1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. ビジネス

休暇や出張に連れて行く飼い主も増加… 航空会社はペットをどのようにして運んでいるのか?

Business Insider Japan / 2021年12月5日 8時0分

写真

EQRoy/Shutterstock デルタ航空やアメリカン航空、ユナイテッド航空、ハワイアン航空、アラスカ航空といった航空会社は、航空機の下部貨物室を使ってペットを運んでいる。 アメリカ運輸省によると、旅客機の貨物室を利用したペットが怪我をする確率は0.1%以下だ。 Insiderでは貨物の担当者に、どうすればペットの安全を守り、快適な状態を保てるか、飼い主へのアドバイスを聞いた。

ペットを伴うフライトはストレスがたまることもある。ペットがキャビンに収まらず、貨物室に預けなければならない場合はなおさらだ。ただ、不安はあるかもしれないが、アメリカ運輸省のデータによると、貨物室を利用したペットが怪我をする確率は0.1%以下だ。

ケージ Jaromir Chalabala/Shutterstock

Source: Department of Transportation

利用者の不安を取り除くため、Insiderでは航空会社の貨物の担当者にペットをどのようにして航空機の下部貨物室に運んでいるのか、ペットが快適に過ごせるようどのような工夫をしているのか、話を聞いた。

犬 Cassiohabib/Shutterstock

ペットも飼い主と一緒にキャビンにいられる方が望ましいだろうが、大半の航空会社では乗客の前の座席の下に収まるサイズのクレートに入ったペットのみ持ち込みを許可している。そのため、からだの大きなペットは預けなければならない。

犬 gchutka/Getty Images

ハワイアン航空、アメリカン航空、デルタ航空、ユナイテッド航空、アラスカ航空など複数のアメリカの航空会社は、ペットを航空機の下部にある貨物室に乗せている。ただ、ユナイテッド航空とデルタ航空は、新型コロナウイルスのパンデミックの影響でサービスを休止している。

貨物 EQRoy/Shutterstock

ペットの貨物室の利用手続きは、飼い主がクレートのサイズは受け入れ可能なものか、ペットは制限対象の種でないかといった、航空業界のルールをきちんと理解してさえいれば簡単だ。ペットの安全と快適な旅のためだ。

犬 Chris worldwide/Shutterstock

アメリカ農務省によると、飛行機を利用するぺットは生後8週間以上経っていなければならず、健康上の懸念から短頭、しし鼻またはしし鼻の混血種は一般的に飛行機の利用が制限されている。

犬種 アメリカン航空で制限されている犬種。 American Airlines

Source: American Airlines

大半の航空会社は、貨物室を利用するペットの飼い主のために専用のチェックイン・エリアを設けている。飼い主は水用とフード用に2つのボウルを預けることになっている。

チェックイン アメリカン航空のペット・チェックイン。 American Airlines

Source: American Airlines

ペットは長時間クレートの中にいることになるので、飼い主はトイレシートも敷いておく必要がある。

ねこ American Airlines

チェックインすると、貨物の担当者がペットを飛行機の下部にある貨物室へ運ぶ。デルタ航空の元担当によると、ペットは一般の貨物とは別の場所にまとめられているという。

貨物室のペット Marianne Todd/Stringer/Getty Images

大半の航空会社の貨物室は室温がコントロールされているので、ペットがフライト中に凍えたり、暑くなり過ぎることはないようだ。ただ、中には貨物用エリアにエアコンが付いていない機体もあるため、ペットが飼い主とは別の便に乗ることもある。

貨物室から出てくる犬 AP

Source: American Airlines

外の気温が高過ぎたり、低過ぎたりしても、ペットは飛行機に乗れないことがある。航空会社にもよるが、気温が華氏20度(摂氏約マイナス6.7度)以下の場合や、華氏80度(摂氏約26.7度)または85度(摂氏29.4度)以上の場合はペットを貨物室に受け入れない。

犬 Richard Vogel/AP

Source: American Airlines

ペットにできるだけ快適に過ごしてもらうため、貨物の担当者はその経験をもとに、いくつかのアドバイスを与えてくれた。できるだけ大きなクレートを選んでスペースを確保すること…

犬 Hawaiian Airlines

水の入ったボトルをクレートに取り付けて、水がこぼれないようにしてあげること…

犬 American Airlines

寒くなりそうな時は多めにブランケットを入れてあげること…

犬 United Airlines

ペットが慣れ親しんでいるにおいのするシャツやアイテムを一緒に入れてあげること…

EQRoy/Shutterstock

そして、クレートの上に予備のフードや水を取り付けておけば、飛行機を乗り換える際に航空会社の従業員が補充してくれることもあるようだ。

ケージ AP

Next Vacayによると、ペットにやさしい航空会社への需要は過去12カ月で950%増加している。アメリカではジェットブルー航空とアラスカ航空の評価が特に高いという。

ねこ Ross D. Franklin/Associated Press

Source: Insider, Next Vacay

「出張、休暇、帰省など、旅行者がモフモフなお友達をフライトに同行させる理由はさまざまですが、ペットと一緒に旅行をすることはこれまでになく一般的になっています」とNext VacayのCEO、Naveen Dittakavi氏は話している。

犬 Carolyn Kaster/Associated Press

Source: Insider, Next Vacay

[原文:See how pets are transported on commercial airlines as animals increasingly accompany customers on vacation]

(翻訳、編集:山口佳美)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください