1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. スポーツ総合

「胴上げは勝ってからするもんだ」古葉竹識さんが勝つことを知らない大洋ホエールズに残したもの

文春オンライン / 2021年11月21日 6時0分

写真

古葉竹識さん ©️文藝春秋

 古葉竹識さんが11月12日に85歳で亡くなった。

 広島、南海で俊足巧打の内野手として活躍し、2度の盗塁王を獲得。現役引退後は広島カープを率いて11年間で4度のリーグ優勝、3度の日本一を達成して1970~80年代の黄金期を築いた。99年には野球殿堂入りを果たしている。

86年、衝撃だった「古葉、大洋監督に就任」のニュース

 古葉さんは85年にカープの監督を退いた後、翌86年末に横浜大洋ホエールズ(現・横浜DeNAベイスターズ)の監督に就任する。小学生だった大洋ファンの筆者にとって、【古葉、大洋監督に就任】のニュースはとてつもなくインパクトがあった。関根潤三監督は長嶋茂雄招聘に向けた地ならしの意味合いがあったし、近藤貞雄監督は打倒巨人の姿勢を前面に打ち出し、スーパーカートリオなど話題作りに長けたモチベーター的指揮官。そんな中で1年前まで強豪カープを率いていた本物の名将がハマの弱小球団にやってくる。「古葉が大洋の監督なんてやってくれるの? 本当に?」最初は半信半疑だった。

 球団は本気だった。2~3年でコロコロ監督を替えるのが当たり前だった大洋で異例の5年契約。古葉さんは寺岡孝コーチをはじめ赤ヘル時代の腹心を何人も連れてきた。さらにはかつての教え子である西武黄金期の主力打者、片平晋作を獲得し、韓国に渡り大活躍していた新浦壽夫を日本に呼び戻す。あまりにも古葉カラーが強くなり「大洋じゃない感」が漂い始めたのは気になったが、何せ20何年も優勝していないのだ。血の入れ替えは必要なのだと子供なりに納得した。

盛大な監督就任披露パーティー

 期待の大きさは86年12月8日の監督就任披露パーティーからも伺えた。この手の大々的なお披露目はもちろん球団史上初。しかも横浜ではなくバブル期のトレンディスポット、赤プリこと赤坂プリンスホテルで盛大に開かれ、安倍晋太郎に渡辺美智雄、翌年総理の座に就く竹下登ら大物政治家が祝辞を述べ、時の内閣総理大臣・中曽根康弘からは祝電が届いた。加えて司会は女優・山本陽子だ。華々しい式で壇上に立った中部新次郎オーナーはたけし軍団に引っかけて「竹識(たけし)軍団となってばく進せよ!」と奮ってスピーチしたが、パーティー終了直後の9日未明、本物のたけし軍団とビートたけしによるフライデー編集部襲撃事件が起こってしまう。そんなオチはつきつつも、古葉大洋の船出はただただ希望に満ち溢れていたのである。

“耐えて勝つ”がファンにも次第にむなしく感じられ

 だが、長年の低迷で負け犬根性が染みついたチームは監督やコーチが入れ替わったところですぐに変わるはずもなかった。87年シーズン、たまに調子良さそうに見えた途端にズルズル連敗するのは相変わらずで、優勝争いには絡めない。それでも88年は古葉監督が抜擢した高橋雅裕と銚子利夫が1、2番で機能し鉄壁の三遊間を形成。21歳の中山裕章がリリーフで独り立ちし、高木豊、ポンセ、パチョレックが打ちまくって4位でフィニッシュ。チーム失策54と当時のリーグ最少記録を達成して古葉さんが目指すディフェンス野球は少しずつ形になりつつあった。来年こそいよいよ……と期待が膨らんだものの、翌89年は前年活躍した面々が揃って不調に陥り、開幕から連敗を繰り返してしまう。焦ったフロントは開幕早々試合後のロッカールームで選手と首脳陣にゲキを飛ばすも、選手をかばったあるコーチをその場で球団社長が罵倒する事態に。古葉大洋勝負の3年目はいきなり歯車が狂ってしまった。

 フロント同様、僕らファンも堪え性がなく、古葉監督の座右の銘“耐えて勝つ”が次第にむなしく感じられるようになってきた。チビッ子たちを魅了した高木豊、加藤博一、屋鋪要のスーパーカートリオは解体され、ベテラン高木由一と山下大輔は余力を残して引退。クセ者若菜嘉晴は日本ハムに放出され、ケガがあったとはいえまだ30代前半のチームの顔・田代富雄がスタメンに名を連ねる機会は減った。そこまでしたのに成績がこのザマじゃ……。この年のハマスタはどこか醒めた空気が漂っていた。

試合後ベンチに座ったまま泣き崩れた高木豊

 古葉監督にとっては、絶対的エース遠藤一彦が87年終盤にアキレス腱を断裂したことが一番の誤算だっただろう。以降は新浦や欠端光則、若い大門和彦、本来はストッパーの斉藤明夫らで先発ローテーションを回さざるを得ず、投手力の弱さは89年になっても改善しなかった。前年はロングリリーフで投げまくり10勝24セーブを挙げた中山も、疲労が抜けず投げては打たれを繰り返し、リードする展開でも逃げ切れない。6月8日には泥沼の10連敗、同時に前年からの巨人戦18連敗を喫してしまい、選手会長の高木豊は試合後ベンチに座ったまま泣き崩れた。それはこの年を象徴する辛いシーンだった。

「胴上げしてもらうような野球はしていない」と断固拒否

 それでも、契約はまだ2年残っている。古葉監督は翌年に向けトレードの下交渉を進めるなど意欲的に動いたものの、シーズン終了間際の10月4日、チームが再び大型連敗に沈む中で突如辞意を表明する。それはシーズン中から次期監督の話題がスポーツ紙を賑わす状況でのせめてもの抵抗だったが、フロントも指揮官を守る姿勢を見せずそうした話題をマスコミにリークした節があり、事実上の解任だった。長期的にチームを任せたはずの古葉監督すらも3年で首をすげ替えた球団を、地元の神奈川新聞は翌日の紙面で【無為無策な球団経営】と痛烈に批判した。

 10月18日のシーズン最終戦を勝利で飾った大洋ナインは、この日限りでチームを去る指揮官を胴上げしようとした。しかし古葉監督は申し出を断固拒否。「胴上げしてもらうような野球はしていない。あれは勝ってからするもんだ」とのコメントには、名将と呼ばれた男の強いプライドが滲み出ていた。そして、その悲しいシーンを目の当たりにした勝つことを知らない大洋ファンは、最後の最後に古葉さんの教えを脳裏に刻むこととなったのである。

古葉さんが残したものが花開き…98年、ベイスターズ優勝

 後年、古葉さんは「チームを変えるにはやはり5年は必要だと痛感しました」と語っている。志半ばでの辞任は無念だったはずだし、大洋での3年間にいい思い出はなかったかもしれない。しかしこの間、古葉さんの誘いで広島から大洋に移った名スカウト・木庭教さんのもと後の主力選手となる盛田幸妃に進藤達哉、野村弘樹、谷繁元信、井上純、石井琢朗らが入団している。それまでなかなか新人が育たなかった大洋においてこの時期のスカウティングは大成功であり、木庭さん、ひいては古葉さんの存在なしにその後のベイスターズの躍進はあり得なかった。38年という長い長い歳月を経て優勝を勝ち取ったあの98年10月8日は、古葉さんがチームに残したものがようやく花開いた日でもあったのだ。

 古葉竹識さんのご冥福をお祈りいたします。

(黒田 創)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください