ファミマ、買ってはいけない食品5選…タピオカパフェ、バターコーヒー、臭み残るスモークタン

Business Journal / 2019年10月7日 6時30分

写真

 コンビニエンスストアのファミリーマートは、国内に1万6000店舗以上(2019年8月末日現在)も展開している巨大コンビニチェーン店として、セブン-イレブン、ローソンに並ぶ“3強”の一角を担っている。

 10月から600店舗以上で営業時間短縮実験の実施を発表するなど、「脱24時間営業」の流れも出てきている昨今だが、忙しいビジネスパーソンのなかには、ファミマのフードメニューで朝食、昼食、夕食、夜食とお世話になっている方もいることだろう。とはいえ、ファミマのフードメニューは多種多様なため、焼き鳥シリーズや「ファミチキ」など、レジ横のホットスナックメニューを中心に人気を集めるものがある一方で、なかには買って後悔してしまうようなものもある。

 そこで今回は、「この秋、買ってはいけないファミマの食品」として、「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」が5品を厳選した。仕事の活力を養う食事できちんと満足感を得るために、避けたほうがいい商品を知っておいて損はないだろう。

【この秋、買ってはいけないファミマの食品5選】

バターコーヒーバニラ風味/198円(税込、以下同)

 アメリカ発祥のバターコーヒーとは、コーヒーに上質なバターやオイルを溶かしたもの。そして、こちらの「バターコーヒーバニラ風味」は、3種類のコーヒー豆を使用したコーヒーに、グラスフェッドバターとMCTオイルが使用されており、砂糖は不使用だがバニラの風味と甘味料でほんのり甘い仕上がりとなっている。

 実際に飲んでみた感想としては、カフェオレのような味なのだが、どことなくオイル感がある。ストレートに「まずい」というほどではないものの、不思議な味わい。この微妙な味を飲むのであれば、普通のカフェオレを飲むことをおすすめする。

 もちろん、味覚に関しては個人差があるため、この「バターコーヒーバニラ風味」を非常に美味しいと感じる方もいることだろう。気になる方は、一度、ご自身の舌で確かめてみていただきたい。

銀鮭の塩焼き/298円

 パック入りで冷蔵の「銀鮭の塩焼き」が1切れ298円――。加工の少ない魚がコンビニで手に入るというのは貴重ではある。

 だが、焼く手間はかかるもののスーパーなら1切れ100円前後で銀鮭を買えるし、昨今のスーパーの激安弁当なら300円以下で焼き鮭弁当を買うこともできる。そういった観点から考えると、どうしてもコスパの悪さが気になってしまう食品であることは間違いない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング