1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

「ドラム式とタテ型、洗浄力で勝つのは?」「泥汚れを落とすのは洗剤ではなく…」 プロが教える意外と知らない“洗濯テクニック”――2021年BEST5

文春オンライン / 2022年1月24日 6時0分

写真

2021年(1月~12月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。ライフ部門の第2位は、こちら!(初公開日 2021年8月14日)。

*  *  *

 町のクリーニング屋でありながら、劇団四季やシルク・ドゥ・ソレイユ、クレイジーケンバンドなど国内外の有名アーティストの衣装クリーニングをしているクリーニング店「LIVRER YOKOHAMA」。プロの洗濯ノウハウを伝授した著書『 日本一の洗濯屋が教える 間違いだらけの洗濯術 』(アスコム)のなかから、“長男”の茂木貴史さんに、今日から使える「正しい」洗濯方法を教えていただきました。(全2回の2回目。 前編 を読む)

ドラム式洗濯機とタテ型洗濯機

――洗濯のプロとして、家庭での洗濯でいちばん間違っていると思うのはどんなことですか。

茂木貴史(以下、茂木) 全部です(笑)。いま、高性能な洗濯機も増えていますし、洗剤もたくさんの種類が売られていますが、どんなに高価な洗濯機で人気の洗剤を使っても、間違った洗濯方法では汚れはきれいになりません。

 クリーニング店では基本的に二槽式の洗濯機を使っていますが、これは水の量や脱水のタイミングを全部自分で設定できるからです。これはさすがにベースの知識がないと難しいかもしれませんが、正直、日本では最新のドラム式でなくても、タテ型で充分だと思っています。

――つい先日、最新のドラム式洗濯機に買い替えたばかりです……。ドラム式はメリットがあまりないのでしょうか?

茂木 もちろん、ライフスタイルや家族構成はそれぞれ違うので、どれがいいというのは一概には言えません。乾燥に関しては、タテ型よりもドラム式の方が優れていますので、乾燥機を多く使うご家庭であれば、ドラム式の方が便利かもしれません。でも、洗浄力でみると、日本の水道水は水そのものに高い洗浄効果がある軟水なので、水流で洗うタテ型で十分汚れが落ちるんです。むしろ、ドラム式は水量が少ないので、「洗浄力」という点では不利になります。

すすぎは実は洗いよりも重要

――消費者としては、水を節約できる「節水」機能に優れている機種の方がいいように思います。水量が少ないことと洗浄力は関係があるのですか?

茂木 洗濯の「洗い」は汚れを繊維から浮かせるための工程で、「脱水」で汚れが繊維から離れます。そして、汚れが落ちているのは、実は「すすぎ」の行程なのです。美容院で髪を洗ってもらうと、「まだやるの?」というくらいすすぎに時間をかけますよね。これと同じで、すすぎは洗いよりも重要なんです。

 すすぎが不十分で繊維に洗剤や汚れが残ると、そこに黄ばみが生じたり、生乾きのニオイの原因になったりします。よく、「汚れを落とすために」と少ない水量でたくさんの洗剤を使う方がいらっしゃいますが、いちばんやってはいけない間違いです。

ドロ汚れを落とすポイントは2つ

――でも、スポーツのドロ汚れとか靴下の黒ずみは、多めに洗剤を入れた方がよく落ちますよね?

茂木 ドロ汚れは、汚れがかたまりのまま繊維にこびりついた状態なので、多めに洗剤を入れたからといって落ちることはありません。逆に洗剤を多く入れすぎると、泡が立ちすぎてその泡が汚れを保護する方にまわって、繊維から汚れが出づらくなってしまうため、かえって汚れが落ちにくくなってしまいます。

 ドロ汚れを落とすポイントは、2つあります。1つは、液体洗剤より洗浄力の高い粉末洗剤を使うこと。そしてもう1つは水の温度です。

 洗濯の手順としては、まず、弱アルカリ性の洗濯用液体洗剤と水を1対1で混ぜたプレウォッシュ液を吹き付けたあと、汚れの目立つ部分を洗濯ブラシでトントンと叩いて15分放置します。次に、40℃以上のお湯に粉末洗剤を溶かし、30分~1時間ほど「つけ置き」したあと、洗濯機で1分ほど脱水。その後、普段通りに洗濯機で洗えば、驚くほどきれいになります。もし、ブラシだけで完全に汚れが落ちない場合は、つけ置きの段階でもしっかり手でもみ洗いすれば、きれいになると思います。

濡れた状態は繊維がいちばん弱っている

――つけ置きのあと、そのまま洗濯機に入れてはいけないのですか? なぜわざわざ脱水が必要なのでしょうか。

茂木 つけ置きは汚れを浮かせますが、「脱水」は、その汚れを衣類から離す役割なんです。それと、衣類は水に濡れている時がいちばん傷むから、できるだけ水に浸かる時間は短いほうがよいです。タテ型洗濯機ならつけ置きした洗剤液ごと洗濯槽に流し入れてもいいのですが、叩き洗いで汚れを落とすドラム式では、より生地が傷みやすくなります。

「乾燥機を使うと生地が傷む」という話もよく聞きますが、これも水に濡れた状態でいきなり熱をかけるからです。濡れた状態は繊維がいちばん弱っています。そこに熱を与えるから、縮んだり、伸びたり、傷んで毛玉になったりしてしまうのです。乾燥機を使う場合は、6~7割部屋干ししてそのあと乾燥機にかける、ゆるやかに熱を加えるやり方が、服のためにはベストです。

ニオイが残っているということは…

――悪天候続きで洗濯物が干せない時などは、30分くらい乾燥機にかけたあと、半乾きの状態で室内干ししていました。もしかして、部屋干しした洗濯物が臭うのは、それが原因だったのでしょうか?

茂木 洗濯物が臭うのは、モラクセラ菌などの雑菌のしわざです。水分はモラクセラ菌の栄養になるので、洗濯物でイヤなニオイがする場合は、干し方以前に洗い方に問題があるのかもしれません。ニオイの元となるモラクセラ菌の増殖は、しっかり洗えていれば防ぐことができるので、ニオイが残っているということはきちんと洗えていないということにもなります。洗濯物は洗濯機容量の6割程度を心がけ、適量の洗剤とたっぷりの水で洗い、すすいでください。

 あと、意外に多いのは、洗濯機の中に洗濯物を一晩入れっぱなしにしておいて翌朝洗濯するというケースです。通気性の悪い洗濯機の中に脱いだ洗濯物を放り込むのは、ニオイの原因になります。なるべく通気性のいい洗濯カゴに入れておき、脱いでから24時間以内に洗濯をすると、ニオイがつきにくくなります。

 また、洗濯機の水量と洗剤のバランスが悪く洗い残りがある、乾燥スピードが遅い、などの環境も生乾きのニオイの原因になります。さらに、洗濯槽の汚れからも雑菌が繁殖してニオイの原因になるので、春夏は月に1回、秋冬は3カ月に1回は洗濯槽の洗浄をすることをおすすめしています。

温度・湿度・風のコントロールで室内干し3~4時間で乾かせる

――脱いだ洗濯物はすべて洗濯機に放り込んで一晩放置していました……。洗濯物が臭うのは部屋干しが原因ではなかったのですね。

茂木 「洋服のアンチエイジング」という観点からいうと、「晴れの日が洗濯日和」というのは大間違いなんです。僕らが部屋干しをおすすめしているのは、服を長持ちさせるだけでなく、季節によっては花粉やPM2.5などの有害物質からも衣類を守ることができるからです。梅雨時などに、洗濯物をためておいて、晴天の日に一気に洗濯するという方も多いと思いますが、乾燥の三原則である「温度」と「湿度」と「風」をコントロールすれば、夏も冬も基本的には室内干しでも3~4時間で乾かすことができます。夜10時くらいに洗濯をして11時に乾かしはじめても、翌朝には乾いていますので「着ようと思った服が洗濯されていない」「せっかくの休日が洗濯で終わった」というストレスからも解放されます。

柔軟剤を使った方がいい場合と、使わない方がいい場合

 それに、正しいやり方で乾燥・仕上げを行うと、柔軟剤を使わなくても、ふんわり仕上がるんですよ。ここ数年はいろいろな柔軟剤も販売されていますが、柔軟剤は基本的に衣類に残る設計で開発されているので、近年問題になっている「香害」などにもつながりますし、敏感肌の方は、直接肌に触れるタオルや肌着などは注意したほうがいいと思います。

 そもそも、タオルや肌着などは吸水性が下がるので柔軟剤を使わない方がおすすめです。弱アルカリ性の液体洗剤でしっかり洗えば、柔軟剤を使わなくてもタオルがふわふわに仕上がります。一方で、セーターなどの静電気を防止したいものや、洋服の形状をキープしたいものは柔軟剤を使った方がいいです。

――漂白剤も使わなくていいそうですが、これはなぜですか?

茂木 たいていの汚れは「プレウォッシュ」とブラシ叩きで落とせますので、刺激が強く、生地にダメージを与える漂白剤は最後の手段として使うのが賢明です。

 本当は、生地や用途に応じて洗剤も替えるのがベストなのですが、一般家庭では「普段着洗い用」「おしゃれ着洗い用」の液体洗剤、それとしつこい汚れ用に「粉末洗剤」があれば十分だと思います。僕らはこだわりすぎて、とうとうオリジナルの洗剤まで開発してしまいましたが、おかげさまでこれが好評で。ECサイトのほか、ポップアップイベントなどでたくさんの方にお求めいただいています。

 ちなみに、僕らが着ているTシャツはよく、ハッピーハンバーグさんのパクリですか? と聞かれるんですが、パクリではなく“公認”です。「ハッピーハンバーグ」のロゴTシャツが好きで、お願いしてロゴ使用の許可をいただきました。ハッピーハンバーグさんでも大人気のTシャツなので、人気にあやかろうとTシャツのほかにパーカーまで作ったんですけど、まったく売れていないんです。みなさん、よかったらTシャツも買ってください(笑)。

(撮影:文藝春秋/杉山秀樹)

《 洗濯ブラザーズ公式サイト 》はこちら 

(相澤 洋美)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください