1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

「僕の年収を越えるな」60歳で夫に“本気の離婚”を提案した上沼恵美子 “東京のテレビに出ない”本当の理由

文春オンライン / 2021年8月20日 11時0分

写真

上沼恵美子さん ©文藝春秋

「人生でいちばん傷ついた出来事でした」上沼恵美子が初めて明かした「えみちゃんねる」終了の全真相 から続く

  上沼恵美子さんが「文藝春秋」2021年8月号で50年の芸能人生を語り尽くしました。「人生でいちばん傷ついた出来事」だったという 「怪傑えみちゃんねる」終了、そしてM-1炎上騒動の真相だけでなく、知られざる夫婦関係についても明かしています。(全2回の2回目/ #1 から続く)

一番好きで一番嫌いな人

 コロナ下で唯一の救いは、夫との関係が悪くならなかったこと。あと6年で金婚式を迎えますが、よくもったなと思います。

 結婚したのは、22歳になったばかりの頃でした。身震いするほどの恋におちた私が、無理やり結婚してもらった感じです。この世で一番好きになった人は間違いなく旦那。やがて一番嫌いになるんですが……。でも夫婦の大半が「一番好きで一番嫌い」な関係ではないですか。

 結婚すると、好きだったところが一気に嫌になります。たとえばフランス料理店にデートで行くと、夫はスープをひと口飲むたび、お肉を食べるたびに、白いナプキンで口元をさっと拭う。私は、「フランス人みたいでカッコいい! キャー!」ってなる。フランス人はどんなイメージやねんという話ですけど(笑)。それが結婚した途端、「毎回毎回拭くって、どれだけ神経質なんや」と感じるようになる。そう、結婚って粗探しの連続なんですよ。

 夫は典型的な「団塊の世代」で、明治男よりも頑固です。家事は絶対に手伝わない、女房を褒めない、お上手をいわない。三高ならぬ「三ない」。夫と手をつないだり、腕を組んだりしたことも一度もありません。生まれ育った時代もありますが、主人の3歩後を歩くのが普通です。

 それでも結婚2年目ぐらいまでは、夫のことが好きでした。でも長男が生まれて夜泣きの日々が続くと、はっと冷静になる。夫は夜遅くまで仕事で帰って来ないし、家には姑さんしかいない。夜中に「ワーッ」と叫んでしまうほど、結婚生活に嫌気が差すこともありました。

 結局、長男を出産すると、すぐに復帰します。この時期からコンビではなく「上沼恵美子」としての活動です。自由に使えるお金が欲しかったし、何よりタレントとして不完全燃焼だったからです。

 復帰にあたり、夫から「歌は歌うな」「演技はするな」「東は滋賀、西は姫路まで」「僕の年収を越えるな」などの条件を突き付けられました。

 結局、全部破ることになりますが、大阪を拠点に仕事をする形は、今に至るまで変わっていません。

60歳のときに本気で離婚を切り出した

 実は6年前、60歳のときに離婚を提案しました。これっていう明確な理由はなく、長年の結婚生活でたまった灰汁をすくうような感覚です。還暦を迎えて1人になるのも寂しいかなと思ったけど、彼と暮らし続けるよりマシかと思って……。

 滞在先のイタリア・フィレンツェにあるレストランで私から切り出しました。映画のワンシーンみたいでしょう。

「これからの人生、別々に息をしませんか」

 そう私が言うと、夫は、テーブルをバーンと叩き、無言のまま店を飛び出した。彼の人生で一番傷ついた瞬間じゃないですかね。誇り高きプライドの塊のような男ですから。

 ホテルに戻ると、夫が大きなダブルベッドの真ん中でふて寝をしていました。私に寝る場所を与えないため、ど真ん中で寝ている。意地悪でしょう。部屋にはダブルベッドがひとつあるだけでソファもない。仕方なく床で寝ました。

 その旅行ではフィレンツェに2泊した後、ナポリで3泊しましたが、ずっと床、床、床。日本に帰るまで一言も口を利かなかった。せっかく高い旅費を払ったのにもったいないことをしました。

 結局、今に至るまで夫からの返事はありません。離婚を突きつけられた瞬間は傷ついたと思いますが、もうけろっと忘れているでしょうね。

 私は弁護士にも相談するほど大真面目でしたけど、結局、離婚話は立ち消えになりました。

 いま夫とは別居しています。彼は私が買ったマンションに住んでいて、週に1回自宅へごはんを食べに来ます。なんていい身分なんでしょう。3日以上経つと、「早く帰らへんかな」と息が詰まるんですよ。ずっと一緒に住んでいたのに、不思議なものです。別居は本当におすすめ。夫も「1人暮らしってなんて快適なんだろう」と気に入っています。

 ただ最近痛感するのは、だてに40年以上もひとつ屋根の下で生活していなかったということです。

 本当に鬱陶しい存在ですけど、夫は私をいちばん理解してくれる味方だと、コロナ下で再認識しました。

 昨年、どうしても仕事にやる気が起きない日があり、夫を初めて頼ったんです。

「『恵美子、頑張れ』と言ってくれへん?」とメールでお願いしました。すると主人から「仕事なんかへっちゃらだよ。何てことない。君には、人に迷惑かけず生きられる幸せがあるんだから」と返信があった。心に響きました。よく私の化粧は濃いと言われるんですが、その日は、いつもの2倍ほどファンデーションを塗りたくりました(笑)。私の化粧が濃いのはやる気の現れなんですよ。

東京のテレビに出ない本当の理由

 不思議なことに、コロナ下の非常事態で、夫婦の間に見えない絆を感じ、夫と助け合って生きていこうという気持ちになっています。手を繋いだことは一度もありませんけど、心の中では寄り添いたい。きっと彼も同じ気持ちだと思います。

 おしゃべりだけで行けるところまで行きたい――。

 昨年身を引くことも考えましたが、いまはそんな気持ちです。

 タレント上沼恵美子の支えとなっているのは夫でもないし、子供、友達でもない。番組スタッフでもありません。ファンです。「えみちゃんの声を聞いたらスカッとする」というファンが私の支えです。

 もちろん「もう面白くないから嫌い」と手のひら返しにあうかもしれません。それは百も承知。そういう移り気なファンから拍手をもらい続けるのは至難の業ですし、だからこそ追い求めたい。

 タレント活動の傍ら、子供を産んで、夫や姑と喧嘩し、ふらふらになるまで子育ても一生懸命やりました。ファンの方には、こうした姿勢が共感というか、「ほんまもんや」と感じてもらえていると思うんです。

「東京で仕事しないのですか」と、これまで1000回以上聞かれました。

 もちろん大阪に自宅があったのが最大の理由ですが、「東京のゴールデンで天下を取りたい」なんて一度も思ったことはありません。

 紅白の後、東京のキー局から11本レギュラー番組のオファーが来ました。それでも東京に行かなかったのは、失礼な言い方ですが、私にはその値打ちが分からないからです。

 大阪ローカルでも、小さな番組でも、視聴者が「絶対見逃されへん」っていう番組をやりたい。それだけの思いでやってきました。

 おしゃべりの仕事は定年がなく、自分で幕を下ろすしかありません。いつか言葉が出なくなる日が来るとは思いますが、その日が来るまで、もう少し頑張りたいと思います。

(「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2021年8月号)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング