1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

「あんまりイキがるとマジで殺るぞ!」なぜ暴力団幹部2人は歌舞伎町で中国人マフィアに銃撃されたのか

文春オンライン / 2021年11月21日 17時0分

写真

©iStock.com

 2002年9月27日、新宿区歌舞伎町の風林会館1階にある喫茶店“パリジェンヌ”で、住吉会系幸平一家の幹部2人が、男数人に拳銃で襲撃されるという事件が起きた。被害者は幸平一家の幹部、X(34)とY(36)。時刻は19時前、人が繰り出し始めた夜の街、歌舞伎町は一時騒然となった。

「パリジェンヌ事件」と呼ばれるこの事件は、世間一般にはあまり有名ではないが、警察関係者には広く知られている。警視庁に外国人犯罪や暴力団組織を本格的に取り締まる「組織犯罪対策部」が設置されるきっかけとなったからだ。事件の概要や当時の歌舞伎町について、当時の警察関係者に話を聞くことができた。

カラオケが原因で中国人マフィアグループといさかいに

 その日、店の奥まった席でXとYは、中国人マフィアらを待っていた。2人は、正面入り口の自動ドアが開く度に鋭い視線を向け、相当に緊張していたらしい。当時のパリジェンヌは古びた純喫茶風の作りで、どこかうす暗かった。Xらが奥の席を取ったのは、中国人たちをいち早く確認して、彼らの動きに備えるためであったという。

 前日深夜から、新宿のスナックで飲んでいたXら3人は、中国人マフィア6人からなるグループといさかいになった。原因はカラオケだ。双方、酔っていたためいさかいは殴り合いに発展。店側が必死に割って入りひとまず収まったが、双方けが人が出た。謝罪や治療費をめぐり、店内は再び不穏な空気に包まれていた。

 ささいな出来事でのいさかいとはいえ、組の看板を背負っている暴力団幹部としては、中国人マフィアを相手に引きさがることはできない。それにここは組のシマ内だ。自分たちのシマで、中国人マフィアに好き勝手をされていいわけがない。「組のメンツもあれば、幹部としての沽券もある。勢いづく中国人マフィアをこの際、叩き潰さなければ、そんな思いもあったのだろう」と警察関係者Aはいう。

あんまりイキがるとマジで殺るぞ!

 店の経営者が、これ以上騒ぎを大きくしたら警察を呼ぶと受話器を握ったため、双方、改めて話し合うことになった。場所は、地元の暴力団関係者がたむろする店として知られていたパリジェンヌだ。Xらもよく使っていた店だが、中国人の顔を見ることが多くなり、仲間内では、「我が物顔にのさばる中国人に我慢ならない」という声が大きくなっていたらしい。

 19時前、中国人マフィアら5人ほどが、ずかずかと店内に入ってきた。前出の警察関係者Aによると、Yはこの時、一瞬相手の数が多すぎると思ったようだという。だが店には他の客も多く、5対2でも大ごとにはなるまいと思い直したらしい。中国人マフィアは迷うことなく一直線に2人のもとに向かい、空いていた隣のテーブルについた。通路を挟んで、Xとリーダーらしき中国人が低い声で話し始めた。

 それから5分と経たないうちに、Xの声が店の中に響いた。

「それでは話が違う。バカ言うんじゃねえ」

 中国人はXとYを冷ややかに見つめ、こう威嚇したようだ。

「おまえらバカか。やくざが怒鳴って怖がるのは日本人だけだ。あんまりイキがるとマジで殺るぞ!」

 次の瞬間、リーダーらしき中国人の脇を固めていた2人が、すっと立ち上がり、隠し持っていた拳銃をXとYに向けた。放たれた銃弾は5発。咄嗟のことに逃げることも身をかわすこともできなかったXは、頭や胸を4発撃たれ、その場にくずおれた。Xの向かい側に座っていたYは太ももを撃たれている。銃声に驚き、逃げ惑う客にまぎれ、中国人らはあっという間に姿を消した。呆気に取られた従業員が、慌てて警察に通報したのはその直後である。

 2人の暴力団幹部は救急車で近くの病院に運ばれたが、Xは死亡。Yは重傷を負ったが一命を取り留めた。

犯人の目撃情報はあったが…

「当時の歌舞伎町は、暴力団組員よりも中国人らによるトラブルや犯罪が目立って多かった。その歌舞伎町の中心で発砲事件が起きた。被害者2人はすぐに暴力団幹部と判明。だが犯人が誰かがわからない。アジア系男性が犯人らしいという目撃情報はあったが……。それとも暴力団同士の抗争なのか。この事件はまず、そこが問題だった」(警察関係者A)

 事件現場を所轄する新宿警察署は、すぐにパリジェンヌが入居している風林会館周辺を封鎖。新宿区役所から大久保方向に向かう通りも一部封鎖された。角々には警察官が立ち、暴力団組事務所などを中心に歌舞伎町全体に捜査員を動員して監視活動を行った。

 制服姿の警察官が2人組で新宿駅の周りを中心に見回り、私服の警官は事件現場周辺の風俗店や怪しい店舗などを注視、その動きを監視した。

新宿では中国人マフィアが溢れていた

「新宿署の捜査とは別に、事件が入電された時から国際捜査課も情報収集を始めていた」と警察関係者Bは語る。

 警視庁は1988年、海外の捜査機関との連携や国際捜査における共助を目的として国際捜査課を設置。その後、連携や共助だけでなく、都内で増加する外国人犯罪に対処するため、直接捜査を行うようになっていた。現在の組織犯罪対策部の前身である。

「新宿では、怒羅権(ドラゴン)とよばれる中国残留孤児2世、3世中心のグループがマフィア化し、ここをシマとする暴力団らとぶつかっていたし、他に福建グループ、東北グループ、上海グループや香港系集団も存在して中国人マフィアが溢れていた。暴力団が闊歩する街とはいえ、他の客の目の前で拳銃を抜き、問答無用で射殺したとなると、暴力団同士の抗争というより、その荒っぽさから犯人は中国人もしくは外国人である可能性が高かった」(警察関係者B)

 事件当時、中国人マフィアは、新宿にいる暴力団員の数を越えるまでに膨らんでいたのだ。

「金を払え、払わないと店を壊すぞ」と脅す中国人マフィアたち

 パリジェンヌの周りには、外国人が経営する飲食店も多かった。国際捜査課の捜査員たちは、このような店に独自ルートを作り、地元の捜査員よりディープな情報源を持っていたようだ。パリジェンヌの目と鼻の先にある店の外国人オーナーからの情報は、次のようなものだったと聞く。

「警察が沢山出てきてすごい人だ。これでは今日は商売にならない。中国人が殺ったみたいだと噂になっているよ。あのやくざ、死んだのか? やつらは朝方、ここからちょっと離れたMという店で喧嘩していたらしい」

 事件の様子を見たかと聞く国際捜査課の捜査員に、外国人オーナーはこんな返事をしたという。

「銃声みたいな音が聞こえ、何だろうと外に出たら、客が一斉に店から飛び出してきた。やくざも中国人も韓国人もいたが、数人固まって飛び出してきたのは中国人だ。あれが犯人だったかもしれないが、拳銃は見なかった」

 歌舞伎町のクラブの中国人ホステスからは、こんな話が出たらしい。

「派手にやったみたいで、今日は同伴でもあっちには行かないよう、店のママから電話があった。またここら辺の店に金を払え、払わないと店を壊すぞと脅す中国人マフィアたちが、やったんじゃないかって。みんな、あいつらは大嫌い。同じ中国人から金をむしり取るから」

着手するのはどの部署が中心となるのか

 事件の数時間後、国際捜査課では捜査員が集めてきた情報から、事件の概要が見えてきた。騒動を起こしたとされるスナックの情報が得られた事が大きかったのだ。

「カラオケをめぐるささいな言い合いから起きたいさかいの決着を話し合いでつけることにして、パリジェンヌに集まったが、和解することなく決裂。当時の歌舞伎町の状況を考えれば、当事者双方だけで話し合うなど土台、無茶な話だ。勢いづいていた血の気の多い中国人マフィアらが、暴力団幹部らをその場で弾いた、というのが事件のいきさつだった」(警察関係者B)

 その日の深夜、捜査関係者らが新宿署の講堂に集まった。地元新宿署の捜査員に加え、警視庁の捜査一課、捜査四課、公安部、そして国際捜査課。各部署の幹部たちが、一つの事件で一堂に会することは滅多にない。

「緊迫したすごい雰囲気だった」と警察関係者Cも当時を振り返る。

 着手するのはどの部署が中心となるのか、それを決めなければ本格捜査は始まらない。そこを間違えると事件解決は困難になるともいわれている。日本人の犯行であれば捜査一課が担当し、暴力団同士の抗争であれば捜査四課、犯人が右翼や左翼に属しているとなれば公安部、外国籍を有する者が犯人であれば国際捜査課の担当となるからだ。

「目撃証言から、拳銃を発砲した犯人の一人は身長170cm強で黒い服装。もう一人は身長165cmほど、どちらも日本人かアジア系外国人ということは掴んでいた。だがこの時点で新宿署は、犯人の国籍、人物像など事件解決に結びつく明確な情報を掴めていなかった」(警察関係者C)

外国人犯罪の解決にもっとも必要なのは情報

 ここで、すでに情報を掴んでいた国際捜査課の幹部が、挨拶と同時に手短に事件の概要を説明。幹部たちもその説明に外国人による犯行と判断、国際捜査課が事件の担当となる。

「凶悪事件だが構図は単純。背景もわかりやすい。結果的には日本人の暴力団と中国人マフィアの勢力争いによる殺しだ。中国人マフィアは拳銃を2丁も隠し持っていたことから、最初から殺るつもりだったのだろう」(警察関係者C)

 事件がどのように発生したのか、いきさつはどうだったか、すぐに情報の裏付け作業が行われた。

「入手していた情報を裏付ける映像が、あちこちの監視カメラや防犯カメラから次々とあがり、指紋などの証拠も出た」(警察関係者A)

 スナックを出た後、どの道を通って暴力団幹部らが移動したのか、中国人マフィアがどこの角を曲がってどのビルに入ったのか。そこにどんな風貌のメンバーが何人、急ぎ集まってきたのか。どこからどこへ、誰と一緒に移動したのか。そして被害者も加害者も風林会館に、どのように移動してきたのかなど、街に設置されている防犯カメラがその姿を捉え、事件当時の双方の行動が明らかになった。

 外国人犯罪の解決にもっとも必要なのは情報だと言われるが、まさにその情報が生きた事例といえる。

暴力団と喧嘩するバカはそういない

 事件発生から2日後、国際捜査課は殺人などの疑いで中国人3人を逮捕。だが主犯格とされた男は、すでに本国に逃げ帰っていた。

「主犯格は中国人マフィアグループのナンバー2で、自分たちのグループの体面を守ろうと部下に指示し、暴力団員を襲ったという特異な事件だった」と警察関係者Bはいう。

 裁判では、暴力団幹部2人を死傷させたとして中国籍の金在宇(ジン・ザイユイ)被告に無期懲役が言い渡され、中国に逃げていた主犯格の男も、半年後にマカオで中国の捜査当局に逮捕された。

 この事件の前段として、犯人グループは、新宿を拠点とする住吉会系の他の組と揉めていたという話もある。殺されたXらがカラオケのいさかいぐらいで必要以上にいきりたったのも、そのような背景があったためかもしれない。

「暴力団と喧嘩するバカはそういない。中国人マフィアの凶暴性を甘くみていたのだろう」と警察関係者Aはいうが、一方、事件を起こした中国人らも暴力団を甘く見ていたのだろうと、推測している。

「あの頃、中国人マフィアたちは、暴力団に代わって自分たちが東洋一の繁華街、歌舞伎町を取れると思っていたのだろう。だけどそれは、やくざの表面しか知らなかったからだ。やくざは、暴力団の顔を隠しフロント企業をいくつも持ち、ただ暴れるだけではダメだということを十分に知っていた。根なし草の中国人マフィアらが敵うはずがない。

 中国人がいくら銃器をもっているといっても、当時のやくざは、どこにどれくらい武器を隠して持っているのかわからなかった。彼らが本気になれば、あちこちから拳銃やら何やら相当の数が出てきた」

組織犯罪対策部を設置

 事件が起きた数日後、中国人マフィアと関係がある飲食店で異臭騒ぎが発生、暴力団員の犯行と見られている。さらに幹部を殺された住吉会幸平一家の組員が、中国残留孤児3世で犯人らの運転手役であった男性を拉致し、刃物で刺殺。新宿区上落合の路上に遺体を遺棄している。この事件で組員3人が逮捕されたが、パリジェンヌ事件の報復であったのはいうまでもない。その後、新宿に縄張りを持つ暴力団組織がまとまり、中国人排除に動いたとも聞く。

 パリジェンヌ事件以降、歌舞伎町の状況は一変する。都内全域の外国人犯罪を主に扱う国際捜査課とは別に、1998年12月、警視庁は多発する新宿歌舞伎町周辺の外国人犯罪を取り締まるため「国際組織犯罪特別捜査隊」を設置、地域集中型の組織が捜査を行っていた。

 警視庁はこの2つの組織を移行、再編し、2003年4月に「組織犯罪対策部」を新設。都内全域において凶悪化する中国人マフィアらによる組織的な犯罪、イラン人の麻薬密売、韓国人や中国人による窃盗団などの犯罪の増加に対処し、情報を一本化して総合的な対策をとるため組織犯罪対策部、通称「組対」を設置した。この組織は同時に、手口が巧妙でわかりにくくなりつつある暴力団の犯罪を捜査、摘発する目的も持っていた。

警視庁と入国管理局、東京都が一緒になった浄化作戦

 東京入国管理局も外国人の取り締まりを徹底し、時を同じくして在留手続きを行わない、摘発専門の新宿出張所を発足させた。東京都では石原慎太郎都知事の旗振りのもと、歌舞伎町浄化作戦を警察と共に開始。これらの組織が連携し、風俗店などへ一斉捜査が行われた。

 警察は外国人に次々と職務質問、いわゆる“職質”をかけ、不法滞在者や不法就労者を見つければ即、現行犯逮捕。歌舞伎町の凶悪犯罪は、暴力団よりも中国人を始めとする外国人の方が多かったため、この徹底浄化作戦は効果を上げた。検挙された外国人は1000人近くにのぼったという。歌舞伎町という歓楽地を飲み込もうとした中国人マフィアらの野望は叶わなかった。

 警視庁と入国管理局、そして東京都が一緒になった浄化作戦により、新宿は“ある程度”の静けさを取り戻していった。

(嶋岡 照)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください