1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 政治

〈不出馬表明〉銀座3兄弟 大塚高司衆院議員に違法寄附の疑い

文春オンライン / 2021年10月13日 16時0分

写真

緊急事態宣言中に銀座のクラブを訪れていたことが発覚し、離党した“銀座3兄弟” ©共同通信社

 緊急事態宣言中の深夜に東京・銀座のクラブを訪れ、自民党を離党していた大阪8区選出の大塚高司衆院議員(57)。今年7月、自民党を離党しているにもかかわらず、自民党議員として寄附を募る文書を支援企業に送付していたことが、「週刊文春」の取材でわかった。政治資金規正法違反(違法寄附)の疑いがある。

 大塚氏は国会議員の秘書を経て、2005年の衆院選で初当選。内閣府大臣政務官、国土交通副大臣などを歴任してきた。現在、当選4回。今年1月18日深夜、松本純衆院議員、田野瀬太道衆院議員と3人で、銀座のクラブを訪れていたことが発覚し、離党を余儀なくされている。

 ところが、今年7月、大塚氏は〈寄附納入依頼書〉と題した1枚の文書を支援企業に送付していた。差出人の名義は〈自由民主党大阪府第八選挙区支部/衆議院議員 大塚高司〉となっており、〈私の政治活動ならびに自由民主党のさらなる党勢拡大展開を図るため、下記の通りご支援賜りますよう〉などと寄附を求めている。

 支援企業の関係者が明かす。

「今年7月に『依頼書』が届き、会社として入金したそうです。“偽装離党”ではと騒ぎになりました」

 実際、自民党内で大塚氏の復党が取り沙汰されてきた。

「大塚氏は支援者らに『自民党に復党できるので応援よろしく』などと言って回っていました。松本純氏や大塚氏は小選挙区では劣勢です。無所属のままだと、比例復活は叶わず、落選しかねません。それだけに、彼らは強く復党を望んできました」(自民党関係者)

 だが、大阪府選挙管理委員会によれば、「自民党大阪府第8選挙区支部」は6月9日に解散届を提出していた。政治資金に詳しい神戸学院大学の上脇博之教授が指摘する。

「政治資金規正法は政党及び政治資金団体以外の者が企業献金を受けることだけでなく、募集することも禁じています。大塚氏は解散した政党支部名義で企業献金を募り、受け取っていた。政治資金規正法違反(違法寄附)の疑いがあります。その場合、1年以下の禁錮または50万円以下の罰金に処せられます」

大塚氏の回答は……

 大塚氏に事実関係の確認を求めたところ、10月9日、書面で以下のように回答した。

「ご指摘頂き、調査した結果、2社において、個人献金での依頼に切り替えるべきところ、昨年と同様の体裁で依頼文を作成したミスが発覚しました。直ちに、返却手続きを指示し、担当者を厳重注意致しました。偽装離党ではございません」

 回答の2日後の10月11日、自民党は3人の復党を認めない方針を固め、翌12日、大塚氏は衆院選への不出馬を表明したのだった。

 10月13日(水)16時配信の 「週刊文春 電子版」 及び10月14日(木)発売の「週刊文春」では、政治広報システム研究所代表・久保田正志氏とともに、全289小選挙区の情勢分析を実施。自民党、立憲民主党など各政党の議席予測や全選挙区の当落予測をはじめ、平井卓也前デジタル相らの注目候補への直撃、大塚氏や松本氏ら離党議員の近況、鈴木宗男参院議員が明かす自民党との選挙協力の裏側、埼玉での出馬を狙っていた孫正義氏の娘婿の存在、れいわ新選組の山本太郎代表が東京8区で一旦は出馬を表明した経緯など、全12ページにわたって詳報している。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年10月21日号)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング