1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

自分にピッタリのモデルを見つけよう。Ankerのワイヤレスイヤホン・ヘッドホン6選

Business Insider Japan / 2021年12月2日 14時20分

写真

ギズモード・ジャパンより一部編集のうえ転載しています

コスパに優れていると定評のあるAnker製品。

そこで今回、数あるAnker製品ラインナップの中から、人気のワイヤレスイヤホンをピックアップしてみた。 12月2日まで開催中の「Amazonブラックフライデー」対象商品も含まれている。

自分にピッタリのイヤホンがどれか、ぜひチェックしてみて欲しい。

ブラックフライデーセール対象品ならこちら

画像 Image: Amazon.co.jp

今がチャンスだ。

「Soundcore Liberty Air 2 Pro」は、ウルトラノイズキャンセリング、外音取り込み、ワイヤレス充電、専用アプリでのイコライザー調整など、多機能が売りの完全ワイヤレスイヤホン。

現在、ブラックフライデーセールで価格が9,980円(執筆現在)となっており、売り切れないうちに早めのチェックが必須だろう。

豊富なカラーバリエーションにも、注目しておきたい。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro(ワイヤレスイヤホン Bluetooth 対応)【完全ワイヤレスイヤホン / Bluetooth5.0対応 / ウルトラノイズキャンセリング/外音取り込み/ワイヤレス充電対応 / IPX4防水規格 / 最大26時間音楽再生 / 専用アプリ対応/HearID機能/通話ノイズリダクション/PSE技術基準適合】ブラック Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro(ワイヤレスイヤホン Bluetooth 対応)【完全ワイヤレスイヤホン / Bluetooth5.0対応 / ウルトラノイズキャンセリング/外音取り込み/ワイヤレス充電対応 / IPX4防水規格 / 最大26時間音楽再生 / 専用アプリ対応/HearID機能/通話ノイズリダクション/PSE技術基準適合】ブラック 9,980 (23%オフ:ブラックフライデーセール) Amazonで見る

コストパフォーマンス重視ならこちら

画像 Image: Amazon.co.jp

Ankerの「Soundcore Life P2」といえば、完全ワイヤレスイヤホンに価格革命を起こしたアイテムとして名を馳せた逸品。

そのコストパフォーマンスは、今なお健在。スピーカー側にはノイズキャンセリング非搭載ながら、 IPX7相当の防水性能と、最大43%の低音ブーストを搭載。

メーカーにこだわりがないなら、ベーシックモデルとして選択すべき最有力候補だ。

Anker Soundcore Life P2(完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0)【IPX7防水規格 / 最大40時間音楽再生 / cVc8.0ノイズキャンセリング / グラフェン採用ドライバー/Qualcomm aptX™ / PSE技術基準適合】ブラック Anker Soundcore Life P2(完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0)【IPX7防水規格 / 最大40時間音楽再生 / cVc8.0ノイズキャンセリング / グラフェン採用ドライバー/Qualcomm aptX™ / PSE技術基準適合】ブラック 4,999 (20%オフ:ブラックフライデーセール) Amazonで見る

エクササイズ中に使いたいならこちら

画像 Image: Amazon.co.jp

高音質コーデックaptXへの対応をせず、再生可能時間を最大5時間(ケースを含めれば最大20時間)に抑えることで、「Soundcore Life P2」と同価格帯にラインナップしているのが、「Soundcore Liberty Neo」。

約5gという軽さに加えて、 イヤホン装着時に少しひねればシッカリ固定されるGripFitテクノロジーを採用しており、エクササイズしながら使うのに最適な仕様に仕上げられている。

もちろん、 IPX7相当の防水性能があり、汗で壊れる心配も無用だ。

【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neo(ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0)【IPX7防水規格 / 最大20時間音楽再生 / Siri対応/グラフェン採用ドライバー/マイク内蔵/PSE技術基準適合】ブラック 【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neo(ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.0)【IPX7防水規格 / 最大20時間音楽再生 / Siri対応/グラフェン採用ドライバー/マイク内蔵/PSE技術基準適合】ブラック 4,999 Amazonで見る

ノイズキャンセリングで没入感が欲しいならこちら

画像 Image: Amazon.co.jp

「Soundcore Life P3」は、「Soundcore Life P2」の兄貴分。防水性能がIPX5相当になっている点を除けば、トータルで上位に位置する機種だ。

ウルトラノイズキャンセリングと外音取り込み機能を両搭載し、独自のアプリでイヤホン探知が可能という仕様ながら、9,000円を切る価格(執筆時点)。

さすがAnkerというアイテムだ。

Anker Soundcore Life P3(ワイヤレス イヤホン Bluetooth 5.0)【完全ワイヤレスイヤホン / Bluetooth5.0対応 / ワイヤレス充電対応/ウルトラノイズキャンセリング/外音取り込み / IPX5防水規格 / 最大35時間音楽再生 / ゲーミングモード/専用アプリ対応/通話ノイズリダクション/PSE技術基準適合】ブラック Anker Soundcore Life P3(ワイヤレス イヤホン Bluetooth 5.0)【完全ワイヤレスイヤホン / Bluetooth5.0対応 / ワイヤレス充電対応/ウルトラノイズキャンセリング/外音取り込み / IPX5防水規格 / 最大35時間音楽再生 / ゲーミングモード/専用アプリ対応/通話ノイズリダクション/PSE技術基準適合】ブラック 7,192 (20%オフ:ブラックフライデーセール) Amazonで見る

ハイエンド仕様を押さえておきたいならこちら

画像 Image: Amazon.co.jp

「あとで後悔しないように、基本的に最上級モデルを選ぶようにしてる」という人も、同時にコストパフォーマンスを意識することがあるはず。

特にブランドネームにこだわりがないなら、「Soundcore Liberty 3 Pro」は決して悪い選択ではない。

ソニーが開発した高音質コーデック形式LDACに対応したハイレゾ仕様、自動的に最適モードに切り替えられるノイズキャンセリング2.0を搭載するなど、充実したスペックにもかかわらず、20,000円(執筆時点)を切る驚きの価格だ。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro(完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.2)【ウルトラノイズキャンセリング 2.0 / ハイレゾ / LDAC / マルチポイント接続 / ワイヤレス充電 / 外音取り込み / PSE技術基準適合】ミッドナイトブラック Anker Soundcore Liberty 3 Pro(完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth 5.2)【ウルトラノイズキャンセリング 2.0 / ハイレゾ / LDAC / マルチポイント接続 / ワイヤレス充電 / 外音取り込み / PSE技術基準適合】ミッドナイトブラック 19,800 Amazonで見る

外でも音の広がりと重低音に妥協したくないならこちら

画像 Image: Amazon.co.jp

完全ワイヤレスイヤホンのイメージが強いAnkerだが、Bluetooth接続仕様ながら、オーバーイヤーヘッドホンもラインナップされている。

イヤホン独特の「鼓膜のすぐ横で鳴ってる」感覚に比べ、音の広がりや重低音の豊かさを感じやすいオーバーイヤー型に、ノイズキャンセリングをプラスした仕様になっているのが「Soundcore Life Q20」。

持ち運びでかさばるという欠点が気にならないなら、より音質に有利なオーバーイヤー型を押さえておきたいところだ。

Anker Soundcore Life Q20(Bluetooth5.0 オーバーイヤー型ヘッドホン)【アクティブノイズキャンセリング/ハイレゾ対応(AUX接続時) / 最大40時間音楽再生 / マイク内蔵】ブラック Anker Soundcore Life Q20(Bluetooth5.0 オーバーイヤー型ヘッドホン)【アクティブノイズキャンセリング/ハイレゾ対応(AUX接続時) / 最大40時間音楽再生 / マイク内蔵】ブラック 5,990 (クーポンで1000円オフ) Amazonで見る

Image/Source: Amazon.co.jp(1, 2, 3, 4, 5, 6)

注:この記事のリンクを経由して製品を購入すると、アフィリエイト契約により編集部が一定割合の利益を得ます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください