バカで屈辱的な宴会芸は、最高の新人教育である やりすぎると怒られ、真面目だとスベる

Business Journal / 2014年12月21日 6時0分

写真

●今年の宴会芸は「ようかい体操第一」で決まりなのか?

 いやはや、私は戸惑っている。『妖怪ウォッチ』ブームに関してだ。間違いなく、今年のヒット商品といっていい。先日発表された2014年度の「ユーキャン新語・流行語大賞」でもベストテン入りしていた。おもちゃもゲームも大ヒット。特に玩具は品薄状態で、バンダイナムコグループは決算発表会やHP上でもお詫びしていたが、いまだに入手困難な状況のようである。
 
 いや、元玩具メーカー社員としては、新しいキャラクターがデビューし、しかも大ヒット商品になったのは嬉しい。今年はガンダム、戦隊もの、仮面ライダーなど既存のキャラクターも話題がいっぱいだし、商品も売れている様子だ。少子化、デフレなどといわれつつも、キャラクターや玩具も盛り上がっているということは嬉しい。

 ただ、この妖怪ウォッチが宴会まで侵食しているとなると、いろいろと言いたくもなる。そう、今年の忘年会の宴会芸も『ようかい体操第一』が大人気になりそうなのだ。筆者はこの春に大学院を出たので、25歳くらいの社会人1年目の友人が多数いる。彼ら彼女たちと会うと「忘年会のようかい体操第一の練習が大変だ」と漏らす。サンプル数が少なすぎるのでほかの会社員の知人たちにも聞いてみたが、宴会芸で『ようかい体操第一』を演じる会社はどうやら多いようである。もちろん、正確に調査したわけではないのだが。

 これもまた、妖怪ウォッチの「商品」としての強さを感じる。どこを切っても売れて、長続きするコンテンツだと思う。

 そして、流行る宴会芸的なものは参加型、盆踊り型だと再確認した。昨年流行ったAKB48の『恋するフォーチュンクッキー』も、10年くらい前に流行った松平健の『マツケンサンバ』も参加型だ。その要件を満たしている。あっぱれ!

 とはいえ、妖怪ウォッチ一色かと思うと、文句の一つも言いたくなる。もっとほかに宴会芸はないのか、と。

●宴会芸と私

「マルクスもケインズも吹っ飛んだ」

 これは、漫画『課長島耕作』(弘兼憲史/講談社)内で島耕作の上司、中沢部長(のちに取締役→社長→相談役)が発した名セリフである。大学院卒の中沢が大手電機メーカーである初芝に入社した時に待っていたのは、宴会芸の洗礼だった。家電ショップにおさめるノベルティのカレンダーに不具合があったことを詫びるために、中沢と島は新年会を訪問。そこで、中沢は自ら裸踊りを披露したのだった。宴が終わった後で入社当時のことを振り返りつつ、島にこう語るのである。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ビジネスジャーナル

トピックスRSS

ランキング