『全裸監督』絶賛の嵐でシーズン2決定…伝説の女優・黒木香と訴訟トラブルの可能性も?

Business Journal / 2019年9月16日 22時0分

写真

 配信1カ月にして、すでに“一気見”した者が続出、瞬く間にエンタメ界の話題の中心となっているネットフリックス配信のドラマ『全裸監督』。パンツ一丁で伝説の監督・村西とおるを怪演した山田孝之の芝居、そしてこの種のビデオの表現がまだおとなしかった1980年代なかばの業界に革命を起こした男と女の物語に、多くの人が魅了された。すでにネット上では多数のレビューが投稿され、長澤まさみや有吉弘行ら有名人たちもSNSで大絶賛。いったい何がそんなにすごいのだろうか? あるテレビ誌の記者は次のように語る。

「本作は、全世界190カ国に同時配信。2年半前に村西役のオファーを受けた山田さんが、原作にあたる『全裸監督 村西とおる伝』(本橋信宏著、2016年に太田出版より刊)の帯に書いてあった『前科7犯、借金50億』という文字だけを見て『たぶんこれはすごいことが起きる』と出演を即決。まさかここまで過激な内容とは思ってなかったかもしれませんが、まったく妥協することなく、“全裸監督”を熱演しています。

 当然ながら裸の撮影シーンも多く、地上波では絶対に放送不可能であろう内容を、ネットフリックスという“自由”な舞台で描ききっています。予算は1話数億円ともいわれており、潤沢な予算で歌舞伎町のセットをつくりあげ、ハワイロケも敢行。スタッフも海外から招へいして衣装や小物にも徹底的にこだわり抜き、1980年代の雰囲気を見事に再現しています。

また、撮影現場ではハリウッド式を採用して『1日10時間以下の健康的なスケジュール』での撮影だったとか。そのゆるやかなスケジュールで全8話を撮るのに3か月近くかかったそうですが、全世界190カ国に配信できるという予算感だからこそ、ここまで規格外のものが撮れたのでしょうね」

消息不明の黒木香を演じきる

 また、村西とおるだけでなく、伝説の女優・黒木香の半生を描いているのも注目ポイントだ。あるテレビ局のディレクターは次のように語る。

「黒木香を演じた女優、森田望智さんの存在感が抜群にスゴイ。決してモノマネではなく、性に悩むヒロインというテイストをうまくくみ取りつつ、文字通り体当たりの演技を披露しています。伝説の女優・黒木香は、主演作が3本しかなかったり、当時、横浜国立大学に在籍していた良家の令嬢でありながらわき毛をそらずに出演し、地上波のバラエティ番組にも進出するなどしたミステリアスな存在。森田さんは、当時タレントとしても大ブレイクを果たした黒木香のそんなチャーミングさを、しっかりと表現できている。今後、ブレイク確実な女優さんだと思いますね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング