1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

「週刊連載で心が整理され、曲作りにも大きな影響があった」 桑田佳祐がコロナ禍で生んだ“魂”のエッセイと新曲

文春オンライン / 2021年10月7日 18時0分

写真

桑田佳祐(撮影:倭田宏樹)

 EP(ミニアルバム)「ごはん味噌汁海苔お漬物卵焼き feat. 梅干し」のリリースに、全国アリーナツアー敢行、そして10月8日には書籍『 ポップス歌手の耐えられない軽さ 』の出版!時節柄、致し方なく続いた長い「自粛期間」を経て、エンターテインメントの巨星が本格始動である。

 怒涛のアウトプットが続く桑田佳祐が、現況と「いま思う本心」を語ってくれた。

◆◆◆

「コロナ禍になってなかなかやる気が出なくて」

 まずは9月15日、6曲入りEP(ミニアルバム)「ごはん味噌汁海苔お漬物卵焼き feat. 梅干し」がリリースと相成った。ソロ作品の発表は4年ぶりのこととなる。

 ちょっと間が空いちゃいましたね。正直なところコロナ禍になってこのかた、なかなかやる気が出なくて参っちゃってましたから。

 皆さんも似たような心境だったと思いますけど、あれほど八方塞がりな状況が続いてしまうと、どうにも気持ちが沈んでしまうのはしかたないところ。たとえが悪いかもしれないけど、「戦時中もこんな感じだったのかな……?」と思わせるような空気でしたものね。

 僕は1956年生まれ。我々のような戦後世代は、高度経済成長とともに育ってバブルを経験して、けっこうずっと「いい時代」を生きてきちゃったんです。ああ、このまま死ぬまで調子よく行けるのかなと思っていたけど、さすがにそれほど甘くはなかったですね。

新曲を聴いて前向きな気持ちになってもらうのが本分

 それで自粛期間中は僕も、けっこう引き篭もって暮らしていたんですけど、あまりに内向きな生活や気分が続くと、いい加減に抵抗したくもなってきます。

 一介のポップス歌手としては、皆さんに新曲を聴いてもらって、多少なりとも前向きな気持ちになってもらうのが本分だとも思い、制作に取りかかった次第でした。

 それにしてもコロナ禍だと、レコーディング一つするにしてもかなり勝手が違って大変でした。現場に来るスタッフ関係者の数は必要最小限にしてもらって、いついかなるときもマスクは着用。ブースで歌ってひと息つくたびマイクを入念に拭いたり……。

 皆さんの仕事や生活の現場でも、きっとそれぞれいろんなご苦労がおありだったことでしょうね。本当にお疲れ様です。

 そんな試行錯誤の末に、何とか作品が出来上がりました。6曲だけの小品集ですけど、精選したものだけを並べられたかなと自負しております。

いろんな想いが溶け込んだ『SMILE~晴れ渡る空のように~』

 冒頭のパンチの効いた楽曲『Soulコブラツイスト~魂の悶絶』から、華やかさ際立つ『炎の聖歌隊[Choir(クワイア)]』、聴く者の魂を快く鎮めていってくれる『鬼灯(ほおずき)』までの6曲は、まさに粒揃い。

 

 とりわけ『SMILE~晴れ渡る空のように~』は耳覚えある向きも多いはず。今夏の民放五輪中継でも盛んに流れていた、あの曲だ。

 あれはもともと東京五輪に向けて、“民放共同企画「一緒にやろう」応援ソング”としてできた曲でしたからね。2020年1月の民放5局同時生放送特番で初披露したりと、ちょっとした「鳴り物入り」のデビューをさせていただきました。

 さあこの曲とともに五輪でいいもの見せてもらいましょう! と思っていたら、あれよという間に延期が決定したのは想定外でした。曲のほうは今年の五輪中継でも引き続き使っていただいて、ありがたかったです。

 応援ソングとして構想したわりに、この曲はただ勇ましく晴れがましいだけじゃないねと言われたりもします。その通りでして、そこには自分の心境も少し滲んでいます。

 10年ちょっと前のこと。僕自身が病気になり、そのすぐ後に東日本大震災があったりして、その頃の僕は「心を折られた」感を強く抱いていました。

 それに年齢を重ねると、世の中は能天気なことだけでできちゃいないというのも分かってきて、傷が癒えづらくなる。過去を背負ったり、引き摺ったりせざるを得なくなるといいますか。

 とくに東日本大震災のことは、やっぱりいつまでも忘れられないままで。現地の感覚ではまだまだ回復の途上でしょうし、僕らは「復興世代」だと今もこれからも思っています。

 今回の五輪だって、決定当初から「復興五輪」と言われてきましたよね。コロナ禍以前すでにこの五輪は、マイナスの部分も抱えながら開かれるものだった。

 それで『SMILE~晴れ渡る空のように~』は自分の中で、いろんな想いが溶け込んだ、世の中全体への応援ソングとなっていったんです。勇ましいだけじゃなく聴こえるとしたら、その辺りのことを汲み取っていただけているのかなと思いますね。

宮城からスタートした全国アリーナツアー

 ミニアルバム発売に続いては、大晦日まで続く全国アリーナツアーもスタートした。初日は9月18日で、会場は宮城県のセキスイハイムスーパーアリーナだった。

 震災から半年後の2011年秋に、宮城でライブをやらせてもらいました。その経験は僕にとって、いまだに忘れ難く大きな意味を持つものなんです。久しぶりのツアーの出だしも、やっぱり宮城しかない! と即決しましたね。

 ライブを始める前は不安でいっぱいだったんですけどね。コロナ禍では無観客配信ライブを3回しただけで、「歌唱体力」みたいなものが明らかに落ちていた。それを必死に取り戻そうと入念にリハーサルを重ねたうえでツアーに入りました。

 ツアーが進むとともに、歌唱体力が元通りになっていけばいいんですが。だって僕はこれから先、まだまだ音楽人でいるつもりなので。今年4月まで約1年半にわたり週刊文春で連載させていただいていたエッセイの最終回でも、「一生音楽人宣言」をさせていただきましたしね。ライブしてレコーディングして、またライブして……というルーティンを築き直し、音楽人としてまだまだやっていく所存でおります。

大幅加筆で『ポップス歌手の耐えられない軽さ』刊行

 週刊文春に掲載していたエッセイは大幅に加筆が施されたうえで、タイトルも連載時と同じく『ポップス歌手の耐えられない軽さ』として、10月8日に刊行の運びとなる。

 連載を始めたのは昨年1月のこと。たまたまですが、ちょうどコロナ禍と丸被りになってしまいました。毎週の原稿を書いていくという作業が、意外なほど支えというか助けになりましたね。自分が世の中に対して何をどう感じているかをそのつど確認できて、心の整理にたいへん役立ったんです。

 毎回、自分の心の内側に渦巻く関心の赴くまま書いていたので、テーマは本当に多岐にわたっております。エッセイのタイトルを挙げれば、「親父と茅ヶ崎と」では我が故郷・茅ヶ崎で過ごした少年時代を思い返し、「あの青学の時代(とき)を忘れない」は青山学院大学に通った怒涛のような学生生活を赤裸々に告白、何も知らない初心者監督として映画の世界に飛び込んで得た体験は「『稲村ジェーン』秘話」で書き尽くしました。

 素晴らしい人たちとのたくさんの貴重な出会いについても、記憶を掘り起こしていったものです。松田優作さん、アントニオ猪木さん、明石家さんまちゃん、アミューズの大里洋吉会長、そしてサザンオールスターズのメンバー……。人は人に支えられて生きているという至極当たり前のことを、書くことで改めて思い知らされましたね。

敬愛する音楽人の姿と「教え」

 今回のミニアルバムに収めた曲の多くは連載と並行してつくっていたものになりますけど、原稿の執筆は曲作りにも大きく影響を及ぼしました。

 自分はどんな音楽が好きなのか、受け入れられないものは何なのか……。書きながら考えたいろんな事柄が、サウンドや歌詞の土台になっていきましたから。

 原稿にしたためたお名前は日本の音楽人なら筒美京平さん、藤圭子さん、浅川マキさん、内山田洋とクール・ファイブなどなど、昔から僕がずっと憧れてきた人たちばかり。そう、オールタイムベストの「日本の三大名曲(ポップス)」を考えたりもしてみましたね。

 海外の音楽だとビートルズにはじまりボブ・ディラン、エリック・クラプトンやマドンナと、音楽的・ビジュアル的に刺激を受けた面々へのリスペクトもしかと書き留めたつもりです。

 今回の制作の際には、これら敬愛する音楽人の姿と「教え」が、チラチラと頭をよぎりました。アルバムが充実した内容になったのは、連載のおかげだったといって過言じゃありません。

 連載していた時期に音楽面でのアウトプットが少な目だったから、エッセイのせいで音楽にまで気が回ってないんじゃないか? などとあらぬ疑いを招いたフシもありますが、いえいえ、どちらも全力でずっと奮闘し続けていたんですよ。なのでこのたび完成と相成った作品と書籍は、併せて楽しんでいただけたら本望です。

原由子さんのあとがき「女房の日記」はオススメしたい

 書籍の読みどころはどこか、ですか? どのエッセイも一本ずつ苦労して書いては消し、消しては書いてと完成させたものなので……。全部です! と力を込めて言いたい気分ですね。

 そうだ、中でもぜひオススメしたいのは、巻末の「あとがき」です。「女房の日記」と題して、原由子さんが筆をとってくださっております。僕が原稿書きに苦心するさまをすぐそばから見守ってくれた記録が綴られていて、

「おおそうか本当に、桑田なりに真面目に悩んだり粘ったりしながら書いてたんだな、偉いじゃん!」

 と、思っていただけるかなという気もいたします(笑)。

 

(取材・構成 山内宏泰)

(桑田 佳祐)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング