ダイソー、100円なのに“全然使えない&コスパ悪い”と大不評な商品5選!

Business Journal / 2019年8月25日 7時15分

写真

 100円ショップ業界の最大手「ダイソー」。低価格かつ高品質なプチプラ商品や、コンビニなどでは入手しづらい生活用品を豊富に取り揃えており、今なお衰えぬ人気を誇っている庶民の強い味方だ。

 大創産業が運営するダイソーは1990年代初頭、バブル景気が終わった世の中の節約ニーズにマッチし、大ブームとなった。今年3月時点で国内に3367店舗、国外でも28の国・地域に2175店舗を展開するなど、その規模はいまだ拡大を続けている。

 今回、「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」では、ダイソーの夏向け商品を独自にリサーチ。日差し照りつける今年の夏に活躍してくれるかと思いきや、購入者の期待を裏切りかねない残念アイテムを5つ選出した。これを読んで、夏の賢い買い物に役立ててほしい。

吊り下げ式 蚊とり線香ケース/216円(税込、以下同)

 暑い季節は、気心の知れた仲間とバーベキューやキャンプなどのアウトドアレジャーを楽しむのにうってつけだ。しかし、野外には“蚊”という厄介者がいるので、蚊取り線香に頼りたくなることだろう。

 適度な刺激で、人間の身体にも比較的やさしい蚊取り線香だが、その難点は、効果の及ぶ範囲があまり広くないところ。そこでダイソーの「吊り下げ式 蚊とり線香ケース」を使えば、より蚊取り線香を有効活用できそうなものだが、この商品、残念なことに困ったポイントが多いのだ。

 まず、容器がすぐに熱くなってしまうため、アウトドアシーンでズボンやリュックに吊り下げられるとはいえども、肌に触れればやけどの危険性がある。また、落下防止のネットがついているものの、線香が燃焼したあとの灰までは防げないので、衣服が汚れがちなのも欠点だ。

置くだけ簡単 コバエがとれちゃう!!/108円

 夏に虫に悩まされるのは、何もアウトドアシーンだけではない。日常生活でも、台所周りなどはコバエが多く発生してしまいがちだ。そんなときは据え置き式のコバエ取りが便利だが、大手メーカーのものは2~300円ほどするので、100円ショップで済ませたくなる人もいるだろう。

 だが、ダイソーの「置くだけ簡単 コバエがとれちゃう!!」はその強気なネーミングに反して、ネット上では「ほとんどコバエが取れなかった」という使用体験談が報告されているのだ。これではまさに、“安物買いの銭失い”ということわざが示すとおりではないだろうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング