1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. スポーツ総合

原田泰造「昔、奥さんと一緒にサウナ旅に行きまして…」 ドラマ「サ道」主演・制作陣がおすすめする“こだわり”サウナ

文春オンライン / 2021年8月27日 17時0分

写真

「サウナ北欧」7階の露天風呂で、撮影中も和気あいあいとした3人

三宅弘城「俺はこれからサウナに行くけど、どう?、って僕のクルマに乗せて…」 原田泰造、磯村勇斗と語る、サウナに憧れていた“あの頃” から続く

 昨今のサウナブームを巻き起こすキッカケとなったドラマ『サ道』。現在、新シリーズの『 サ道2021 』が放送中。撮影現場である上野の「 サウナ北欧 」を訪れ、 ナカタアツロウ を演じる原田泰造さん、 偶然さん を演じる三宅弘城さん、 イケメン蒸し男 を演じる磯村勇斗さん3人のメインキャストと、長島翔監督、プロデューサーで文春オンラインで「 サウナ人生、波瀾万蒸。 」を連載中の五箇公貴さんを交え、ドラマの撮影秘話からそれぞれのサウナへのこだわりなど、サウナトークをしてみました。(全3回の3回目。 前編 / 中編 を読む)

◆◆◆ 

使用済みのマットを常連が番台に…サウナは個性が出ておもしろい

五箇 ここのサウナはちょっと面白いとか、独特だとか、そういうのってありますか? 僕は、サウナ経営者の人生を紹介する「 サウナ人生、波乱万蒸。 」という連載をやっているんですが、やっぱサウナって経営する人の個性が出ていて面白いなと思ってて。

三宅 独特といえば、埼玉県川口市にある「サウナひろい」はこだわりがありますよね。サウナマットが全部手作りなんですよ。バスタオルみたいなものをミシンで縫ったようなやつで。そのサウナマットの使用済みが溜まると常連の人が番台に持っていくという、そういうローカルルールがあるんですよね。

原田 どういうことですか?

五箇 サウナベンチにバーッと新しいマットが置いてあって。床にはスノコが置いてあるんですけど、みんなそこに投げ捨てていくんですよ、使い終わったサウナマットを。それを常連の人が集めて持って行くんです。

三宅 そして帰りには必ず三ツ矢サイダーをくれるという。

原田 へ~! なんかいいなあ~!

三宅 いいですよ、「ひろい」。銭湯だからお風呂がもちろんあるんだけど、浴場の中にはサウナがなくて。また別の入口からサウナに入るという仕組みで。変なつくりなの。女性の場合は風呂とサウナも一緒になってるんだけど、男性は別。銭湯の番台があって、こっちにサウナの番台があって、向こうも見えるっていう。

五箇 あれ不思議ですよね。

三宅 それでおばちゃんがひとり真ん中にいて。

磯村 昭和ですね。三宅さんぽいです(笑)。

三宅 ああ、もう、完全にそっち派ですから(笑)。いや、もちろんおしゃれなサウナも行きますし、嫌いじゃないです。でもなんかこう、やっぱりあれですかね、うぶ湯が下町の銭湯だったからかもしれないですけど。

全員 あはははは(笑)。

お気に入りの施設は

五箇 磯村君はどう? お気に入りの施設とかは。

磯村 どこかなあ。僕は外気浴があった方がいいので、都内って外気浴できるところって限られるじゃないですか。大概混んでるんです、そういうところは。でも地方ロケに行くと、だいたいのサウナ施設は外気浴ができるところが多くて。それで人がすごく少ない。だから都内よりも近郊のサウナ施設の、車じゃないと行けないようなところが好きですね。「なんとかの里」的なのはわりと好きかも。

長島 「 湯楽の里 」とかね。

五箇 そっち系のスーパー銭湯って外気浴スペースが異常にデカかったりしますもんね。

原田 僕もスーパー銭湯は好きで。遊園地感覚で行くんだったら、鶴見の「 らくスパ 」とか、東久留米「 スパジャポ 」とか。スパジャポはもう一日中いれますね。家族で行ってもいいし、友達と行ってもいいし、ひとりで行ってもいいし。よし今日は全種類入ってみよう! とか。

長島 露天風呂にテレビがたくさんあるんですよね。

原田 ありますね。やっぱり楽しい。楽しめるように作ってくれているから、スーパー銭湯は。

長島 ビジネスホテルとかも最近はサウナ付きというのが増えてきていて。今回も撮影で結構いろいろ泊まったんですが、「 カンデオホテルズ 」が好きですね。今回は神戸で泊まったんですが、サウナもちゃんとあって、水風呂もしっかり冷たくて、外気浴もできて。しかも空いてるという。

原田 へえ~! 知らない。

五箇 チェーンだからいろんなところにあるんです。僕もロケの時に京都で行きました。すごく良かった。あと、東京もあります。東京は上野公園と、新橋。新橋は露天風呂が最上階にあって、サウナもついてます。

原田 まじですか! 行かなきゃ。

サウナのこだわり

五箇 最近、サウナでこだわってることとかってあったりします?

三宅 最近こだわってるのはね、汗をお湯で流す。水じゃなくて、お湯。

磯村 一緒ですね。

原田 僕も。

三宅 これは施設の方に聞いたんですけど。水風呂で冷やした水をそのままジャバジャバ使うと、水減っちゃうから足さなきゃいけないじゃないですか。すると、チラーっていう冷却装置があるんですが、そのコストがすごくかかるらしいんです。だからできればシャワーか湯船のお湯を使ってほしい、というようなことを吉田健さんが言ってて。「ニューウイング」の支配人の。あっそうなんだと思って。あと「 かるまる 」にも書いてありますよね。お湯で流した方が「2段階冷却」になるから、水風呂の冷たさを味わえると。あっ、これ理にかなってるなって。

磯村 そう、僕もそれです。2段階冷却。汗を冷たい水で流しちゃうと水風呂に入った時の楽しみが半減しちゃうなと思って。水風呂の温度をちゃんと身体で感じるために、僕はお湯で流すんです。

長島 撮影の動線上は、水風呂の水をかぶってということが多いですね、どうしても。

五箇 ドラマ上は観てて気持ちいいですよね、その流れでいった方が。

原田 もうたまんない時は、冷たい水をかけるんですが、だいたいお湯ですね。

五箇 あと僕、三宅さんからちらっと聞いたんですけど。ロッカーキーの話。

三宅 ああ、あれね。ロッカーキー、ゴムバンドの中にしまうタイプのやつあるじゃない。それで返すときに、気を遣って、ホルダーにしまった状態で戻すでしょ。でも施設の人は、その後キーを出してロッカーを開けて掃除したり館内着を入れたりしなきゃいけないから、できれば鍵はむきだしのまんま返してほしいって。

原田 なるほど、確かに。

三宅 しかも「お湯で濡れている時はゴムが柔らかくていいんだけど。乾くとこれが硬くなって、取り出すときに爪ささくれの部分が痛くてしょうがないんだよ」って。

全員 あ~。

三宅 あとマット交換。気を利かせて手伝ったりするじゃない。あれ、放っておいてくれって。

原田 えー! なんで?  僕、よく手伝いますよ?

磯村 知ってます。ダメなんですよね。やり方があるから無闇に手伝わないほうがいいと。

三宅 そう。手伝わないで、サウナ室からすぐ出ていってほしいって。

原田 ああ、そうなんだ。環八の「 美しの湯 」も出た方がいいんですね。

三宅 出た方がいいみたい。広いけどね。

原田 僕、ガンとして出ないからなあ。

三宅 え、出ないんだ。

原田 立って待ってる。

全員 あはははは(笑)。

原田 横浜の「 スカイスパ 」でもちゃんと立って待ってたんだけど。

「下茹で」派と「水通し」派

三宅 邪魔です(笑)。あと、そう、あれ、サウナ入る前、下茹でする?

原田 するする。

五箇 「下茹で」する人と、「水通し」する人がいますよね。下茹では湯船であったまってからサウナに入る人、水通しは水風呂に入ってからサウナに入る人。三宅さんは?

三宅 季節によりますけども、いまの時期は暑いから、そのまま体を洗って清めて、水風呂入ってからサウナ室行ったりとか。

原田 カツキさんがここ「北欧」で撮影するとき、体を清めて、水風呂に入ってサウナ入るって、水風呂入ってたんですよ。そしたらちょうど「北欧」のスタッフが気を利かせてくれたので、シングルになっていたんですよ(笑)。

五箇 10度以下の設定に(笑)。

原田 そしたら僕が見てるもんだから、すごく気持ちいい顔してずっと我慢して入ってるの。めっちゃ冷たかったはずなのに、かわいいなあ(笑)。

磯村 シングルは超冷たいはずですよね。

長島 サウナ大使なんだから、なめられちゃいけないと思ったんでしょうね。

原田 足、しびれますよ。シングルは。

三宅 足もそうだけど、男性の局部が痛くなるんですよ、アレ。

全員 あはははは(笑)。

サウナは「行かなきゃいけない」

五箇 ちなみに、みなさんはどのくらいの頻度でサウナ行ってます?

磯村 いまはなかなか行けなくて。週に1~2回行けたら、という感じですかね。ホントはもっと行きたいんです。というか、行かなきゃいけない。

長島 「行かなきゃいけない」。わかるわかる(笑)。

原田 僕は週3ぐらいかなあ。

三宅 僕も。いまちょうど舞台の稽古中でなかなか行けなくて。

五箇 さっき、磯村君のテントサウナの回の話が出ましたが、実は僕も持ってるんです。ドラマで使ったのと同じ「MORZH」っていうロシア製のやつを。

原田 あ、そうなんだ! あれ持ってるんだ。いいなあ!

五箇 三宅さんもお持ちですよね。

三宅 僕が持ってるのは「MOBIBA」っていうやつ。これもロシア製なんですけど。去年の自粛期間中、施設が全然やってなかったんで、買ったんですよ。よしこのタイミングだ! って、色々調べたらもう1か月待ちとか2か月待ちとかそんなんで。みんな考えること一緒なんです。で、「MOBIBA」なら「大阪に2つだけ残ってます」って。それで速攻お願いして。で、「こんなん買った」って泰造君と磯村君に写真送って。

原田・磯村 きたきた(笑)。

五箇 実際、どうですか、やってみて。

三宅 自粛期間はほぼ毎日、自分ちの庭でやってたんですけど、サウナ施設とは違うので、自分で薪をくべて、ロウリュウしてって、じっくりな感じじゃない。忙しいんですよ(笑)。

五箇 バーベキューと一緒ですよね。

三宅 そうそうそうそう。

五箇 常になんかやってなきゃいけない。

三宅 薪奉行がいてくれたらいいんですよ。いいタイミングで薪くべてくれたりしてくれる人がね。ひとりでやろうとすると、まあ、忙しい。入れすぎたら、ウワーッあっつーってなるし。

磯村 熱くなる。むちゃくちゃ熱いんですよ、あれ。

五箇 かといって放っておくと温度下がりますからね。

三宅 そうなんですよ。

磯村 一気に高温になるのが魅力でもありますが、時には厄介。

五箇 火傷しますよね。

三宅 しますよ、何回かしました。

五箇 僕も。誰かが薪をくべてくれたらいいんですけど…。家族は死んでもやってくれないでしょうし(笑)。

全員 あはははは(笑)。

目標はフィンランド、エストニア、ドイツで『サ道』世界編

五箇 そういえば、泰造さん、昔フィンランドへサウナ旅に行かれてましたよね。

原田 行きました。奥さんと一緒に。奥さんは全然興味ないんですけど、地方のサウナへ行ったりするときは必ずついてきてくれます。で、フィンランドも一緒に行ってくれたんです。地元の人たちが瓦礫を集めて勝手につくったサウナにも一緒に入ってくれてね。

三宅 いいなあ~。僕、まだ行ったことないんですよ、フィンランド。

原田 そっか、偶然さんは行ったことないのか。

三宅 もうね、行かなきゃいけないんですけど。あれでしょ、磯村君も番組で行ってるじゃない。

磯村 行かせていただきました。WOWOWの番組で。

三宅 僕だけなんですよ、行ってないの。ていうか日本以外のサウナに行ったことがない! 磯村君呼んでくんねーかなーっていう(笑)。

原田 僕もさ、磯村君の番組を観て、ああ、コレ観てから行きゃあよかったって思ったもん。ああ、こういうことだったんだと。何もわからずフィンランドに行っちゃったんですから。

磯村 ていうか、3人で行きたいです。『サ道』で行けたら一番いいなあ。

五箇 それが一番いいですよね。『サ道』フィンランド編。

長島 一応、企画当初から展望としては、ずっとありますね。

五箇 目標としては世界編とか。フィンランドだけじゃなく、エストニア、ドイツもあるし。

三宅 リトアニアとか、ロシアとかね。

長島 韓国も。

原田 凄いね、世界編! 楽しみ~!

五箇 これを読まれている企業の皆さん、スポンサード宜しくお願い致します(笑)。

(撮影:釜谷洋史/文藝春秋)

(辛島 いづみ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング