韓国、GSOMIA破棄で米国から“敵国扱い”…日米韓安保体制破壊、軍事的緊張高まる

Business Journal / 2019年8月23日 16時0分

写真

 8月22日に韓国が日本との間で締結されている「軍事情報包括保護協定(GSOMIA)」を破棄することを発表し、波紋を呼んでいる。2016年11月に日韓間で署名されたGSOMIAは、当局間で軍事情報の交換を可能にすると同時に、漏洩などを防ぐために保護を義務付ける協定だ。1年ごとに自動更新されるが、破棄する場合は更新期限の90日前までに相手国へ通知する義務があり、毎年8月24日がその期限となっていた。

 GSOMIAの継続をめぐっては韓国側が破棄をちらつかせる動きもあったが、22日朝までは「延長される」との見方が大半を占めていただけに、衝撃が広がっている。いったい、何があったのだろうか。

「2020年4月に総選挙を控える文在寅大統領は経済および支持率の低迷に苦しんでおり、ここで反日世論を煽ることで政策への批判を回避したいという狙いがあるのは明らかです。また、GSOMIAは朴槿恵政権下で締結されましたが、前政権のレガシー(政治的遺産)を否定することで独自色を出したいという思惑もあるでしょう。文政権は、同じく朴政権下で結ばれた日韓合意も反故にする姿勢を見せていますから。

 さらに大きい要因が、北朝鮮への擦り寄りでしょう。北朝鮮は7月の時点で韓国に日本とのGSOMIA破棄を要求する論評を宣伝サイトに掲載していました。かねて南北融和にご執心の文大統領は、最近も『北朝鮮との経済協力で一気に日本に追いつく』『2032年にソウル・平壌オリンピック開催、2045年までに朝鮮半島の和平と統一を目指す』などと掲げており、改めて北朝鮮に対話を呼びかけています。そのため、今回のGSOMIA破棄は北朝鮮の言いなりになったとみることもできるでしょう」(政治ジャーナリスト)

 しかし、当の北朝鮮は南北対話を拒否している点が皮肉である。北朝鮮の祖国平和統一委員会は、8月に行われた米韓合同軍事演習は北朝鮮に対する敵意の表れだと非難した上で、南北対話の再開について「妄想だ」「韓国当局者とこれ以上話すことはなく、再び対座する気もない」と韓国を拒絶しているのだ。

米国を裏切った韓国のGSOMIA破棄

 また、米国は7~8月にかけてジョン・ボルトン大統領補佐官やマーク・エスパー国防長官が訪韓しており、GSOMIAの継続を求めていたが、韓国は説得に応じなかったことになる。8月22日もスティーブン・ビーガン北朝鮮担当特別代表が訪韓中で大統領府高官と会っていたにもかかわらず、電撃的に破棄が発表された。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング