1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. グルメ

青森「人生最高のしめさば」、埼玉「海なし県だから出せる真鯛」、道東の衝撃「生のにしん」…全日本ローカル回転寿司チェーンベスト15〈東日本編〉

文春オンライン / 2021年10月2日 11時0分

写真

 海に囲まれた日本の“国民食”といえば、寿司を思い浮かべる人も多いだろう。地方で“独自の進化”を遂げた「ローカル飲食チェーン」のなかでも、手軽に食べられる回転寿司は人気ジャンルのひとつだ。

 日本全国の飲食チェーン店を巡る旅を続け、全国津々浦々400種以上のチェーン店を探訪したライターのBUBBLE-B氏に、全国各地の「ローカル回転寿司チェーン店」を東日本、西日本に分けてそれぞれベスト15を挙げてもらった。

 まずは東日本編。店舗と料理の写真付きで紹介する(メニューや値段は取材時のもの。税率が違う場合もあるため、適宜「税抜」「税込」と表記)。

15位    やまと (千葉)

 ローカル回転寿司チェーン特集ということで、全国津々浦々400種以上のチェーン店を探訪した経験から、東西のベスト15を私の独断と偏見で紹介させていただきたい。

 東日本編の15位は「やまと」。

「鮨 やまと」と「回転寿司 やまと」という店名で千葉県内を中心に展開する回転寿司チェーンだ。

 1996年に「スーパー回転寿司 やまと」として館山にオープンした同店。千葉の地の物はもちろんのこと、鮮度やネタの大きさにこだわったグルメ回転寿司として確固たる人気を誇っている。現在は千葉県内を中心に「回転寿司 やまと」と、回転しないスタイルの「鮨 やまと」として展開している。

 1号店である館山店は2012年に「鮨 やまと」としてリニューアルされ、タッチパネル注文のみのお店として運営されている。

 やまとは千葉近海の地魚をじっくりと味わえる、地域密着型の回転寿司だ。店内には活締めされたばかり地魚、わらさがスタンバイしていた。

〈推しネタ〉千葉の地魚を満喫!「地魚三貫」

 千葉の旬な地魚を3貫セットにした「地魚三貫」。館山店にはA皿とB皿の2種類がラインナップしており、この日チョイスしたA皿は「黒むつ・いさき・わらさ」という、まさに千葉の地魚が満喫できる組み合わせ。

 黒むつはほどよく脂が乗っていて、ややコッテリとした味わい。いさきはサッパリとして爽やか。手前のわらさはぶりになる一歩手前の魚、脂身が少なくあっさりとした味わいだ。

14位    海鮮三崎港 (東京)

 14位は「海鮮三崎港」。まぐろの水揚げで知られる神奈川の三崎港を店名に冠し、関東を中心として一部東北や関西でもチェーン展開されている。

 海鮮三崎港は1997年に目黒店から始まった。その後は吉野家グループを経て現在はスシローグループとなっている。首都圏への出店を急ぎたいスシローにとって、首都圏に強い海鮮三崎港とのタッグは鬼に金棒なのだろう。

 タッチパネルでオーダーするとすぐに特急レーンで運ばれてくるので、いつでも握りたてのものが楽しめる。

〈推しネタ〉とろけるような旨みが爆発「ミナミまぐろ大トロ」

「ミナミまぐろ大とろ」は、コッテリとした脂の旨さを感じられる一皿。舌の上でソフトに溶けていく感触は、まさに大トロならでは。

 他にも炙り系や3貫系など回転寿司でメジャーなネタはほとんど押さえており、グルメ回転寿司らしくリッチな大きさのネタがラインナップしているのが海鮮三崎港の特徴だ。

13位 がってん寿司 (埼玉)

 13位は、埼玉に発祥し関東を中心にチェーン展開する「がってん寿司」。

「がってん承知!」のかけ声も勇ましい同店は、海の無い埼玉にありながら、新鮮で上質なネタの数々が人気のお店だ。 

 がってん寿司は1995年に埼玉からスタートし、グルメ回転寿司として関東圏を中心に120店舗ほどを展開している。「海無し県だからこそ自由な仕入れができる」という逆転の発想と、市場直送・店内調理が人気の秘密。

 ちなみにがってん寿司を運営するRDC社は、歯科医院を開業した後に回転寿司に転身したという異色の会社だ。

 私は店内にこのようなポエムがあると必ず目を通すが、がってん寿司のものはリズム感もよく、つい口に出して読みたくなってしまう。ホィきたがってん承知の助!

〈推しネタ〉これまでの真鯛感を覆す!「がってん真鯛 湯霜造り」

 回転寿司のネタとして「真鯛」の立ち位置は決してセンターではないが、がってん寿司は違う。

「がってん真鯛」と名付けられた気合いの通り、想像を超えた柔らかさと、臭みのなくさわやかな旨味を味わわせてくれる。これまでの真鯛観を大きく変えられた絶品。

 ちなみに湯霜造りとは熱湯にさっと通すという造り方で、この真鯛の柔らかさは湯霜造りによるものだろう。 

12位 すし銚子丸 (千葉)

 12位は千葉の銚子港から名付けられたグルメ回転寿司店「すし銚子丸」。

 千葉はもちろん、関東一円で90店舗ほどの規模でチェーン展開している。

 海に囲まれた房総半島は新鮮な魚介類に恵まれている。そんな海の恵みを新鮮なまま提供することにこだわるグルメ回転寿司がすし銚子丸だ。

 以前経営していた「ABC」という回転寿司店をリニューアルし、グルメ回転寿司として1998年にオープン。

 すし銚子丸がユニークなところは、スタッフを「劇団員」、お店を「劇場」と呼び、「銚子丸一座の劇団員」としてお客様をもてなしたいというコンセプトだろう。入店すると「ようこそ!おいしい舞台へ」というかけ声で歓迎されるのが面白い。

〈推しネタ〉焦げ感とフワフワ食感にタレの深みが…「あなご一本付け」

 千葉といえば富津産のあなごを連想する私は、千葉に来るとあなごを食べたくなる。すし銚子丸のあなご一本付けは千葉県産ではないのだが、銚子丸名物と銘打たれた人気メニューだ。

 バーナーでしっかりと焦げ目を付けられ、熱々の状態で運ばれて来たあなごに箸を付けると洋菓子のように柔らかく、深い味のタレと共に口の中に溶けていく。あなご一本付けには、寿司にひたすら快楽性を追求してきた日本人の叡智が結集されている……そんなことを感じさせてくれる珠玉の一貫だ。

11位 うまい鮨勘 (宮城)

 仙台の国分町で存在感を放つ「うまい鮨勘」。回転寿司スタイルと対面寿司スタイルの両方を持つチェーン店で、宮城を中心とした東北と関東にて27店舗が運営されている。 

「うまい鮨勘」は、石巻で創業した「すしカントリー」をルーツに持つ。1997年に仙台へと出店する時に「うまい鮨勘」という看板になったのだが、「すしカントリー」を略して「すしカン」、そこに漢字を当てて「鮨勘」…という店名の変遷がユニークだ。

 そんな同店は、仙台や石巻で水揚げされた新鮮な食材を、厳選したササニシキ100%のシャリで楽しむことができるグルメ回転・対面寿司となっている。ちなみにこの総本店は対面寿司スタイルだ。

〈推しネタ〉個性が際立つまぐろの奥深さ「まぐろ三昧」

「大トロ・中トロ・赤身」の3貫がセットになった「まぐろ三昧」。コッテリと脂身が多く柔らかい大トロと、対照的にさっぱりとした味わいの赤身、そしてその中間くらいの中トロ。食べ比べるとそれぞれの個性が際立ち、まぐろの奥深さをじっくりと味わうことができた。 

10位 魚魚丸 (愛知)

 魚魚丸と書いて、ととまると読む。愛知の三河エリアに生まれた「魚魚丸」は、三河湾や伊勢湾の地魚はもちろん、三河の味噌文化をも感じさせてくれるグルメ回転寿司だ。

 元々は「あいデリカ」という回転寿司だったが、1999年にグルメ回転寿司「魚魚丸」として新規オープン。現在では愛知県を中心としたチェーン展開を行っている。

 皿の価格は120円から480円までと比較的低価格帯でまとまっている。

〈推しネタ〉三河の味噌愛あふれる!「ナス田楽」

 120円という低価格帯のネタにも関わらず推しネタに入ったのは、三河伝統の味である田楽味噌と大きなナスがネタになった「ナス田楽」。

 1号店がオープンした時からの人気メニューとのことで、三河の方々がいかに味噌を愛しているかが感じられる逸品だ。

 揚げたナスに、甘くてコクのある田楽味噌がリッチに奢られている。ネタが大きいので握り寿司を食べている感覚は薄いが、魚魚丸秘伝のすし酢で作られたシャリとの相性は抜群。

 ちなみに訪れたのは令和元年の5月。つまり元号が平成から令和になったタイミングだったのだが、それを記念して作られた期間限定の創作寿司「令和寿司」がこれ。

「とにかく派手に!」という徳川家康の甲冑のようなギラギラ三河イズムを感じ、ノックアウトさせられた。もちろん味も絶品である。

9位 清次郎 (岩手)

 リアス式海岸も美しい三陸で水揚げされた海の幸を味わえる、岩手の「清次郎」。

 岩手を中心に東北で展開するグルメ回転寿司だ。

 1999年、盛岡に1号店がオープンした「清次郎」。その母体は1876年に創業した老舗の鮮魚店である「田清」で、三陸産はもちろん、上質で新鮮な食材の数々を味わえる。

 清次郎は特急レーンなどはないスタイル。ゆったりとした空間と相まって落ち着いて味わうことができる。

 本日のおすすめメニューに圧倒される。まさにローカルなグルメ回転寿司といったラインナップだ。ここはやはり、三陸産のネタを食べてみたいところ。

〈推しネタ〉他の回転寿司ではほぼ見ない!「釣どんこ 肝味噌添え」

 岩手では「どんこ汁」などで知られるお馴染みの地魚で、正式名はエゾイソアイナメ。他の回転寿司ではほとんど見かけない魚だ。

 淡泊であっさりとした味と、弾力性のある噛み応えが印象的。そして何よりトッピングされたどんこの肝味噌。これが絶品で、淡泊な身に旨味のアクセントをしっかりと残してくれる。

 岩手の名物をこんなにカジュアルに楽しめるのは、岩手のグルメ回転寿司「清次郎」ならではだろう。

8位 あすか (青森)

 日本海・太平洋・津軽海峡と三方を海に囲まれた本州最北端の地は、大間のまぐろをはじめ美味い物だらけ。そんな青森に、本特集では最も少ない3店舗だけのグルメ回転寿司チェーンがある。

「あすか」は2007年に青森市の東大野にて創業したグルメ回転寿司店だ。

 青森では、函館の「函太郎」、盛岡の「清次郎」といった人気のグルメ回転寿司店が進出しており、「スシロー」「くら寿司」といった低価格の回転寿司店も根強い人気で、まさに回転寿司の激戦区。そんな中、青森発のグルメ回転寿司店として人気なのがこの「あすか」だ。

 数々の海産物に恵まれた青森ならではのラインナップに圧倒される。北海道も近いので、もはや死角無しだ。

〈推しネタ〉人生のベストしめさば!「自家製〆さば 八戸産」

 八戸産のさばを使用し、店内でしめたという「自家製〆さば 八戸産」。

 酢の酸味とさばの自然な旨みが高い次元で融合し、柔らかく口溶けがソフトで、その味はまさに絶品。しめさばは素材のさばと加工するプロセスによって様々な個性が出るが、あすかのしめさばは今のところ私の人生におけるベストしめさばと言っても過言ではない。

〈推しネタ2〉抹茶塩で際立つ衝撃の甘さ…「嶽きみの天ぷら」

 あすかはサイドメニューも充実しており、その中でもう1点おすすめしたいのが「嶽きみの天ぷら」。嶽きみとは岩木山の嶽高原で採れたトウモロコシで、青森の名産品。

 天ぷらにされた嶽きみを抹茶塩で食べると、その甘さに必ず衝撃を受けること間違いなしの逸品だ。

7位 まつりや (北海道・釧路)

 北海道にある回転寿司というだけで、そんなの美味しいに決まってる!と言いたくなるが、実際、多くのグルメ回転寿司が非常に高い次元でしのぎを削っている。ここ「まつりや」は、釧路のローカルチェーン店だ。

 釧路・十勝・札幌で展開するまつりやのルーツは、1994年に根室でオープンした「祭囃子」という日本最東の回転寿司店だ。

 まつりやの特徴は、釧路産の食材はもちろんのこと、羅臼産の昆布を使ったオリジナル醤油など、北海道の味を手軽に味わえることだ。

「かつての日本一の漁港 釧路発」と書かれたグランドメニュー。“かつての”に哀愁が漂うが、今でも釧路漁港で水揚げされる魚介類は魅力的なものばかりだ。

「イカないで イカないで どこへもイカないで…」という謎の駄洒落ポエムが書かれた湯飲みも楽しい。

〈推しネタ〉これまで食べていたのは何だったのか!「釧路産さんま」

 太平洋を北上したさんまは、秋になると千島列島あたりでUターンして南下を始める。長旅に備えて脂身を多く蓄え、南下を始めたさんまを日本で最も美味しく食べることができるのは、北海道の道東地区、つまり根室や釧路だと言われている。

 生のさんまは傷みやすく、寿司ネタにするにはとびきりの新鮮さが必要とされる。この「釧路産さんま」を口に入れた瞬間、これまで食べていたさんまは何だったのか?と頭がバグる。優しくてとろけるようなさんまに感動したければ、是非とも秋の道東へ。

6位 回し寿司 活 活美登利 (東京)

 東京発にも上質なグルメ回転寿司チェーンがある。それが「回し寿司 活 活美登利」だ。

「回し寿司 活 活美登利」は2002年、目黒店を1号店として創業した。梅ヶ丘の人気店「美登利総本店」からの暖簾分けという歴史があるので、店名に「美登利」という名前が付けられているが、美登利総本店とは別会社である。

 1号店である目黒店は目黒駅の駅ビルにあるため、アクセスも非常に良い。また、お持ち帰りコーナーも充実しているので、自宅やオフィスで高品位な寿司を楽しむことができる。

〈推しネタ〉これが154円なのか!?「あぶりとろイワシ」

 回し寿司 活 活美登利のラインナップは、お手頃な価格であってもしっかりとグルメ回転寿司レベルのものばかり。それが都心で手軽に味わえることに感嘆する。

 推しネタは「あぶりとろイワシ」の塩。芳醇な脂が乗り、柔らかく肉厚なネタだけでもインパクトがあるが、軽く炙られて少しビターになった外側とフワフワの身をシンプルな塩で食べると、いわしの旨味が口の中で爆発する。

 失礼ながら、イワシにそこまで期待をしていなかった自分を恥じた。こんなにもソフトで、快楽を刺激してくるイワシが存在するのかと。そしてこれが154円なのが回し寿司 活 活美登利の凄いところだ。

5位 なごやか亭 (北海道・釧路)

 釧路の「なごやか亭」は、道東をはじめ北海道の恵まれた食材を贅沢に味わえるグルメ回転寿司チェーンだ。「超グルメ回転寿司」と自ら評するその実力はいかに。

 なごやか亭は1991年に創業し、2001年に春採湖の近くに移転したのがこの1号店である。付近にはスケートリンクやショッピングセンターもあり、その広大さに北海道の大地を感じる事ができる。

 ちなみになごやか亭は北海道のローカルチェーン店ではあるが、北海道以外ではなぜか滋賀県に2店舗ある。

 さすが道東の回転寿司である。名物のさんまはもちろんながら、北海道産のさまざまな食材がラインナップする様は圧巻だ。また、幕別産の「インカのめざめ」なんかも北海道ならではだろう。

〈推しネタ〉プリップリの大きな粒「いくら」

 寿司の高級ネタといえば「いくら」「うに」「大トロ」だ。高価なこの3つには、価格に見合う美味しさも欲しいところ。

 なごやか亭のいくらは自家製ということで、粒が大きくプリップリの張力がある。噛むとプチチチと音をたて、いくら汁が元気よく出てくる。高品質のいくらがもたらす、圧倒的な快感を楽しめる。

 もっと豪快にいくらを食べたければ、「こぼれいくら」をオーダーしよう。その名のとおり、軍艦から大きくこぼれるくらい大盛りのいくらが盛られる。今は休止中だが、こぼれいくらをオーダーすると店内の太鼓が叩かれ、威勢の良いパフォーマンスを行ってくれるエンタメ性の高さも、なごやか亭の魅力だ。

4位 トリトン (北海道・北見)

 その店名が印象的な「トリトン」。北海道の北見で創業し、札幌はもちろん東京でも知名度を持つグルメ回転寿司チェーンだ。

 トリトンは1989年に北見で創業した回転寿司チェーン店。北海道系のグルメ回転寿司店の中では古株のひとつだ。

 札幌市内に多くある店舗、東京に2つある店舗共に行列必至の人気で、その味の良さが多くのファンを虜にしている様子がうかがえる。

 さすが道東の回転寿司と唸るのは、旬のネタの数々。秋ならではのイチオシ「旬さんま」に始まり、網走産のあぶらがに軍艦、苫小牧産の活ほっきなど、強力なラインナップだ。

〈推しネタ〉甘い!旨い!柔らかい!「旬さんま」

 秋に訪れた道東の回転寿司は、案の定さんまが最高だった。まつりやに続いて推しネタにさんまが連続するがやむを得ない。この根室産「旬さんま」は信じられないほど脂が乗り、柔らかくて甘い。口に入れると脳天まで旨さで満たされるような、まさに衝撃的なさんまであった。

〈推しネタ2〉ザ・北海道!「マヨコーン」

 そしてもう一つ食べて欲しいのは「マヨコーン」。えっ、なんでそんな低価格のネタを?とお思いだろうが、これが違った。北海道産のトウモロコシはシャキシャキとみずみずしい歯ごたえで、一粒一粒から豊かな大地の旨さを感じる。ザ・北海道を感じたければ、トリトンのマヨコーンはおすすめだ。

3位 根室花まる (北海道・根室)

 3位は、日本最東端の街である根室で生まれた「根室花まる」。この特集にて上位にランクインしているお店はほとんど神の領域であり、その差はあってないようなものだ。

 根室花まるは1994年に創業し、現在では北海道を中心に、東京への出店を増やしつつあるグルメ回転寿司チェーン。

 1号店である根室店は根室半島の中心である根室の市街地にあり、根室半島を縦貫する国道44号に面しているためアクセスも容易だ。

 ここ根室は日本でもっとも早くさんまが味わえる街だ。冷たい水を好むさんまは、秋になると親潮にのって北海道沖にやってくる。なお近年は不漁傾向が続いており、なんとか好転して欲しいと願うばかりである。

〈推しネタ〉生のニシンを食べたことはありますか?「トロにしん」

 道東の回転寿司なので当然のように旬のさんまが素晴らしいのだが、この「トロにしん」にはやられた。ニシンはすぐに鮮度が落ちて味が悪くなることから、生のニシンを寿司ネタとして食べることができる地域は限られている。

 根室花まるのとろにしんは網走産で、小骨を丁寧に抜いて食べやすくしたものだという。脂がよく乗り、淡泊ながらもほのかに甘さのある味は、北海道の東の果てまで来たのだなぁと感じさせるのに十分な味わいだ。

〈推しネタ2〉かに味噌の出汁に大きなホタテが…「焦がしほたての茶碗蒸し」

 サイドメニューでおすすめなのはこれ「焦がしほたての茶碗蒸し かに味噌仕立て」。その名の通り、大きなホタテを炙って軽く焦げ目をつけたものが、大胆にも茶碗蒸しの中にゴロンと入っている。そんなのあり? かに味噌の出汁のでた茶碗蒸しの中にある大きなホタテを少しずつ食べる幸せに、必ず衝撃を受けるだろう。 

2位 弁慶 (新潟・佐渡)

 47都道府県のチェーン店の本店を探訪した中で、離島に本店があるのはここだけ。佐渡で生まれたグルメ回転寿司チェーン「弁慶」だ。

 日本海に浮かぶ佐渡島は、北から流れてくる「リマン海流」と南から流れてくる「対馬海流」が交差する絶好の漁場。そんな佐渡で長らく営む小崎鮮魚店が運営するのが「弁慶」。

 新潟県内を中心に東京にも店舗を持つグルメ回転寿司チェーンだが、その本店は創業地の佐渡島にある。

 さあ、佐渡で何を食べるとおいしいかな?と思っておすすめ品のホワイトボードを見ると…多い! 特に154円にあるシーチキン、これがおすすめに入っているのは珍しいのではないだろうか。

〈推しネタ〉極上ネタを佐渡米シャリで食べる贅沢「活タコ」

 弁慶で最も衝撃を受けたのは「活タコ」だ。佐渡産のフレッシュでみずみずしく、喉ごしの気持ちいいこんなタコにはなかなか出会えないはず。そんな極上のネタを、佐渡米のシャリとともに頂く。これ以上の贅沢がどこにあるだろうか?

 ちなみに「活」というのは生きたまま店舗に運ばれ、店内でさばかれたネタに名付けられる。対して「生」とは外部の加工場で一次加工されてから店舗に運ばれてきたネタに名付けられるものだ。

〈推しネタ2〉日本海の離島で味わう高級魚「のどぐろ」

 日本海の高級魚として知られる「のどぐろ」。日本海の離島である佐渡島でも絶品ののどぐろを楽しむことができる。上品なピンク色をした身は適度な歯応えがあり、脂の甘みをじっくりと味わえる。

1位 グルメ回転ずし 函太郎 (北海道・函館)

 東日本編の1位にランクインしたのは、函館が誇るグルメ回転寿司「函太郎」だ。東日本のグルメ回転寿司は、やはり北海道勢が強かった。その中でも函太郎は味はもちろんながら、ロケーションの気持ちよさも好印象だ。

 1998年に創業した同店は北海道のみならず、東北地方から東京や大阪にも店舗を構えるグルメ回転寿司のチェーン店である。

「函太郎」の宇賀浦本店は漁火通りに面しており、店舗の窓からは津軽海峡の絶景が一面に広がる、そんな絶好のロケーションが素晴らしい。

〈推しネタ〉シャリが見えないくらいデカい!「活ほたて」

「函太郎」は北海道の食材を多く使っており、この「活ほたて」も噴火湾で水揚げされたものだ。

 シャリが見えないくらい大きい活ほたてを口に入れると、その弾力と自然な甘みに深い感動を覚える。まさに、函館ならではの味覚だ。

〈推しネタ2〉脂身まで厳選!「〆さば」

 しめさばもおすすめしたい。函太郎では、国産で脂身が20%以上あるさばを厳選し、店内で丁寧に作っているという。酢の酸味とさばの旨味が猛烈にマリアージュしたその味は、函太郎のこだわりを存分に感じられるはず。

写真=BUBBLE-B

大阪「卸売だから出せる本まぐろ」、三重「そびえ立つあなごツインタワー」、“かつお王国”高知は…全日本ローカル回転寿司チェーンベスト15〈西日本編〉 へ続く

(BUBBLE-B)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング