか聞こえてこない。都庁の「緊急事態」を招いたのが小池知事ご本人であることは、都庁職員なら誰もが認める周知の事実なのである。

コロナ対策も政治的駆け引きの道具

 小池知事のコロナ対策を高く評価する人は皆無に等しい。

 誰もが経験したことのない非常事態なのだから、試行錯誤も失敗もある程度は致し方ないだろう。だが、3回目の緊急事態宣言の1回目の延長に際して(ああ、ややこしい)、小池知事は劇場やスポーツイベントは緩和しておきながら、人流抑制を名目に映画館や美術館は休業のままという不可解極まりない対応を取った。都民の大半が一貫性のなさに首をかしげると同時に、小池知事の文化・芸術に対する冷たい姿勢に失望したことだろう。

 あまりの批判の多さにやっと気がついたのか、6月からの再延長では映画館などを休業要請の対象から外した。遅きに失したとはこのことで、国との差別化を図るためだけに被害を被った業界はいい迷惑である。

 ことほどさように小池知事の場合、コロナ対策に自分ファーストを持ち込む度合いが尋常ではない。しかも、そうした自分本位の姿勢を巧妙にカムフラージュして世間を煙に巻こうとする悪い癖が抜けないのだ。

 昨年7月のGoToキャンペーンを巡る、菅官房長官(当時)「圧倒的に東京問題」発言VS小池知事「冷房と暖房と両方かける」発言の応酬に始まり、年末には、国からの時短要請に対して「効果が期待できない」と事態を放置したかと思えば、年明けには菅首相の機先を制する形で1都3県の知事により緊急事態宣言発出を国に迫った。都民の生命や事業者の生活そっちのけの政治的パフォーマンスを繰り返し、一人悦に入っているのが小池知事である。

数字の水増しが常態化!?

 あまり知られていないことだが、軽症患者等のための宿泊療養施設、いわゆるホテルの借り上げに際しては、ホテルの部屋数を実際より大きく見せかけて、実質的に都民をたぶらかしている、それも2度までもである。

 具体的にはこうだ。借り上げた部屋すべてが感染者のために利用されるわけではない。動線を確保するためにデッドスペースが生じる。スタッフ用の部屋や機材等を置く場所も必要だ。結果、実際に使用できるのは借り上げ部屋数のたったの6割にしかならない。つまり、4000室確保したと豪語しても実際は2400室足らず、2400人分しか確保されていないのである。

 ところが、小池知事は昨夏と昨年末、水増しした数字を会見の場で得意げに公表している。6割しか使えないことを知らなかったという言い訳は通用しない。昨夏の時、この矛盾はすでに指摘されていた。ところが、性懲りもなく年末に嘘まがいの数字を、何の注釈なしに発表した。

 4000室と聞けば、誰もが4000室すべてを使える、これで安心だと思うだろう。小池知事はこんな姑息な情報操作を、しれっとした顔で何度もやっているのである。政治家としてと言うより、人間としてこの人を安易に信用するのはやめたほうがいい。

「なぜ知事である私が……」「落とし前はどうやってつけるの?」 小池百合子都知事が‟冷たい視線”で激怒した‟パンフレット事件”の内幕 へ続く

(澤 章/ノンフィクション出版)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング