年金保険料払うくらいなら貯金のほうが断然マシ、と書いたら厚労省から呼び出された

Business Journal / 2019年6月29日 19時30分

局長 今回こうしてお話しするのは、それぞれの思いでこうして記事をお書きになられるということに対してとやかく言うという意味ではありません。ただ、こういう「未納のススメ」ということであれば、結局、今まで納めた方が「なんだ!」ということになってくるという強い危惧の念が、現場からも出てきております。また、こういうことが結局、納めなかった人が困ることになると考えます。そのような意味で非常に大きな心配をしております。

――どうぞお話しください。

局長 年金というのは、現に年老いた時の生活水準に対して、ある程度価値のある、使いでのあるものでないと意味はないわけです、極端に言って。自分の貯蓄で一生終えてみせるという方は非常に稀で、相当のお金持ちだと思いますね。それでも大きな歴史の波、インフレをくぐれば、何億円という貯蓄を持っている人だってダメかもしれない。個人がその時々の稼ぎの一部を高齢者に移転する。だから、その時々の時代の水準に応じた年金が給付できる。これが実は公的年金の究極の論理なんです。

 皆さん、若い層が年金にすごい不満感を持っていらっしゃると言われますが、我々が安心して自分の賃金を自由に使っているのは、親が年金をもらっていて、親に対する仕送りの負担が非常に少ないからなんです。率直に言いたいのは、貯金で自分の身は守れるか、ということ。普通の庶民には(年金の)代替案はないんです。

 それに、ある程度、損になったから、親孝行しないという話はない。昔はいわゆる第一次産業で、子が親を養うのは当然の姿で営々と続いてきたのが、サラリーマン化してできなくなったので、世代間扶養を社会全体で行なうという仕組みをつくった。それが公的年金なんです。確実に保障するのはこの方法しかないと。諸外国はどこも同じことをやって、年金制度をメンテナンスしてきました。

――なるほど。

局長 もうひとつ。未納者、今、年金を納めてない人は約360万人、全体の5%くらいなんです。この人たちはもらえないんだけれども、受給している人の数は急には減りません。従って、受給している人たちに対して約束を果たせない。保険料は上がっていっちゃうわけです。だから真面目に納めている人に迷惑をかける。通常、親は年金もらっていますから、結局、他の方のお世話で親がもらっているのに、自分だけが抜けるということです。

 私どもは、納めない奴はけしからんということではなく、この制度は合理的であるということを若い人に強く訴え、義務を果たしてくださいと訴えているのです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング