ローソン、打倒セブンの差別化戦略破綻か 新業態が使い勝手悪さで軒並み失敗

Business Journal / 2015年3月7日 6時0分

写真

 1月29日、複数の全国紙が「ローソンは『ローソンストア100』の2割に当たる約260店を閉店。『ローソンマート』事業からも撤退する」と報じた。

 同社が1月9日に発表した2015年2月期第3四半期連結決算(14年3月―11月)は、営業利益が前年同期比9.1%増の598億円、最終利益が同8.1%増の329億円となるなど、全体の業績は好調だ。しかし、その陰で同社成長戦略の核となっているコンビニエンスストア新業態の大半が不振に陥っている実態が浮かび上がってきた。

 その典型が、昨年2月20日に神奈川県横浜市内で1号店を開業したコンビニ型スーパーマーケットのローソンマートだ。エンターテインメント系情報サイト「ウレピア総研」のレポートによれば、開業初日は「開店から30分後には約130人が店外に行列」をつくるほどの人気ぶりだった。1号店開業に合わせてローソンが発表した同日付ニュースリリースでは「地域に密着した『進化型コンビニ』、16年度末までに東名阪を中心に500店舗新規出店」とうたっていた。ところが昨年11月末時点での店舗数はわずか38店しかない。

「開業初日の来店客数は約2500人、開業から1週間後の平均来店客数は約2000人/日」(流通業界専門誌「Value Creator」より)というロケットスタートをした1号店も「今は閑散としている。生鮮食品の品揃えが中途半端で、消費者からは『あそこへ買いに行っても、夕食の食材を揃えられない』との不満を聞く」(コンビニ業界関係者)という実態が、どうやら不振原因のようだ。

 このほか、08年に調剤薬局・クオールとの提携で展開を始めた薬局併設型コンビニは13年度末に100店出店の計画だったが、14年末時点の店舗数は30店強。01年に東京・目黒区に1号店を開業したナチュラルローソンは、当初07年度末までに300~500程度出店するとしていたが、今年1月末時点の店舗数は116店にとどまっている。

 09年にドラッグストア大手マツモトキヨシとの提携で「今後5年間で1000店を展開する」としていたコンビニ・ドラッグストアのハイブリッド型店舗に至っては、14年末時点でたった2店舗という惨状だ。

 同社のコンビニ新業態は計画未達が多すぎるため、最近ではコンビニ業界内で「狼少年」と囁かれる始末だ。いったい何が誤算だったのだろうか。

●利用者の高齢化が進むコンビニ

 13年度のコンビニ業界売上高は9兆8189億円。前年度比4.6%増と市場拡大が続いている。売上高の業界平均構成比率はハム、ソーセージ、総菜などの日配品が約35%、加工食品が約27%と食品が62%を占めている。ローソンの場合は食品売上高が90.3%(第3四半期時点)に達しており、それは食品スーパー並みだ。同年度末の全国のコンビニ店舗数は前年比5.8%増の5万3008店。14年度の新規出店も過去最高を更新する見通しで、市場全体で10兆円突破は時間の問題だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング