1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

AKBグループを悩ます「未成年の水着グラビア」問題 写真集“バカ売れ”坂道グループとの違いは…?

文春オンライン / 2021年11月15日 17時0分

写真

「48Gのグラビアクイーン」を目指す田中美久 ©️時事通信社

 AKB48グループの“水着戦線”が再び変化の時を迎えて来ている。渦の中心にいるのは9月12日に「田中美久 1st写真集 1/2少女」(双葉社)を出版したHKT48田中美久(20)だ。週刊誌のグラビア担当者が説明する。

 「田中の写真集は週間1万2000部を売り上げ、『オリコン週間BOOKランキング』のジャンル別『写真集』で1位を獲得しました。続く週でも1万部以上を売り上げ、累計で2万4000部以上を売り上げているそうです。これは乃木坂46など『坂道グループ』にこそおよびませんが、7月に発売したAKB48の柏木由紀の写真集『Experience』を上回る高い数字。AKB48グループでも久々の明るい話題となりました」

「48グループのグラビアクイーンに」と宣言した田中だが…

 大きな反響に気を良くしたのか、写真集発売日に都内で行われた発売記念囲み取材で、田中は「これを機に48グループのグラビアクイーンになりたい。沢山の雑誌の表紙をジャックしたい。グラビアクイーン目指して頑張ります!」と誓いを立てていた。事実、この前後で漫画誌やアイドル誌の表紙を田中の水着グラビアが飾る事もあった。これにはファンもSNS上で一定の盛り上がりを見せたが、一方で以前から応援し続けているファンの中には「3年遅い」「今更宣言しても…」などの複雑な思いを吐露する声もある。

「実は田中は今年20歳を迎えるまで水着を“制限”されていたんです。元々スタイル抜群で人気もあり、AKB48グループの中でもグラビア向きの新星として期待されていました。16歳だった2018年から水着グラビアで度々雑誌の表紙を飾っていたんです。いよいよグラビア界のニュースターが順風満帆のスタートを切ったと思ったのですが…」(前出・週刊誌グラビア担当者)

 各メディアがこぞって田中にグラビアオファーを出す中、ある漫画誌の水着ショットがなぜか“問題視”されてしまったという。

運営幹部が16歳の水着グラビアに激怒

「ある運営幹部が『こんなの許さないよ』と激怒したんです。当時16歳の田中に水着グラビアをやらせたことが逆鱗に触れたらしいのですが、過去にもAKB48グループでは14歳や15歳の水着ショットを普通に雑誌などに掲載していたし、当時田中が着用していたのはかなり布の面積の大きな水着でしたから、担当者は何がいけないのかサッパリわからなかったそうです。それにも関わらず、これを機に田中だけでなく若いメンバーの水着ショットがほぼNGになってしまったんです」(同前)

 AKB48といえば元々「ポニーテールとシュシュ」や「Everyday、カチューシャ」のMVでもメンバー全員が水着で踊る姿を披露していたし、当時は若いメンバーも次々と水着で雑誌の表紙を飾っていた。選抜総選挙でランクインしたメンバー全員が水着グラビアを見せる「水着サプライズ発表」(集英社)というムック本すらあった。それでも運営幹部が激怒してしまった理由は何なのか。

 

「児童ポルノ扱いへの不安」と「清楚路線」

「念頭にあるのは、『児童ポルノなのではないか』という世間の批判から逃れるためだったようです。当時は特にAKB48グループに対する風当たりが強く、18歳未満にセクシーな水着グラビアをやらせるのはいかがなものか、という論調も一部であった。他のアイドルグループやソロのグラビアアイドルの中にはもっと若くてもガンガン水着になっているタレントも多数いますが、少しでもリスクを避けるために“自主規制”した部分があるのでしょう。今でも『20歳未満は下着NG』など暗黙のルールは幾つも存在するようですよ」(同前)

 さらにはライバルグループの“成功”にもインスパイアされていたという。

 

「ちょうどこのあたりの時期から乃木坂46の写真集が“バカ売れ”し出したんです。白石麻衣や生田絵梨花らのエース級だけではなく、世間的に知名度のないメンバーも軒並み数万部~十数万部の売り上げを記録していきました。清楚路線の乃木坂46は基本的に雑誌のグラビアでは水着をやらない方針を続けており、写真集で満を持して初水着を解禁するスタイルが定着。これが“成功”の一因とも言われていますね。他の坂道グループも同様に売れています。運営幹部はAKB48でも同じようなことをしようとしたんでしょう」(同前)

AKB48グループは水着も下着も『何でもアリ』だったのに…

 確かに普段は清楚なアイドルの水着姿が写真集だけで見られるとなれば、ファンならずとも購買意欲が刺激されるだろう。このあたりは乃木坂46の戦略勝ちかもしれない。ただ果たしてAKB48グループでもこのやり方が通用したのだろうか。現在HKT48を運営している「株式会社Mercury」の関係者は残念がる。

「AKB48グループはもともと清楚路線ではなく、水着も下着も『何でもアリ』で人気が爆発したアイドル。今更乃木坂46の真似をしても同じ結果が出るわけがないんですよ。水着の“出し惜しみ”をして写真集が売れればそれに越したことはないですが、乃木坂46とは人気も築き上げてきたイメージも何もかも違いすぎますからね…。今でも、バックに吉本興業がいて比較的“縛り”の少ないNMB48以外のAKB48グループは、水着などのセクシー系の写真を毎度のように厳しくチェックされていますよ」

 HKT48では2018年の日韓合同オーディション番組「PRODUCE48」に参加したエースの宮脇咲良(23)と矢吹奈子(20)がIZ*ONE(アイズワン)として活動するために一時離脱。エース格を失って苦しい時期が続いた。AKB48グループ全体でも人気上位の田中にかかる期待は大きく、運営としてもメディア露出を増やしたいところだったが…。

田中が3年前から水着を解禁していたら…

「運営幹部に水着NGを食らってしまってからは雑誌に出る機会も減りました。いくらスタイルがいいとは言え、タンクトップやTシャツではやはり限界がありますから…。田中は昔から本人がすごく水着グラビアにも前向きだっただけに、もっと若い時期から水着をやらせてあげたかったというのが本心です。田中が10代のうちにグラビアでブレイクすれば、HKT48ももっと良い方向に進んでいったかもしれない。本当にもったいなかったです」(前出・株式会社Mercury関係者)

 ファンも運営も、田中が3年前から水着を解禁していた世界線に思いを馳せているようだ。

(相良 涼太/Webオリジナル(特集班))

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください