1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

《寝屋川市中1男女殺害》「呪うことだけ考えて吊られて逝く」「復讐だ」山田被告が自ら“死刑”を選んだ本当の理由

文春オンライン / 2021年9月27日 16時55分

写真

大阪拘置所 ©共同通信

〈《耐えられない 身辺整理終了次第に控訴を取下げる 死刑執行連行時、処刑場まで書信係職員を呪うことだけ考えて吊られて逝く 執行されるのが大拘職員への復讐だ》〉

 2020年3月19日、寝屋川中学生男女殺人事件の被告人だった山田浩二死刑囚が弁護人に宛てて書いたはがきには、拘置所職員への恨みに満ちた言葉とともに、控訴を取下げる意思が綴られていた。このはがきを書いた5日後の24日、山田死刑囚は控訴取下げの書類を提出し、2021年8月25日に死刑が確定した。

 全国紙記者が解説する。

「一審で弁護側は、被告には殺意がなかったことに加え、刑事責任能力がないことについても主張していました。結果として一審判決は死刑でしたが、弁護側は即日控訴。裁判員裁判の一審で死刑が確定することは異例ですし、取材の中で被告自身も高裁でも争う発言をしていたようで、高裁で再び審理されるというのが大方の予想でした。そのため、被告からの控訴取下げは予想外の展開でした」

 極めて異例といえる、死刑判決を受けた被告本人からの控訴取下げ。その経緯から見えてくるのは、被告に振り回される裁判所と弁護士の姿、そして事件そのものにも共通する山田死刑囚のあまりにも軽率な姿だった。日本中を震撼させた事件の死刑確定までの狂騒曲を紐解いていく。

「寝屋川中学生男女殺人事件」とは

 事件は2015年大阪府寝屋川市で起きた。当時中学生だった平田奈津美さんと同級生の星野凌斗さんが行方不明になったのだ。

「警察の必死の捜索にもかかわらず、平田さんは高槻市内の駐車場で、口や鼻などを粘着テープでぐるぐる巻きにされ、遺体で発見されました。遺体にはいくつもの切り傷があったといいます。

 星野凌斗さんも後日、柏原市の雑木林で、遺体で発見されました。警察は周囲の防犯カメラなどから容疑者を特定。平田奈津美さんの死体遺棄容疑で山田被告を逮捕したのです」(前出・全国紙記者)

粘着テープでぐるぐる巻き…残虐な手口で殺害

 大阪地裁で開かれた一審の判決文によると、検察側は2件の殺害容疑に対する死刑を求刑。対して弁護側は平田さん殺害容疑に対しては殺意のない傷害致死であり、星野さんの殺害容疑については、死因は熱中症等によるものだと無罪を主張している。

 星野さんの殺害容疑については遺体の腐乱状況がひどかったこともあり、多くは謎のままだ。しかし、遺体のうっ血の痕跡や歯や骨の変色などの理由から、一審では検察側が主張した首を絞めたことによる窒息死が採用された。

 平田さん殺害については、被告の残虐な手口が明らかにされている。

 弁護側は、大きな声で叫ぶ平田さんを止めようとして、パニックになって首を絞めてしまったことによる事故死と主張していた。しかし裁判所は、数分にわたって体格差がある中学生の首を絞めたことに強い殺意を感じると判断。顔を何重にも粘着テープでぐるぐる巻きにしたことや、体に残った50以上の切り傷から、被告の「生命軽視の度合いの強さを表している」とした。

 また、計画性の有無については、計画性はなかったと判断された。つまり、この事件は“突発的に発生した極めて残忍な事件”であるとされたわけだ。

死刑判決を受け、弁護士が即日控訴するも……

 弁護側の主張はほとんどが否定され、2018年12月19日に死刑判決が被告に言い渡された。

「当然、弁護側は即日控訴。高裁でも殺人罪の成立をめぐって争う姿勢でした。また、この控訴は遺族にとっても検察側にとっても織り込み済みだったことでしょう。一審では犯行の動機や事件の全容が明らかになっていなかったので、遺族も高裁で事件の真相究明がなされることも期待していたと思うのですが……」(前出・全国紙記者)

 しかし、2019年5月19日に山田被告は突如、控訴を取下げたのだ。

「山田被告自らによる控訴取下げに、関係者もマスコミもみんなが驚きました。被告は裁判でそれほど反省しているようには見えませんでしたし、かといって世を儚んで死刑を望んでいる様子でもなかった」(同前)

 この控訴取下げをめぐっては、約2年後の2021年8月25日に大阪高裁で控訴取下げが決定。この間、一体何があったのか。控訴取下げ決定の際に大阪高裁から出された《決定文》をもとに、死刑確定の経緯を追っていこう。

 2019年5月19日の控訴取下げの理由は、極めて些細な出来事だったようだ。

 ある日、山田被告がボールペンを拘置所職員に返却する際に、職員へ乱暴な言葉遣いをしたことを違反行為として指摘される。外部との文通や面会を制限されそうになったことで《被告は自暴自棄となり、同夜のうちに控訴の取下げに及んだ》とされている。

 弁護側も慌てたことだろう。速やかに控訴の取下げを無効にするよう動き出す。その主張は被告の精神状態を理由にするもので、《精神障害および死刑判決という特殊な精神状況により自己の権利を守る能力を著しく制限されていた》としている。

「大阪高裁は弁護人の主張を退けつつも、結局この時は控訴取下げを無効にする決断を下しました。死刑確定という重大な結果をもたらす決断にしては、動機があまりにも軽率だという理由でした。自分が死刑判決をしっかり受け止めた判断とは思えない、ということです。もちろん、検察側はこれを不服として審理を差し戻す主張をしました」(前出・全国紙社会部記者)

 この控訴取下げが有効か否か、審理を継続しているさなか、なんと被告は2020年3月24日に再び控訴取下げの申請を提出する。2度目の控訴取下げを申請した直後、山田被告に面会した司法記者はこう振り返る。

「拘置所内での“いじめ”」の事態とは

「被告はこちらの目をずっと見つめながら話すので、ちょっと異様な雰囲気でした。こちらの聞きたい事には一切答えず、自分のしゃべりたいことを一方的に話していました。控訴取下げについては『弁護士にすべて任せている』などと言って、一切話そうとしませんでした。ただし、拘置所内での“いじめ”について書いてくれと言われました。職員が部屋に入って私物を荒らされたと主張していました」

 拘置所職員が山田被告の私物を調査したことは、《決定文》にも記されている。

《決定文》によると、職員は山田被告の私物を荒らしたのではなく、6日前に被告に貸与していた願箋(被収容者が面会や買い物を申し出る際に使う紙)が返却されていなかったことが理由で、3月24日に私物を調査したとされている。

 この私物調査に当たっては、拘置所職員が3月19日に被告の身体検査と居室への立ち入り捜査をしたものの、願箋は発見されなかったという経緯がある。被告は「身に覚えのないことだ」と主張していたがその通りの結果になったのだ。しかし、それでも被告の隠匿疑惑は晴れなかったのだろう。職員は3月24日にさらに詳細な調査をすると山田被告に通達した。

 そしてこの通達からわずか数分後、被告は自分の部屋のインターホンを押して拘置所職員を呼び、控訴を取下げたいと伝えたという。

 同時期、山田被告は自身の通信制限についても不満を表していたという。被告は自分と同じく拘置所に収監されている複数人と、差し入れやはがきでコミュニケーションを取っていた。それを拘置所内の秩序を乱すと考えた拘置所側が規制すると、被告は不当ないじめ・嫌がらせだと主張した。

 不満が鬱積していく中、被告は《処刑場まで書信係職員を呪うことだけ考えて吊られて逝く》などと、冒頭で紹介した弁護人へのはがきを書いたのだ。それは拘置所職員が被告の居室に立ち入り調査をした3月19日のことである。自分の意に沿わないことがあると、すぐに控訴取下げという“復讐”に飛躍する被告の感情的な思考回路が見て取れる。当然、はがきを受け取った弁護人はすぐに山田被告への面会を申し出るが、被告は面会を拒否している。

《決定文》には、被告が書いた控訴取下げ書の内容についても記載がある。その控訴取下げ書は書式を完全に無視して書かれており、被告が感情的になっていた様子がうかがえる。

 どの事件に対する控訴かを記入する欄には《これ以上の大阪拘置所の嫌がらせ、いじめ、言い掛かりに耐えられないので》とあり、記入日欄の下には《訳の判らぬことで調査にさせられた日》などと書かれていた。この取下げ書を見た職員が記載の不備を伝えるも、被告は「このままでいい」と言い修正に応じなかったという。

午後には一転「さっきの控訴取下げやめられませんか」

 しかし同日午後、被告は弁護人と面会。そして面会直後、拘置所職員を呼びつけて、「弁護士と話して。やっぱりさっきの控訴取下げやめられませんか」と申し出た。しかし「取下げ書は職員が受け取った時点で効力を発揮してしまう」と言われ、その場での取下げ撤回は受け入れられなかったという。

「弁護側は1回目の控訴取下げの時と同様に、今回の控訴取下げについても無効であることを主張しました。しかし、大阪高裁は今度は控訴取下げを決定。弁護側の異議申し立てで控訴取下げが有効であるか否かについて最高裁までもつれ込みましたが、2021年8月25日、この異議申し立てが否決され、一審の死刑判決が確定したのです」(前出・全国紙記者)

 高裁も弁護人の尽力に同情したのか、被告の言動が目に余ったのか、取下げの決定文に次のような一文を加えている。

《極めて重要な本件取下げに及んだのに、その僅か数時間後に早くも後悔して大騒ぎをし、弁護人は一度ならず二度までもそのような事態に対処するために、職責とはいえ大きな労苦を強いられたといえる》

 山田被告の突発的な行動に翻弄されたのは弁護士や裁判所だけではない。事件の真相が解明されることのないまま、突然の幕引きとなった寝屋川中学生男女殺人事件。被害者遺族の心痛は計り知れない。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング