1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

《林遣都と大島優子が結婚》朝ドラ共演で急接近! 祝福ムードの中で後輩メンバーが心から祝えない“ある理由”

文春オンライン / 2021年7月29日 19時0分

写真

大島優子と林遣都 ©文藝春秋/©時事通信社

「27歳までに結婚したい。10代の頃からの憧れなんです」

「(好きなタイプは)お父さんみたいに頼りがいのある人、芸能人では藤井フミヤさん」

 2014年、AKB48を卒業した際の会見で、自らの結婚観をこう語っていた大島優子(32)も相次ぐAKB初期人気メンバーの「結婚ラッシュ」に乗り、ゴールインを迎えた。

 お相手は2019年放送の朝ドラ「スカーレット」(NHK)で大島と共演した林遣都(30)。林といえば「文春オンライン」で2019年末、大島のAKB時代の後輩である 島崎遥香(27)と同棲生活を報じられた過去 がある。大島と林の共通の友人によると、大島は林から交際を申し込まれた際、既に「結婚の覚悟があった」という――。

◆◆◆

 7月29日、スポニチが2人の“電撃婚”をスクープすると、その後、林と大島の両事務所から正式に結婚を認めるコメントが発表された。すると、元AKBメンバーたちが続々とこんな声をツイッターに書き込んだ。

〈優子おめでとう お似合いな 二人朝から幸せニュース コロナ落ち着いたら皆んなでお祝いしなきゃ〉(篠田麻里子)〉

 

〈優子、結婚おめでとう 人生はアドベンチャー! これからも楽しんでいこうねー〉(秋元才加)〉

同世代は祝福も、後輩メンバーは複雑な心境…?

 同世代の“神7”や黄金期の選抜メンバーは祝福したが、後輩の中堅メンバーたちの心境は複雑だという。

「もちろん大先輩の結婚だし祝福したいのですが、林さんは、一時期、ぱるるさん(島崎遥香)と交際し、同棲もしていた。ぱるるさんは林さんにドハマリしていて毎日、料理をつくったり、健気に尽くしていたんです。

 でも、それが逆に林さんには重すぎて、『スカーレット』の撮影最中で遠距離恋愛中だった2019年の秋頃に別れてしまった。別れてもぱるるさんはしばらくは未練がある様子で、1人で林さんのいなくなった家に住み続けていた」(島崎の後輩)

「中途半端につきあうくらいならと、当初から結婚を意識」

 「スカーレット」ではヒロイン・戸田恵梨香の幼馴染役として共演した林と大島。一部報道によると交際は撮影を終えた昨年夏頃からスタートしたという。

「もともと優子と林くんは映画『闇金ウシジマくん』で共演したこともあり、仲もよかった。優子はこれまで名だたる俳優、ミュージシャン、ジャニーズタレントと交際していた過去があります。ただ、多くの場合、同じマンションの別部屋に住むなどしていたため、週刊誌にも撮られなかった。大島は竹を割ったような性格で、相手の元彼女が誰とかは気にしないタイプなのですが、今回だけは流石にぱるるの件で悩んでいた。中途半端につきあうくらいならと、当初から結婚を意識していました」(大島と林の友人)

 前出の友人も今年に入って、林と一緒にやってきた大島から婚約の報告をうけていた。

「林さんは『アイドル好き』だということを、どこかの記事で読んだこともあり、軽い方だと思っていたのですが、実際に会ってみるととても腰が低く、やわらかい感じでした。優子のことも昔からのファンだったようです。優子は皆さんのイメージ通りとても明るく、太陽みたいな子。昔からお酒も下ネタも大好きで、林さんも笑いが絶えない彼女に惹かれたんだと思います」(前出・友人)

  大島と林はすでに互いの親にも挨拶を済ませているという。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング