1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

「父とは、もう13年会っていない」 長嶋一茂が月刊誌に綴ったミスターとの絶縁

文春オンライン / 2021年12月8日 16時0分

写真

55歳になった一茂

 元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂(55)が、父の長嶋茂雄・巨人軍終身名誉監督(85)と13年間にわたって絶縁状態にあることを初めて自ら明かした。11月25日(木)発売の月刊誌「ゲーテ」2022年1月号(幻冬舎)で、<父とは、もう13年会っていない>などと綴っていた。

父とは、13年会っていない

 一茂は「ゲーテ」で、「…。ハワイに行けないから…書いてみた。」という連載エッセイを持っている。その第9回で「父との思い出」と題し、以下のように綴っていた。

<父とは、もう13年会っていない。

「お父様はお元気ですか?」と聞かれることも多いが、ずっと「父は変わらず元気です」という返事を繰り返してきた。会っていないというと話が長くなりそうで、面倒臭くなりそうで…嘘をついてきた>

<生きているうちに父と会うことは、もう二度とないだろう>

 見開き2ページのエッセイの終盤、一茂はこう綴っていた。

<生きているうちに父と会うことは、もう二度とないだろう>

 11月3日、スポーツ界からは水泳の古橋廣之進(故人)以来、2人目となる文化勲章を受章するなど、今も大きな存在感を見せる長嶋氏。一茂が自ら「絶縁」を公にした背景には何があるのか――。

 12月8日(水)16時配信の「 週刊文春 電子版 」及び12月9日(木)発売の「週刊文春」では、一茂が綴ったエッセイの中身のほか、長嶋氏と一茂に深い溝が生まれた背景、商標登録や長嶋氏のグッズ売却を巡る問題、一茂と妹・三奈との「もつれた」関係、重度のうつ病を克服してタレントとして活躍する様子、一茂への直撃取材などについて報じている。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年12月16日号)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください