元NGT山口、男性側「私的につながっていた」と主張…山口の主張、根底から崩れる可能性も

Business Journal / 2019年9月24日 22時21分

写真

 アイドルグループNGT48元メンバーの山口真帆をめぐる一連の騒動が、新たな展開を見せ始めている――。

 1月、山口が自身の暴行被害をSNS上で告発したことが発端となり、メンバー間の確執や一部メンバーとファンとの交際疑惑が取り沙汰される事態に発展。これを受けNGT48の運営元AKSは3月、暴行事件に関する第三者委員会の報告書を発表し記者会見を開いたが、その会見内でまたもや“事件”が起きた。

 会見に出席した松村匠取締役(当時)らは、暴行事件へのメンバーの関与はなかったものの、42名中12名が一部のファンと“つながり”を持っていたと報告し、その責任は運営体制の不備にあったとして、当該メンバーへの処分等は行わないと説明した。

 これを受け山口は、会見が行われている時間帯に、自身のTwitter上で次のように投稿した。

「なんで嘘ばかりつくんでしょうか。本当に悲しい」

「報告書に記載もないのに繋がりには挨拶も含まれるというのは勝手な解釈です。他のファンには公表できないような、特定のファンとの私的交流を繋がりというのはメンバーのみならずファンの皆さんも認識していると思います。証拠がないとおっしゃっていますが、犯人グループとの交際を認めたメンバーもいます」

 会見でこの山口の投稿について質問を受けた松村氏は、「(会見での発言について)訂正させていただきます」「私の勘違いでした」などと発言し、運営元と山口の間の不信が露呈した格好となった。

 その後、山口はNGTを卒業し、5月からは数多くの人気俳優を擁する大手芸能事務所「研音」に所属。9月には初の写真集が発売されることも決定し、先月にはNGT卒業後としては初となるメディア生出演を果たすなど順調な活動ぶりをみせている。

男性側、暴行を否定

 そんななか、AKSが起こした、山口に暴行を加えたとされる男性ファンらに損害賠償を求める民事訴訟の進行協議が20日、新潟地裁で行われ、男性側の代理人は、男性が山口と以前から“私的なつながり”を持っていたと主張した。

 男性側が提出した準備書面によれば、男性は山口から携帯電話などでNGTの内部情報などを伝えられたり、山口と同じマンションに転居後は廊下でプレゼントを渡したりしていたという。また、山口が主張している「顔をつかむ」などの暴行ははたいていないと主張しているが、週刊誌記者は語る。

「8月に『文春オンライン』は、AKSの吉成(夏子)社長がNGTメンバーの保護者向け説明会で、もともとファンとつながっていたのは山口だと発言していたと報じていますが、今回の男性サイドの主張と重なります。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング