1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

亡国のフジロック2021、「反知性」「反政府」「反権力」による祭典と化す

文春オンライン / 2021年8月25日 6時0分

写真

3日間にわたって行われた2021年のフジロック ©️時事通信社

 総理大臣の菅義偉さんが、個人の意地もあってか東京オリンピック・パラリンピックの開催を強行しましてね。正直、私もどうせなら五輪はもう1年延期したらと考えていたクチで、国民の健康を考えたら何してんだよと思いますが、いろいろ批判もありつつも相応の感染症対策はしますと宣言したうえで開催決行してしまいました。

 読者の皆さんも、さまざまご意見あると思うんですよね。

人流を減らさなければ感染は広がる

 とにかく人流を減らさないと東京など首都圏はもちろん、近畿圏、福岡、沖縄、北海道に愛知も感染者数は減らず、高熱を出しても病院にも入れずに自宅待機になり、大変な思いをする国民の数は増えてしまいます。国民には「帰省しないでね」とお願いする一方で、オリンピックのような商業的大運動会を催して良いのか、我が国の政治は国民の健康よりも五輪開催を取ったと思われたら、国民もだんだん政府の言うことをきかなくなるんじゃないかと危惧するんですよね。

 一方、大規模イベントについては「きちんとした感染症対策を実施するのであれば」「適切な入場人数に制限したうえで」開催して良いよという話にはなってます。実際、Jリーグやプロ野球などのスポーツ興行や、一部ライブイベントやコンサートなども有観客で解禁されたままで、まあ確かにスタジアムやコンサートホールで感染することはないのかもしれないけれども、その行き来で電車に乗ったり路上飲みをしたりしたら、やっぱり人流は減らずに感染は広がるんじゃないかと思います。

 さらには、都知事・小池百合子さんの必死の呼びかけにもかかわらず、いまや産業界は「感染症対策の徹底」が済んでいることを建前に、テレワークから徐々に通常出社に舵を切り、このクソ緊急事態宣言の最中にもかかわらず朝はコロナ前と同じぐらいの通勤ラッシュに見舞われることもあります。通勤電車ではマスクもしているし、人も喋らないから感染症拡大のリスクは小さいよ、と理屈の上では分かっているのに感情ではなんか怖いと思ってしまうのであります。

 そこへ来て、フジロックですよ。

「場外でもノーマスク宴会」の地獄絵図

 何なんですかね。いや、フジロックを開催するなという話ではなくて、感染症対策をちゃんとやろうってはずなのに、かなり密集してしまっています。フジロックを運営している側も、配信を見る限りきちんと「集まらないでください」と声を掛けているのに、アゴマスクや鼻だしマスクがチラホラ見られ。これは馬鹿の祭典みたいなものなのでしょうか。密になるなって言ってんだろ。

 私も興味のあるアーティストの方が出演していたので観ていましたが、実に立派な密集をして、みなで歌い、騒いでいました。いや、それ危ねえだろ。

 Twitterのタイムラインでも、一連の超絶密集のフジロック画像が大量に出回り、運営会社の呼びかけも空しく大変な修羅場になっているものも見受けられました。もちろん全部の状況がそうだというわけじゃないだろうけれども、開催期間中フジロックに集った皆さんが鈴なりになり、近場の飲食店で大人数ノーマスク宴会をされている模様を武勇伝のように掲載しておられるのを見て、これはいったいどんな地獄絵図なのかと心から心配になる事案であります。

「オリンピックはダメ、フジロックはOK!」という面々

 そうかと思えば、日頃さんざん政府のやっていることを批判し、オリンピックは感染拡大の原因になるから見送れと大騒ぎしていたアカウントが、平然と苗場で大勢のファンたちと写真に収まり、マスクをせずにアーティストに声援を送っている動画を掲載していました。

 これ、他人に厳しく自分に甘いというダブルスタンダードだけではなく、単にコロナ問題にかこつけて五輪対応が駄目だと政府批判をしたいだけだったんだと証明されたも同然だと思うんですよね。海外から人が来て、人流が増え密になりかねないから政府のコロナ対応は不徹底で不誠実だ、五輪は中止しろと批難しておきながら、自分が好きなフジロックについては感染症対策をおざなりにして、密集してノーマスクで多数と宴会しているとか、さすがに文句も言われて然るべきだろうと思うんですよ。

津田大介さん、参加辞退は英断ではあるけれど……

 さらには、アジアンカンフージェネレーションの後藤正文さんが、東京オリンピックは地獄だと批判しておきながら、自身のnoteでは「大阪城ホールのイベントにアジカンで出演し、俺はフジロックのステージのいくつかにも別のバンドで出演する」と発表するとネットで盛大に馬鹿にされ、Twitterはしばらくお休みすると発表。

 あるいは、シンガー・ソングライターの折坂悠太さんは開催直前にフジロック出演を辞退するにあたり、「なぜこんな苦しい判断をさせられるのか。一般企業や国民に多くの責任を負わせ、必要のない分断を加速させる構造を作った今の政府に対して、改めて憤りを感じます」と政府批判の釈明を記して、これまた爆発的に馬鹿にされます。政府はお前のお母さんではないんだよ。

 津田大介さんにいたっては、3日間のトークイベント「アトミックカフェ」の司会をする予定が、これも直前になって参加辞退。一連の言い訳を今度は東浩紀さんに「一時のノリで五輪反対とかいうべきじゃなかった」などと酷評されるわけですが、参加辞退自体は私は英断だと思う一方で、政府のやる五輪には理屈つけて反対するけど自分の参加する、利害関係のあるイベントは直前までやる気満々だったというのはどうなんだ、と思うわけですよ。

自分の投げたブーメランが眉間に刺さるという悶絶級のダサさ

 つまりは、フジロックの開催にあたって、感染症対策の不徹底などを理由に五輪反対の政府批判をしていた人たちは、自分の投げたブーメランが眉間に刺さった形であり、非常にイタい。最高にダサいわけですよ。もうね、悶絶するほどダサい。菅義偉政権が何かのメンツのために五輪開催を強行したのと同じぐらい、こいつらのやったことは本当にダサいのです。

 そうかと思えば、MISIAさんがステージの冒頭に「君が代」を歌ったことに対して、ネットや公式チャットの一部ではフジロックファンから罵声が飛んでいました。これは反権力、反政府活動のファッションみたいなものなんでしょうか。私もなんだかんだRCサクセションを聴き、忌野清志郎が果たした足跡も一応は知っていますが、自分たちが自分たちのやろうとしていることをきちんと認識できておらず、反省もしないのでしょうか。

 そして、フジロックの公式Instagramでは、良識派も少なくないものの、多くの参加者が「コロナは怖くない」「コーラ飲んでもPCRは陽性になる」などの書き込みが続発。何というか、頭悪いとしか言いようがないんですよね。反知性の参加者が鈴なりになってコロナを否定していて、何とも切なくなります。

 こういうコロナを軽視する参加者のアカウントを見てみると、若者どころか30代後半から40代が圧倒的多数なんですよね。いい歳して何を書いてるんだよ。こういうところから、コロナ感染者のクラスターが出ないことを祈るのみです。

感染対策を徹底するならばイベント開催もやむなし

 いや、フジロック開催すること自体はいいんですよ。

 ちゃんと感染症対策を打っているならば。

 フジロックなのになぜか苗場を会場にされてしまった新潟県も、環境省ともどもイベントの後援に入っていますし、主催者にコロナ感染拡大防止対策を徹底するようちゃんと要請をしています。

フジロックフェスティバル開催にかかる新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策を主催者に要請しています(新潟県観光企画課)
https://www.pref.niigata.lg.jp/sec/kankokikaku/1657021000324.html

 つまりは、東京オリンピックもプロ野球の試合もフジロックも、きちんと主催者が観客が密になり過ぎないように手配し、距離をあけ、大声をあまり出さず、正しくマスクを装着して感染症対策を行うならば、イベントを開催することもやむなし、という方針に乗っかっているわけですね。

「帰省を控えてね」という話をよそに、なぜこんなことに

 もちろん、コロナ感染の拡大を防ごうとするならば、イベント自体を無観客にするか中止にしてね、人流を抑えてね、という話になるべきです。実際、今回の会場こそ新潟県ですが、地域の夏の観光売上を考えたらカネの観点からフジロック開催を決断しなければならないのはギリギリ理解はします。

 そのフジロックに集まった人たちは東京圏から6割という数字を見ると、政府が「帰省を控えてね」という話をよそに、どうしてこんなことになってしまったのかと思わずにはいられません。これで新潟県で感染爆発にならないといいのですが。

フジロックフェスの人出、6割は東京から 地元は5%:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASP8R5H8WP8RULEI003.html

 そういう人が集まってコロナに感染して高熱を出しても、医療機関は人命を守るために、可能な限り受け入れてくれようとしています。こういう界隈からなるだけ距離を置いて身を守ろうにも、どうにもならない感染経路での貰い事故もあり得ることですし、くれぐれもできる限りの感染症からの防衛を皆さんが徹底されることを祈ります。

(山本 一郎)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング