1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

《女子高生死体遺棄》逮捕の群馬在住夫婦“裏の顔”「妻はピンクのパジャマ、爪は長く、髪はボサボサ」「照れくさそうに『苗字が変わりました』」

文春オンライン / 2021年8月31日 18時30分

写真

遺体が発見された小屋 ©文藝春秋

 面積の9割以上を山林が占め、人口1千人を切る「日本で最も小さい町」山梨県早川町。8月31日未明、この小さな町が震撼する出来事が起きた。山奥の小さな小屋で、都内の高校3年生である鷲野花夏さん(わしのかな・18)の無残な遺体が発見されたのだ。

 警視庁は同日に、群馬県渋川市に住む小森章平(27)、妻の和美(28)両容疑者を花夏さんの死体遺棄容疑で逮捕。取り調べに対し、2人はいずれも容疑を認めているという。

 

「花夏さんは、8月28日午後3時半頃、『友人に会いに行く。17時半に戻る』と言って都内の自宅を出た。しかし18時半を過ぎても帰らなかったため、心配した母親が110番通報。警視庁は事件に巻き込まれた可能性があるとみて、捜査を開始し、事件が発覚した」(捜査関係者)

 全国紙記者が事件発覚までの経緯を解説する。

「捜査関係者が花夏さんの足取りを調べると、墨田区内の駐車場で章平容疑者の車に乗ったことが周囲の防犯カメラ映像で確認されました。警察がその車を追ったところ、8月30日19時に長野県辰野町の中央道辰野パーキングエリアに停まったため、声をかけた。車には章平容疑者が乗っており、逃げることなく、任意の事情聴取を受け、『山梨県の小屋に遺体を置いた』と認めたようです」

遺体の背中には「4カ所の刺し傷と首を絞められた形跡」

 花夏さんが遺棄されたのは山中の物置小屋のような建物。夜になると周囲は真っ暗闇に包まれる。借主の男性によると「事件もなく平和なため、鍵もかけていなかった」という。

「花夏さんが死亡したのは8月30日。遺体の背中には4カ所の刺し傷があり、首には紐で締められた形跡もあったようです。見つかったときは壁に背中をつけて、足を投げ出して座った状態でした。小屋には発覚を遅らせようとしたためか、南京錠がかけられていました」(前出・全国紙記者)

 花夏さんと交流を持つ近隣住民たちは揃って、「なんであんなにいい子が……」と言葉を詰まらせた。ある高齢男性は、花夏さんとの思い出をこう振り返った。

「花夏さんの家は二世帯住宅で、1階におじいちゃんとおばあちゃんが住んでいて、2階に花夏さん、お父さん、お母さんで住んでました。花夏ちゃんはひとりっ子で、大事に育てられていたと思います。優しくて礼儀正しくて、しっかりした子なんですよ。

 5年前くらいかな、私が魚好きということを知って、お母さんと一緒に『メダカ飼いませんか?』とメダカを持ってきてくれたことがありました。今でもそのメダカは大事に育てています。小学校の時に私が語り部として戦争体験を花夏さんの学校へ話に行ったのですが、花夏さんが『隣のおじちゃんがきてくれた』って友達に明るく紹介してくれて、緊張もほぐれました。

 中学生の時は、よく花夏さんの友達が花夏さんの家に自転車で遊びに来ていて、友達も多かったと思います。男女分け隔てなく仲良くしている子でしたね」

花夏さんの平穏な日々を奪った和美容疑者の「嫉妬」

 家族仲も良好で、揃ってキャンプへ行く姿も見られている。花夏さん一家の平穏は、なぜ奪われてしまったのだろうか。死体遺棄容疑で逮捕された両容疑者は、取り調べに対し殺人をほのめかす供述もしているという。

「死体遺棄容疑での逮捕ですが、警視庁は殺人容疑も視野に入れて捜査しています。花夏さんは章平容疑者とツイッターで知り合っており、それに妻である和美容疑者が嫉妬してトラブルに発展したようです」(前出・全国紙記者)

 妻の嫉妬が引き起こした凶行なのだろうか。両容疑者の人となりを取材すると、和美容疑者の恋愛事情は、これまでも順風満帆ではなかったようだ。

 容疑者らが住んでいた群馬県渋川市の自宅の近隣住民はこう語った。

「和美容疑者がここへ引っ越してきたのは、ちょうど1年前ぐらいでした。その頃は別の男性と結婚していて、2人で挨拶にきたんです。和美容疑者とその夫との間には子供が3人いると聞きましたが、子供の声が聞こえてきたことはありません。実家に子供を預けていて、2人暮らしだったようです」

 しかしその数か月後、和美容疑者は別の男性を連れ、この近隣住民宅へ挨拶に訪れたという。

元夫との離婚後すぐに章平容疑者と再婚

「その男性が章平容疑者です。和美容疑者は『苗字が変わりました』と照れ臭そうに話していて、印象的でした。あまりに短期間のうちに再婚したので驚きましたよ。前の夫とは、DVが酷かったために離婚したようです。この辺りに住んでいるのは高齢者ばかりで、引っ越してくる人も少ないですからね。若い2人は目立っていました」

 章平容疑者と人生の再スタートを切った和美容疑者だが、幸せそうな様子は見られていない。別の近隣住民によると、和美容疑者は「暗い性格で周囲との交流を持たないタイプだった」という。

「自宅からすぐ近くのところにあるコンビニで働いていましたが、外出する姿はあまり見かけませんでした。家と職場を行き来するだけの生活だったんだと思います。しかも見かける時はピンク色のパジャマのような服を着ていたり、爪も長く、髪もぼさぼさで地味。前髪が目にかかっているので表情もわからず、すれ違っても挨拶したことがありません。コンビニでの勤務中も同じような雰囲気で、会計が終わると『ありがとうございました』とは言うものの、棒読みでした。いつも元気がなくて、何か悩みでもあるのかなと思っていました。

 記憶に残っているのは、コンビニの制服のネームプレートに書かれた名前が、ずっと『ゆでたまご』だったことです。他の従業員が全員、苗字なのにどうして1人だけニックネームなんだろうと。詳しい理由はわかりませんが、少し変わった人なのかなと思っていました」

 一方、章平容疑者は「健康そうで短髪の不良っぽい見た目」だった。

「龍の柄が入ったシャツや甚兵衛を着て、白のオデッセイを駐車場でいじっている姿をよく見かけました。車は『四日市ナンバー』だったので、随分遠くから引っ越してきたんだな、と思いました。よほど車が好きだったのか、よく車のドアを全部開けて掃除をしていましたよ。近所に学校があるのでよく女子高生が通りますが、声をかけたり色目を使ったりするような姿は見たことはありません」(別の近隣住民)

 章平容疑者は花夏さんとどういう関係で、和美容疑者はなぜ凶行に至ってしまったのか。真相の解明が待たれる。

▼▼▼

「文春オンライン」では、今回の件について、情報を募集しています。下記のメールアドレス、または「文春くん公式」ツイッターのDMまで情報をお寄せ下さい。

メールアドレス:sbdigital@bunshun.co.jp
文春くん公式ツイッター: https://twitter.com/bunshunho2386

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング