1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. スポーツ総合

「お前、親にチクりやがって!」横浜高校野球部 退部選手の父が告白する「パワハラの中身」

文春オンライン / 2022年5月24日 17時30分

写真

昨夏の第103回全国高校野球神奈川大会で優勝した横浜高校

 5月7日の朝9時半。西東京の室内練習場で黙々とティーバッティングを続ける丸刈りの球児がいた。180センチ、90キロの体格で、高校2年生ながらプロも注目するA君だ。実は彼は名門・横浜高校野球部を退部したばかり。原因は監督の“パワハラ”だという。

◆ ◆ ◆

「何故こんな事に…」A君の父親が語る顛末

 A君の父は投手として巨人や西武に在籍した小野剛(ごう)氏(44)だ。A君は中学時代からスラッガーとして活躍。

「大谷翔平の恩師・花巻東高の佐々木洋監督や地元の強豪・花咲徳栄高も強く誘ったほど」(スポーツ紙記者)

 横浜高を選んだ決め手は、村田浩明監督の手紙だった。

 同校出身の村田監督は、楽天の涌井秀章投手とバッテリーを組み、春の甲子園で準優勝。大学卒業後は、別の高校の監督を務めていた。だが2019年、当時の横浜高・平田徹監督がパワハラで解任されると、恩師の渡辺元智氏に請われ、翌年、監督に就任した。小野氏が振り返る。

「熱意と誠意を感じるお手紙で、特待生として迎え入れてくださった。それが何故こんな事に……」

「お前、親にチクりやがって!」チームメートの前で恫喝

 小野氏が“異変”を耳にしたのはこの春のことだ。

「複数の父兄から『息子さん、相当やられているようだけど、大丈夫?』と連絡があったんです。息子は寮生活で普段顔を合わせる事がなく、本人は何も言っていなかった。ただ父兄たちから話を聞くと、監督からイジメやパワハラを受けている事が判ったんです」

 例えばバッティング練習中のこと。村田監督がスローボールを投じ、打ち損じると「そんな球も打てないなら辞めてしまえ!」と怒声を浴びせられたという。

 ある日突然、村田監督によってA君の私物が寮の部屋から全て放り出されたこともあった。理由を聞くと、「お前は親に頼れるんだから、寮に住まないで通って来い!」と言う。だが小野氏の家は埼玉県である。

 堪りかねた小野氏は4月中旬、村田監督と面談したが「パワハラ行為など無い」の一点張りだった。

「不信感しか残りませんでした。しかもその後、息子をチームメートの前で『お前、親にチクりやがって!』と恫喝。息子は涙を流して謝罪をさせられた」

 小野氏は学校の教頭とも面談したが、事態は改善しなかった。そこでやむなく退部の道を選んだ。

ストレスで円形脱毛症になった生徒も

 A君だけではない。横浜高では、この1年で計3名の特待生が退部している。その一人、B君の父が語る。

「昨秋から村田監督に『何でそんな事ができないんだ』と人格を否定するような圧力を何度もかけられたようです。胃腸炎になり『散歩もフラついてできなくなった』と連絡がありました」

 B君は医師に、強いストレスや心理的な不安感によって起きる「身体化障害」だと診断された。今も投薬治療を受けているという。

「本人は『戻りたい』と言っていたのですが、監督の顔を思い出すたびに吐き気などの体調不良になる。親としては無理だろうと。他にもストレスで円形脱毛症になった生徒もいる」(同前)

横浜高に事実関係を尋ねると…

 2代続けて持ち上がった横浜高監督の“パワハラ”疑惑。村田監督に電話をすると、「これから試合なので、後にして」。だがその後は一切連絡がつかなくなった。

 横浜高に事実関係を尋ねると、概ね次のように回答。

「現時点ではイジメやパワハラ指導はなかったと考えております。事実関係を精査すべく動いている状況ですので詳細は控えます」

 A君が野球を続けるなら転校しかないが、その場合は規定で公式戦の出場は1年後。つまり「3年生の夏」しか残されていないのだ。

 甲子園優勝5回を誇る、名門校の看板が泣いている。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年5月19日号)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー:参加する
ウィークリー:参加する
マンスリー:参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください