1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

「明日突然、退所しますって言っているかもしれない」 “匂わせ連発” KinKi Kids・堂本光一のエンタメ力とは?

文春オンライン / 2021年7月29日 18時0分

写真

©️getty

 堂本光一(42)が7月23~25日にソロコンサートの横浜アリーナ公演を開催した。持ち味のベテランらしい“フリーダム”なMC進行で、まさかの“退所”匂わせ? も飛び出して観客の耳目を集め続けた。スポーツ紙デスクが説明する。

「今回は堂本にとって6年ぶり6度目のソロツアーでした。実際は去年開催する予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になっていた。待ちわびたファンは多かった様ですし、何より堂本自身もかなり気合いを入れたパフォーマンスだったそうです」

“自由過ぎる”トークのファンサービス

 MCに入ると、堂本は1人で話し始めた。KinKi KidsのライブでもMCが長くて時間が押す事で知られているが、特に25日の横浜最終公演では“自由過ぎる”トークでファン達を楽しませた。実際に会場を訪れた観客が明かす。

「光一さんは『思えばもう42歳になりました。戦国時代だったらもうすぐ死んでいる年齢ですね。あるいは隠居。そろそろ僕も隠居していいですか?』と言っていました。コロナ禍で客席からは声を出すことが出来ないルールだったのですが、思わず笑ってしまうファンも多かったですね」

 この日のライブでは、ツアー最終日の8月12日の福岡公演をライブ配信する事も発表された。コロナ禍で売り上げが激しく落ち込んだライブ業界では、昨年から配信ビジネスもスタンダードになりつつある。スタッフとしては当然、実施したい所だろう。

配信をしたいスタッフと、生のライブを大事にしたい堂本

「堂本は『こういう状況の中でライブに来たくても来られなかった方も沢山いらっしゃると思うから、配信は素晴らしいコンテンツだと思う』と言いながらも『やる側としては色々思う事があります。生のライブの空間を大事にしたい』とも話していました。実際スタッフにも『配信をやめようかな』と漏らしていたそうですよ」(前出・会場を訪れた観客)

 結局はファンからの猛烈な拍手を受けて、「やりましょう!」と堂本が折れる流れで生配信が決まったという。

「光一さんは『このコンサート、見ていただいたら分かる様に金がかかっているので。だから配信をやって欲しいんだろうね。すごい現実的なこと言うと』と“ぶっちゃけ”トークで会場を沸かせていました」(同前)

 コロナ禍で会場の動員制限もある中、豪華セットや多数のスタッフを使った堂本のライブツアーは“赤字”の可能性すら指摘される。そんな中、ファンがドキリとする様な“爆弾発言”もあった。

唐突に出た「退所」というフレーズ

「配信本番は8月12日。光一さんは『突然気が変わるかもしれない。もしかしたら明日突然、退所しますって言っているかもしれない。明日死んじゃっているかもしれない。それはわからないけども…』と次々と話していました。勿論冗談なんですが、唐突に出た『退所』というフレーズに固まってしまった観客もいたと思いますよ」(同前)

“ギリギリ”トークも堂本の持ち味!

 この数年、ジャニーズ事務所のタレントが退所する事も増えてきた。

 ワイドショーデスクが解説する。

「これも堂本の“持ち味”ですよ。敢えてジャニーズ事務所のスタッフが困る様な“ギリギリ”のトークを披露して、マスコミやファンを楽しませる。主演ミュージカル『Endless SHOCK』の囲み取材の時なども、ひとしきり喋り尽くした後に事務所サイドから『さっきのあの話はオンエア無しでお願いします…』と言われる事もしばしば。彼なりのエンターテイメントなのでしょう」

ジャニーズの“型破り”的な存在

 堂本はジャニーズの“型破り”的な存在としても知られる。Instagramのソロアカウントもオープンし、楽曲のサブスクも解禁。ジャニーズ全体でデジタル化が進むなか、その先陣を切っている。

「堂本的には、ジャニーズ事務所にありがちなネット関連のルールも、全て取っ払いたいのかもしれませんね。近藤真彦ら先輩タレントが退所していく中で、ベテランとして事務所にもの申せる貴重な存在なのかもしれませんよ。ジャニー喜多川前社長への恩義は忘れていない様ですし、すぐ“退所”していく事もないでしょう」(前出・ワイドショーデスク)

 スタッフがコントロールしやすいような“優等生”タレントだけでなく、ヒヤヒヤさせるようなトークが魅力の堂本の様なベテランが、いまのジャニーズ事務所には必要不可欠なのかもしれない。

(「文春オンライン」特集班)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング