1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 音楽

世界の山ちゃん「幻のコショウ」がヤバい! ビールとの相性抜群すぎる“非手羽先”激ウマメニューを完全制覇してみた

文春オンライン / 2021年11月29日 11時0分

写真

「じゃない方のグルメ」今回は世界の山ちゃん!

 今年デビュー25周年のホフディランですが、デビュー当時、初めてキャンペーンで訪れた名古屋で、当時はまだ名古屋にしかなかった世界の山ちゃんに連れて行ってもらった時の衝撃はいまだに覚えています。

 カリカリに揚げられた手羽先に、たっぷりのコショウがふられた刺激的な味で、1本食べるとついまた1本と手が止まらず、1人で20本くらい食べちゃいました。

 それ以来、名古屋に行くたびに通っていた山ちゃん。

 はたして、そんな想い出の山ちゃんで、手羽先<じゃない方>だけを食べるという試練に耐えることができるでしょうか!?

「幻のコショウ」メニューを全制覇してみる

 山ちゃんと言えば「幻の手羽先」。

 普通にこれ食べたいんですけど……。

 しかし!

 手羽先が食べられないという時に(基本そんな時ないのですが)、強い味方があるのをご存知でしょうか?

 それは「幻のコショウ」メニュー。幻の手羽先に使われている、あの激旨なコショウを使ったメニューが山ちゃんには沢山あるのです。

 ということで、今回は「幻のコショウ」メニューを全制覇して、手羽先欲を満たそうという作戦!

まさに、幻の手羽先の香りだ!!

 まずは「自家製ポテトサラダ」「山キャベちゃん」「フレーフレーポテト 幻のコショウ味」。

 フレーフレーポテトは、そのものずばり幻のコショウを自分で振りかけます。

 ふりふりして袋を開けると、ふわ~~!っと幻のコショウの良い香りが。

 あ、これまさに、幻の手羽先の香りだ!!

 ふりふりして出来上がったのがこちら、結構な幻のコショウ量です。

 お馴染みのあのコショウの香りで、目の前にあるのはポテトですが、目をつぶれば脳が完全に手羽先と認識してくれます。

この布陣にはもちろんビール!

 さらに焼き餃子。

 最近、餃子を酢とコショウで食べるのが流行っていますが、山ちゃんでは酢と幻のコショウで食べられる訳です。これは餃子通も抑えておかないとね!

 オトッツァバケットはガーリックオイル風味のバゲットに幻のコショウがアクセント。

 絶対ビールに合いそうなやつです。

 卓の上が、一気に手羽先じゃない方祭りに!

 やはり看板メニューの幻の手羽先に対抗するには、この位の布陣が必要でしょう。

 そしてこれにはもちろんビール!

 幻の手羽先に対抗するには、これも必須でしょう(という理由を付けて、仕事でお酒を呑む)。

 ジョッキに山ちゃんのイラストがあるのもポイント。家でもこのジョッキで呑みたいな。

まずは餃子とポテトを……

 まずは焼き餃子with酢コショウを。

 お、あの味だ!

 お酢でさっぱりとしていますが、やはり山ちゃんの手羽先に使われている、あの幻のコショウの味がしっかり効いてます!

 すかさず、ビール行くよねー!

 餃子、幻のコショウ、ビール。ぶっちゃけ、もうこれだけでも全然満足です(笑)。酢・醤油・ラー油で食べるよりも、幻のコショウの方がオツマミ感があって、お酒が進む進む。

 ポテトはさらにダイレクトに幻のコショウ味を感じてGOOD!

 すでにビールをテーブルに置く気すらなくなっています。

 手羽先だとどうしても両手を使いますが、ポテトは片手で食べれて、もう片手にビールを持てるので、むしろこちらの方が優位かもしれません(判断基準が完全にビール寄りになってますが)。

 手羽先と同様、1本食べるともう1本と、手が止まらなくなる、幻のコショウの威力がすごいです。

「ご飯+タレ+幻のコショウ」もヤバい!

 幻のコショウを使ったおつまみメニューですっかりビールを堪能したところで(写真はすでに2杯目……)、さらなるがっつりメニューへと突入します。

 麻婆マニアも注目! 幻のコショウを使った、豆富の胡椒麻婆。

 倒置法の様なメニュー名ですが、簡単に言えば幻のコショウを使ったマーボードーフ。

 見るからに美味しいやつですよね、これ。

 チキンかつれんぼは、チキンカツの上に山盛りのキャベツにマヨネーズとソースがかかっていて、チキンかつが見えないから、かつれんぼ。山ちゃんのメニューにちょいちょい入ってくる名古屋ジョークメニューのひとつです。

 さらに山ちゃんコロッケは生地そのものに幻のコショウが入っているという一品。

 ネギライスはタレご飯の上にネギと海苔、幻のコショウがかかっています。

 ソーライスやバター醤油まぶしご飯と共に、美味しんぼの「恥ずかしい料理」の回に出てきそうなご飯(分かる人は分かりますよね?)。

 ご飯にタレと幻のコショウって、それは反則でしょ!

捨てきれない手羽先への未練……

 これで全ての幻のコショウメニューが出揃い、とりたてて何をした訳でもないのにビール片手に誇らしげな顔。

 しかし、この写真よーく見てみてください。

 まだどこかに、幻の手羽先への未練があるのが分かるでしょうか?

 そうです、右端に写っているのは、幻の手羽先の骨を入れる壺なのです。

 手羽先が食べられない分、せめて骨入れだけでも置いて手羽先気分を味わっているのです!

 すごい手羽先愛!(だったら普通に頼めという話なのですが……)

 チキンかつれんぼはサクッとした食感。

 ソースとマヨネーズがしっかりかかってるので、幻のコショウ感はやや弱めですが、鶏肉もジューシーで美味しいです。

 ネギライスは予想通りダイレクトな旨さ。ご飯に幻のコショウをまぶしちゃうって

「恥ずかしい~!」

「でも美味いぞ~!」

 という栗田さんと山岡さんのセリフが頭の中に聞こえてきます。

 豆富の胡椒麻婆。

 最近、本場四川の花椒(ホアジャオ)を使った麻婆豆腐が流行っていますが、それに負けないのが山ちゃんの幻のコショウ! 中華なのに、しっかり山ちゃん味に仕上がっています。

メニューには載っていない“裏技”

 さらにここで、山ちゃんマニアにもあまり知られていない裏技を教えます!

 メニューには載ってませんが、実は山ちゃんでは、頼めば幻のコショウを追加でもらえるのです。

 手羽先はもちろん、他の幻のコショウメニューでも「追いコショウ」ができちゃうというわけ。幻のコショウ好きにはたまりません。

 胡椒麻婆に、追いコショウをしてさらに刺激的に!

 なんかめちゃ楽しいぞ!

 ピリリと辛くなった口の中を、ビールで洗い流す。そしてまた幻のコショウメニューを食べるという、繰り返しが止まりません。

ついに幻のコショウをダイレクトで!

 と、そんな中、アルコールで研ぎ澄まされた脳が、すごいことを思いついてしまいました!

 追いコショウがあるってことは、そのままダイレクトに味わっちゃってもいいんじゃない!?

 ついに禁断のダイレクト幻のコショウ!

 指に幻のコショウをまぶしていきます。

 これはつまりですね、もう自分の手が手羽先になったということですね。手羽先を食べているうちはまだ甘い、自分が手羽先になるくらいが真の山ちゃん愛です。

 幻のコショウのついた自分の手羽(ってか指)をぺろり。

 うん、美味い! 自分美味い!

 そういえば、手羽先を食べた後も、手についた幻のコショウを舐めるのが美味しかったんだ。自分の指と幻のコショウ、この組み合わせこそ、山ちゃんの原体験と言えましょう。

 自分の指をつまみにお酒を呑めるようになったら、立派な酒呑みです。

 うーん、ビールが進む。ビールと指、合う!

 最後はビールを呑みながら、幻のコショウが付いた指で、山ちゃんVサイン!

 行くところまで行っちゃった感もありますが、それも幻のコショウのなせる技。

 世界の山ちゃんにて手羽先「じゃない方」呑み、皆さんもぜひ、幻のコショウと、そして自分の指の美味しさを確認しに行ってみてください。

 それではまた次回。

 撮影=石川啓次/文藝春秋

INFORMATION

世界の山ちゃん 田町三田口店
東京都港区芝5-24-13 アルファ三田ビル
03-5440-3355
営業時間:月~金・祝前17:00~23:00、土16:00~23:00、日祝16:00~23:30

(小宮山 雄飛)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください