N国・立花が議員辞職→埼玉補選出馬…「上田前知事より立花の方がベター」との空気広まる

Business Journal / 2019年10月8日 23時40分

写真

 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。

 台風の動きが心配ですが、10月4日から第200回臨時国会が始まりました。衆議院では、初回の代表質問から本会議が1時間半も遅れるなどトラブル続きの幕開けになりました。今回は12月9日までの67日間という短い会期なので、大切な時間を無駄にしないで議論してほしいと思います。

 さて、7月の参議院議員選挙で初当選以来、話題を振りまき続けているNHKから国民を守る党(以下、N国)党首の立花孝志参議院議員が、また前代未聞の発表をしました。

 なんと、参議院議員を辞職して埼玉選挙区の参議院議員補欠選挙に出馬するそうで、10月8日に記者会見を開いたのです。補選は10月10日告示、27日投開票が予定されていますが、「参議院議員を辞めて、また参議院選挙に出る」って、どういうことなんでしょう?

異例の鞍替え出馬の真相

 この第一報が永田町を駆けめぐったのが、8日の午前10時ごろ。最初は国会女子たちも半信半疑でしたが、なんとガチでした。忙しい合間を縫って、神澤も会見を聞きました。

 何かとお騒がせの立花党首ですし、「参議院議員を辞めて参議院選挙に出馬」というわかりづらい行動について、「国民からの理解なんて得られないだろう」と思っていましたが、会見を聞いていて、ちょっと考えが変わりました。

 対立候補の前埼玉県知事の上田清司氏は71歳で、最終的には民主党から無所属でしたが、かつては自民党にも所属しており、衆議院議員選挙にも3回当選しています。初当選は1993年だそうで、政治キャリアは26年。神澤も国会議員時代の上田氏を存じ上げているので、自分のキャリアの長さにもちょっと焦ります。

 8月の埼玉県知事選挙で上田氏は5期目の出馬を断念しましたが、その理由は高齢や多選ではなく「誰も応援してくれないから」ということだったようです。この知事選で当選した大野元裕知事は参議院議員(2期目)でしたが、6月に立候補を表明して国民民主党に離党届を出し、議員辞職願を出したのは8月でした。辞職してしまうと7月の参院選中に議員の半数が欠けてしまうからですが、7月の辞職なら補選にかかる約22億円強の費用を抑えることができました。微妙なところです。

 大野知事の誕生もあって、与野党の動きも微妙です。今回の補選では、自民党は対抗馬の擁立を見送って自主投票にしたことから上田氏に票が流れると見られていますし、野党の大半も憲法改正派の上田氏を事実上支援するかたちになっています。この構図は、国政としては確かに妙ですよね。これについて、立花党首は会見で批判していて、神澤も「投票率が上がれば、ひょっとしたらひょっとするかも……」と印象が大きく変わりました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング