1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

「妻を愛してるけど抱けないので、彼氏になってほしい」結婚1年目でセックスレスになった夫婦が、妻の彼氏と一緒に住むまで

文春オンライン / 2021年9月26日 11時0分

写真

©末永裕樹/文藝春秋

 現在結婚13年目のわかぴょん・みかさん夫婦は、お互いに婚外恋愛を認め合って生活している。そんなお2人にこれまでの結婚生活について詳しく話を聞いた。(全2回の1回目/ 後編 を読む)

◆◆◆

映画で出演したのがきっかけで結婚

——お2人は結婚するまで早かったんですよね。

みか 付き合って3カ月です。

——出会いはどういうものだったんですか?

わかぴょん 友達が映画監督をやっていて、その映画に私も妻も出たんですけど、それがきっかけです。

みか 同じシーンだったんだよね。帰りの車が一緒やったよね。

わかぴょん そう。そこでちょうどみかが同棲していた彼と別れたみたいな話をしてて、別れる記念ムービーを2人で撮ったんだよとか言われたんですけど、「なんやそれ」って(笑)。普通じゃないみかの話がすごい面白くて。惹かれていきましたね。

みか 昔の彼氏は全員仲良いですね。われわれの結婚式の音響とかやってもらったりとか。結婚式に元カレが5人来たっていう(笑)。

わかぴょん 付き合ってからみかが元カレを1人ずつ私に紹介してきたんですけど、それが一番衝撃的でした(笑)。みんないい人で、そのあと友達になって、一緒にフジロックとか行ってますからね(笑)。

みか 男だけでね。

結婚を決めた理由は「自然に」

——わかぴょんさんはもともとそういうのを受け入れられるタイプだったのでしょうか?

わかぴょん ないですね。元彼に会うとか、元彼と連絡とってるとかありえないと思ってました。でもみかと出会って彼女の考え方に触れていくにつれて、気づいたらそうなってたかな。何人か会っていくうちに、みんないい人だっていうのが分かってきたんで、だんだん免疫がついてきて。

みか 向こうも「みかをよろしく」みたいな感じやもんな。

わかぴょん そうそう。隠してコソコソしてないから大丈夫かな、みたいなところもあったし。

——結婚を決めた理由はなんでしょうか?

わかぴょん 私はつき合う女性とは必ず、結婚をしたいと思ってつき合うので、みかに対してもそのつもりで交際を申し込みました。だから自然にという感じですね。

みか 私も結婚相手を探してて、男性にご飯とか誘われると、「私、今、結婚相手を探してるんで、そういうつもりで、結婚を前提に行くなら行きます」みたいな感じで言ってました。

一番の悩みがセックスレス

——それでわかぴょんさんと出会って結婚して。今、何年目になるんですか?

みか 13年目です。

——そこから夫婦生活を共にする中で、一番の悩みがセックスレスになったと。

わかぴょん そうですね。

——それは結婚何年目ぐらいだったんですか?

わかぴょん 結婚当初ぐらいから、私がみかのことを性的な対象として見れなくなってしまったんです。家族になったみかのことを、恋人として見れなくなったというか。仲はいいんですけど。

 今思うと、私は理想の家庭として、セックスとか全然なくても、年をとっても仲良くお茶でも飲みながらいられるような感じが良いなと思っていたので、結構理想の形だったんですよね。

新婚なのに茶飲み友達

 あと、みかに対して勃たないものは勃たないという。自分の性的欲求がなくなったわけではないんですけど。だからといって浮気とかするつもりもなかったし。その辺の価値観がみかと違っていて。

みか セックスだけの話ではなく、女性として見られていないとか、新婚やのに茶飲み友達みたいなのが、「私、これ一生続くの?」って。

——その価値観が合ってなかった。でも、そこで離婚という選択を取らなかったのは、好きな気持ちがあったからでしょうか?

わかぴょん そうですね。そもそも私のこのときの理想の家族像ではあったので別れる理由はなくて。

みか 私は途中で「もう無理」ってなって…。もちろん一生この人と人生を…というつもりで結婚してるけど、わかぴょんじゃなくてもしょうがないかと腹をくくった時点で、わかぴょんとやるのが先か、そういう相手が出てくるのが先か、どうなっても私は自分を守るみたいな覚悟はしましたね。

わかぴょん その時、子どもは2人もう居たよね。下の子が生まれて間もないぐらい。

みか そうそう。その時にわかぴょんに「そういう人が現れたら、私はあなたの許可を得ずにやります」って言いました。

しっくりくる解決策が出ず…

わかぴょん それを言われるまで私はずっと逃げてたんですよ。「今、仕事がちょっと大変だから、眠くて聞けないんだよ」とか、EDになっちゃったのかなとか、そう思って、カウンセリングにも行ったりして。だけど「いや、違うな」って。

 その時のみかの一言で本気度が伝わったんですよね。これはマジでそうするなと思ったから、そこで初めて、じゃあどういう方法があるか1回考えようと言って、「女性の風俗あるけど」とか「俺が無理やり抱くか? でも、それも嫌でしょ」っていう。

みか そういうこっちゃない、と。

——解決策を2人で出し合ったんだけれども、あまりしっくりくるものがなくて。

わかぴょん でも、彼氏だって「じゃあ作ろう」といってすぐできるものじゃないじゃないですか。そもそも妻なのに彼氏ってどうなんだろうと考えてる時に…。

「2人の関係をあきらめないで欲しい」

みか ちょうど昔仲よかった人たちとの飲み会があって、「うち、セックスレスで…」って話をしたら、他の人たちも「うちもそうだよ」と。そしたらその中にいた1人が「みかと結婚できたのに、みかにこんな悲しい思いさせて何やねん」みたいな感じで怒ってて、おやおや? みたいな(笑)。彼に相談できそうだなと思って、後日私とわかぴょんと彼の3人で会ったんですよね。

——その時はどんな話をされたんでしょうか?

みか 最初、3人でそろった時に、「私に頼まれたから来てるとか、誰かにやらされてると思う人がいるなら帰ってほしい」と言ったんですよ。「ここから先、それぞれが自分の行動に責任を持って話し合いましょう」と。そうしたら、2人とも「分かりました」って。

 わかぴょんが「妻を愛してるけど抱けないので、彼氏になってほしい」と言ったんですよ。そうしたら、彼が「でも、この夫婦のことは好きだし、2人はラブラブで居るのが理想なんですよね? だから、自分が現れたからといって2人の関係をあきらめないで欲しい」と言ったんです。わかぴょんは、家庭を壊される敵みたいに思ってた人が味方なんやって分かって、メッチャ泣いたんです。

隠してコソコソするという選択肢はない

わかぴょん その場で号泣したんですよね。それまで背負っていた色んなことの荷が下りたというか。

みか 抱けないプレッシャーとかね。

わかぴょん そう。結婚して幸せにするって言っておきながら、こんなにつらいつらいって妻に言わせてしまうことへの罪悪感がスッとなくなって。その後、私たちの家に妻の彼氏も一緒に住んでいたこともあります。そのくらい家族のような絆がありましたね。

——外でコソコソするという選択肢もあったと思うんですが、ちゃんとパートナーと話そうと思ったのはどうしてでしょうか?

みか 私の中に隠してコソコソするという選択肢はないんですよ。できないです。正直なので。隠すということは自分の気持ちより社会の目とかのほうを優先してるわけじゃないですか。私の優先順位がたぶん違うんですよね。隠すって弱みやと思ってるってことだから。自分のことを責めながらそういうことをやるのは嫌だったので。

 恋をする気持ちってみんなあるじゃないですか。原始人やったらええやんって思うはずやのに、今の文化とか生きていく中で得た知識とか刷り込みで、あかんもんやってただジャッジしてるだけやけど、実際あるやん! っていうのを自分の一番大事にしているところというか。日陰にしたくないんですよね。

話し合いながらアップデートするのって大事

わかぴょん ちょうど昨日、YouTubeに新しい動画を上げたんですけど、そのサムネが「私たちは隠してないだけ」。

みか みんなやるのはやってるやろ、って思って。

わかぴょん 私たち家族のことを新しい形とか言うけど、そういう人って他にもいっぱいいるんですよ。それを周りに言ってないだけで。もちろん夫婦お互い、今の相手が最高で、一生このままで幸せっていう人もいると思いますし。

 夫婦も、5年10年とか付き合っていくと、気持ちだって変わってくるし、環境によっても変化するじゃないですか。それを恋人、母親、夫婦、妻とか全部の役割を1人で、お互いがそれで完璧にやれたらいいんだけど、どうしても補えない部分とか出てきて。そういう時は、正直に「ここは今ちょっとあかんかも」というのを話し合って、その足りない部分を「今大丈夫? 埋まってる?」とか、「じゃあ別の方法で何か考える?」って話し合いながらアップデートすることは大事だなと思います。

【続きを読む】幼稚園生の娘に「お父さんと、お母さんの彼氏どっちが好き?」「不幸な家族だ」と…妻の彼氏と同居した家族の現在

幼稚園生の娘に「お父さんと、お母さんの彼氏どっちが好き?」「不幸な家族だ」と…妻の彼氏と同居した家族の現在 へ続く

(「文春オンライン」編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング