“投資の神様”が日本株をすべて売った理由…「コメ等への高関税で日本人が多大な不利益」

Business Journal / 2019年7月1日 19時5分

写真

 

米投資ファンド「クォンタム・ファンド」の共同設立者のひとりで、ウォーレン・バフェット氏、ジョージ・ソロス氏と並んで「世界3大投資家」と称されるジム・ロジャーズ氏。そのロジャーズ氏が今年、日本人に向けて語り下ろした『お金の流れで読む 日本と世界の未来』(PHP新書)が話題を呼んでいる。

 リーマンショックやドナルド・トランプ米大統領の当選など、数多くの「予言」を的中させ「投資の神様」とも呼ばれる同氏が見通す日本の未来は、どのようなものなのか。本書を翻訳したジャーナリストの大野和基氏が、ロジャーズ氏に直接インタビューした。

もし日本の総理大臣になったら……

――以前、インタビューした際、「2011年3月11日の東日本大震災の直前に日本株を買い始めた」と発言され、震災後さらに買い増したことも言っていましたね。

ジム・ロジャーズ氏(以下、ロジャーズ) そうです。震災後は株価が下落したからです。日本株を買い始めたときは、日本は中期的にみると景気が回復すると思っていたからです。日本銀行がさらに量的緩和をする政策をとったので、それが影響したことも確かです。

――今年になって日本株を売ったのはなぜですか。

ロジャーズ 安倍政権の政策を見ていると、少子化対策もろくにしないし、債務は膨れ上がるばかり。そのため、長期的に見れば、日本が衰退すると思ったからです。日本株は、あくまでも中期的な投資であって、長期的なものではありません。

――円も売ったのですか。

ロジャーズ すべて売りました。日本に関しては、株も円も何も持っていません。

――日本株や円を売って、儲けることができましたか。

ロジャーズ かなり儲けましたね。

――本書の中で「もし私が日本の総理大臣になったら」という話は、とても興味深いものでした。「歳出の大幅カット」「関税引き下げと国境の開放」「移民の受け入れ」の3つを挙げていますが、なぜこの3つがもっとも大事なのでしょうか。また、歳出のカットについては公共事業をカットするとしていますが、具体的には何をカットするのがいいでしょうか。

ロジャーズ 日本は「roads to nowhere(どこにも通じていない道路=無駄な道路)」や「bridges to nowhere(どこにも通じていない橋=無駄な橋)」をたくさん建設しました。日本には、世界中の羨望の的になるほど見事なインフラもあります。しかし、それを使う人がどんどん減少しています。人口が減少しているからです。選挙で票を集めるためには、そういう建設も必要だったかもしれないが、これから一体誰がその費用を払うというのでしょうか。高速道路は消滅しないし、空港も消滅しません。新しいインフラを建設するのをやめるべきです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング