冤罪事件、服役した92歳女性の再審開始決定を最高裁が「取り消し」…裁判所のメンツ優先

Business Journal / 2019年7月2日 20時0分

写真

 

「親族同士の内輪揉め」に見られたせいか、殺人の冤罪事件のなかでは世間の関心もさほど高くはなかったが、単なる事故死だった可能性が大なのだ――。

  1979年に鹿児島県大崎町で42歳の男性の遺体が見つかった「大崎事件」で殺人罪などに問われ、10年間服役した原口アヤ子さん(92)について、最高裁第一小法廷(小池裕裁判長)は6月26日、鹿児島地裁と福岡高裁が認めていた再審開始決定を覆し、再審の扉を閉めた。これで原口さんの3次にわたる再審請求すべては最高裁で蹴られたが、最高裁が1、2審の再審決定を取り消したのは初めて。

 足利事件、布川事件、大阪の少女焼死事件では元受刑者が再審で無罪になった。滋賀県で看護助手の女性が呼吸器を外して患者を殺したとされた冤罪事件では再審開始が決定しているが、こうした流れに水を差す「揺り戻し」が始まったのか。

 現在、鹿児島の施設に暮らす原口さんは脳梗塞の後遺症で言葉もままならない。東京で会見した弁護団(森雅美団長)の鴨志田祐美事務局長は「原口さんの人生をかけた闘いに、最高裁はちゃんと向き合っていない。5人の裁判官は何を考えているのか」と怒りつつ、「一番頼りにしていたのは最高裁。長い闘いにピリオドを打ってくれると信じていた」と涙を流した。原口さんの長女・京子さん(64)は電話した同弁護士に「裁判所のトップが決めたことなんですか? それなら日本の恥ですよね。お母さんも私も、もうちょっとで楽になれると思ったのに……」と絶句していたという。

「やっちょらんから」と仮釈放拒否

 1979年10月に鹿児島県大崎町で農家の中村邦夫さん(当時42)が酒に酔って自転車走行中に道路脇の溝に落ちているのを住民が発見し、自宅へ運んだ。3日後に遺体が自宅横の牛小屋で見つかり、中村さんの義姉の原口さんと3人の男性親族が殺人容疑などで逮捕された。3人は「主犯は(長兄の妻の)アヤ子で動機は保険金目的」と供述した。

 原口さんは否認したが鹿児島地裁は原口さんに懲役10年を言い渡し、1981年に最高裁で確定した。親族3人は出所後に死亡した。原口さんは一貫して「やっちょらん」と容疑を認めず、仮釈放も「罪を認めることになる」と拒否し、佐賀県鳥栖市の麓刑務所を1990年に満期出所した。

 1995年に第一次再審請求をし、02年に鹿児島地裁で認められたが福岡高裁が取り消した。第2次請求も棄却されたが、17年6月に同地裁が第3次請求を認め、福岡高裁宮崎支部は昨年3月、これを支持し、検察の即時抗告を棄却。福岡高検が最高裁へ特別抗告していた。協議離婚した元夫は亡くなり、遺族が再審請求していたが、最高裁は今回、これも棄却した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング